現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

ジンドゥージンドゥー(Jimdo)のテンプレート

最終更新日:

ジンドゥー(Jimdo)のテンプレートを調査・解説

ジンドゥー(Jimdo)の豊富なテンプレート

超初心者でも簡単にホームページ作成できると評判の「ジンドゥー」では、豊富なテンプレートが用意されています。
ジンドゥーのテンプレートについて調査したので、解説します。

ジンドゥーについての全体的な解説はジンドゥーを徹底解説をご覧ください。

ジンドゥーのテンプレートとは?

ジンドゥーで用意されているテンプレートとは、どのようなものなのか解説します。

プロのデザインを40種類以上から選べる

テンプレートとは、ホームページのデザインやレイアウトを簡単に変更できる「雛形」のことです。
テンプレートを選ぶだけで、着せ替えるようにホームページ全体のデザインやレイアウトが決まります。

テンプレートはプロのデザイナーが作ったものです。
Webやデザインの知識ゼロの初心者でも、プロのデザインのホームページを作ることができます。

ジンドゥーでは、テンプレートが40種類以上も用意されています。
様々なテイストのデザインが用意されているので、自分の好みや、自社のジャンルに合ったデザインを選べばホームページ全体のデザインは一旦完成します。

プリセットを活用すればデザインパターンが約4倍に

ジンドゥーでは、それぞれのテンプレートに複数の「プリセット」が用意されています。

それぞれのテンプレートをベースにして、部分部分が異なるデザインやレイアウトを選ぶことができます。
全体的な雰囲気は基のテンプレートのデザインなのですが、色は配置、パーツのサイズなどが異なり、それだけでもホームページの印象が異なってきます。

ジンドゥーのテンプレートとしては約40種類ですが、それぞれのテンプレートにプリセットが約4種類あるので、約4倍ものデザインパターンから選べるようなものです。

さらにパーツ単位でカスタマイズして理想のデザインに

ジンドゥーではプリセットを含めると150パターン以上ものデザインのホームページを作れますが、それだけでは終わりません。

さらにパーツ単位でのカスタマイズが可能です。
そのため、テンプレートを選んだら、そのテンプレートの枠にガチガチに縛られることはありません。
自分が載せたい内容に合わせて、細かい部分でレイアウトなどの調整ができます。

ジンドゥーは、テンプレートを活用して簡単にホームページ作成できる利便性と、理想のホームページに近付けられるオリジナル性のバランスが良いと言えます。

ジンドゥーのテンプレートの特徴・メリット

ジンドゥーのテンプレートの特徴・メリットについて解説します。

すべてのテンプレートが無料で使える

ジンドゥーは、約40種類のテンプレートすべてが無料で使えます。

ホームページ作成サービスによっては、一部のテンプレートのみが無料という場合もありますが、すべてが無料です。
そのため、テンプレートの費用を気にぜず、自由に選ぶことができます。

レスポンシブWebデザインなので自動的にスマホ対応

スマホからのアクセスが半数以上を占めるので、ホームページのスマホ対応は必須と言えます。

ジンドゥーのテンプレートはすべて、レスポンシブWebデザインなので、自動的にスマホでの表示に対応してくれます。

レスポンシブWebデザインとは、ユーザーの端末(パソコンやスマホなど)の画面サイズに合わせて、自動的に最適なサイズやレイアウトで表示される作成方法です。
パソコンと別でスマホ版のホームページを作らなくても大丈夫です。

また、スマホに限らず、タブレットでも最適なページになります。

日本語のWebフォントを使える

有料プランでは、日本語のWebフォントを利用できます。

Webフォントとは、サーバー上に置かれたフォントや、インターネット上で提供されているフォントを呼び出して表示させるフォントです。
本来は、ホームページ側で指定したフォントがユーザーの端末(パソコンやスマホなど)にインストールされていないと、別のフォントが代用されてしまいます。
そのため、どのフォントで文字が表示されるかが、ユーザーの環境次第で変わる場合があります。

しかし、Webフォントを使うことで、ユーザーの環境に依存せず、好きなフォントで文字を表現することが可能です。

ちなみに、ジンドゥーで使えるWebフォント数は下記の通りです。

  • Pro プラン・・・15書体
  • Business / SEO Plus / Platinum プラン・・・176書体

独自レイアウトもできるのでオリジナルデザインも可能

ジンドゥーでは「独自レイアウト」機能を利用して、オリジナルデザインのホームページ作成が可能です。

独自レイアウトを使いこなすには、HTMLやCSSなどを扱えるWebの専門知識が必要です。
そのため、初心者は使えない機能ではありますが、プロのWebデザイナーに依頼して、オリジナルデザインのホームページを作ってもらうこともできます。

ジンドゥーを利用したホームページなので、デザインをプロに依頼しても、ホームページの更新を自分ですることができます。

もし、あなたがプロのWebデザイナーであれば、ジンドゥーを利用したホームページ作成を受注することができます。
WordPressよりも更新しやすく、初心者向けのジンドゥーを利用したホームページ作成ができれば、あなたに依頼する大きなメリットだと思います。

ジンドゥーのテンプレートの総評

ジンドゥーのテンプレートは、専門知識ゼロの初心者から、プロのWebデザイナーまで、幅広く対応できます。

同じ初心者であっても、使い慣れて来たら、より個性を出したカスタマイズも可能です。
初心者でも、ホームページの作成から運営までを自分一人で完結できるテンプレートがあるジンドゥーはおすすめです。

Let's share !

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマークに登録する
  • LINEで送る

ジンドゥーの関連記事

このページのトップに戻る