現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

ジンドゥージンドゥー AI ビルダー

最終更新日:

ジンドゥー AI ビルダーの特徴・メリット・デメリットを徹底解説

ジンドゥー AI ビルダー
ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
ホームページ制作会社の代表であり、現役のWebデザイナーでもある僕が、初心者でも使えるホームページ作成サービスについて解説しています。

超初心者でも簡単にホームページ作成できると評判の「ジンドゥー AI ビルダー」について調査したので、解説します。

ジンドゥーについての全体的な解説はジンドゥーを徹底解説をご覧ください。

ジンドゥー AI ビルダーとは?

ジンドゥー AI ビルダーは、「3分で本格的なホームページが作成可能」であることを掲げている、超初心者向けのホームページ作成サービスです。

AIがホームページ作成をサポートしてくれるので、これ以上にないくらい簡単にホームページを作れます。

ちなみに、ジンドゥーでは「ジンドゥー AI ビルダー」と「ジンドゥークリエイター」の2つのサービスがあり、それぞれのサービスで複数のプランが用意されています。

よく勘違いされがちですが、ジンドゥー AI ビルダーはジンドゥーの機能の1つではありません。

ジンドゥーのプランを選ぶ際に、まず「ジンドゥー AI ビルダー」と「ジンドゥークリエイター」のどちらのサービスにするかを決めなくてはならず、「ジンドゥークリエイター」を選んだ場合は、ジンドゥー AI ビルダーを利用することはできません。

サービスを決めて申し込んだあとに、別のサービスに切り替えることはできないので、気を付けてください。

ジンドゥー AI ビルダーの特徴・メリット

ジンドゥー AI ビルダーの特徴・メリットについて解説します。

質問に答えるだけでホームページの大枠が作れる

ジンドゥー AI ビルダーを利用すれば、HTML・CSS などの専門知識は全く必要なくホームページ作成ができます。

ジンドゥー AI ビルダーを申し込むと、最初にいくつかの質問をされます。
その質問に答えて行くだけで、たった3分でホームページの大枠が作れます。

「自分で作る」というよりは、質問の答えに応じて「AIが作ってくれる」という感覚です。

ちなみに「大枠ができる」とは、ホームページ全体のデザインや、載せるテキスト(文・文章)や画像の配置がおおよそ決まるということです。
大枠が決まったあとに、載せたい画像や文を追加すればホームページの完成です。

HTMLやCSSなどのWebの専門知識が無い人はもちろん、ホームページ作成サービスを利用することにも苦手意識が強い超初心者でも簡単に作れます。

今風のオシャレなデザインを提案してもらえる

ホームページ作成サービスではどれも、豊富なデザインテンプレートが用意されています。
便利なのですが「自分はどのテンプレートを選んだら良いのか?」と困ってしまう原因になってしまう場合もあります。
テンプレートがたくさんあればあるほど迷ってしまい、そのから進めない…という人もいると思います。

ジンドゥー AI ビルダーでは最初のいくつかの質問に答えて行くと、ホームページの内容に合ったデザインテンプレートをAIが提案してくれます。
提案してもらえたデザインの中から、気に入ったテンプレートを選ぶだけでOKなので簡単です。

しかも、以前からある「ジンドゥークリエイター」と違い、ジンドゥー AI ビルダーは比較的新しいサービスなので、用意されているテンプレートも今風のオシャレなデザインばかりです。

載せる内容もAIがサポートしてくれる

ジンドゥー AI ビルダーではテンプレートが決まると、載せるテキスト(文・文章)や画像の配置が決まります。
一旦、AIが決めてくれますが、自分で調整することも可能です。

AIが仮で入れてくれているテキスト(文・文章)や画像を、差し替え行くのですが、これについてもAIがサポートしてくれます。

難しい設定などはないので、AIのサポートに従って、自分が載せたい内容を入れていけばホームページが完成します。

スマホだけでもホームページを作れる

ホームページ作成は、パソコンでするのが一般的です。
ただ、今は「パソコンを持っていない」という人や「パソコンよりスマホの方が使い慣れている」という人も多いでしょう。

以前からある「ジンドゥークリエイター」であれば、スマホで編集はできても、1からホームページ作成するにはパソコンが必要でした。

しかし、ジンドゥー AI ビルダーであれば、申し込みからホームページの作成・公開まで、すべてをスマホで行うことができます。

そのため、いつでもどこでもスマホのさえあれば、ホームページの作成・編集ができます。
外出先でも簡単にすぐホームページ編集ができるので、とても便利です。

自動的にスマホ最適化してくれる

ジンドゥー AI ビルダーでホームページを作ると、自動的にスマホ版のページも作られます。
レスポンシブWebデザインと言って、スマホの画面サイズに応じて、最適なレイアウトのページを表示させる方法です。

あなたがスマホ版作成のために、何か作業をすることは一切ありません。
スマホでアクセスすると、どのように表示されるかを管理画面上で確認することができるので、公開前に一通り確認しておけば大丈夫です。

SNSなどと連携できる

ジンドゥー AI ビルダーでは、アカウントに紐付けしたSNS (Facebook)やGoogleマイビジネスから、ホームページに最適な画像をAIが自動的に選択してくれます。
これにより、画像をアップロードする手間が省け、ホームページ作成時間を短縮できます。

もちろん、自分で選んだ画像をアップロードすることも可能なので、AIのサポートを活用しながら思い通りのホームページを作ることができます。

ジンドゥー AI ビルダーのデメリット

ジンドゥー AI ビルダーのデメリットについて解説します。

最大ページ数の制限がある

ジンドゥー AI ビルダーは、ジンドゥークリエイターと違い、1つのホームページで作成できるページ数の上限があります。
最大ページ数は、プランによってことなります。

  • PLAY(月額¥0):5ページ
  • START(月額¥990):10ページ
  • GROW(月額¥1,590):50ページ

もし中規模以上のホームページを作りたいのでしたら「ジンドゥークリエイター」を選んだ方が良いと思います。

ただ、小規模のホームページであれば、10ページもあれば十分足りると思うので、上限は気にしなくて良いでしょう。

デザインやレイアウトのカスタマイズで自由度が低い

ジンドゥー AI ビルダーは、超初心者でも簡単にホームページ作成できるサービスです。
そのため、ややこしい設定は一切ありません。

そのため、変更できる選択肢が限られているので、自由にできない部分があります。

逆に、もし自由度が高くて、たくさんの設定が自由にできるようなサービスであれば、超初心者が簡単に使えるサービスではなくなってしまいます。

この「変更できる選択肢が限られている」ことをメリットと捉えることができる人に、ジンドゥー AI ビルダーが向いていると言えます。

ブログページが作れない

ジンドゥー AI ビルダーでは、ブログページを作ることができません。
ホームページ内にブログページを作りたい場合は、ジンドゥークリエイターを選ぶ必要があります。

もしブログページを作る考えがないのでしたら、気にしなくて良いでしょう。

ネットショップが作れない

ジンドゥー AI ビルダーでは、ネットショップを作ることができません。
ネットショップを作りたい場合は、ジンドゥークリエイターを選ぶ必要があります。

ただし、ジンドゥーでは、本格的なネットショップ運営をするには機能が足りない部分もあるので、STORESBASEでネットショップを作成した方が良いかもしれません。
そしてジンドゥーで作ったホームページにリンクさせておきましょう。

ジンドゥー AI ビルダーの総評

ジンドゥー AI ビルダーは、超初心者が「早く」「簡単に」「オシャレな」ホームページを作るのに最適なサービスです。
中規模以上のホームページを作るには足りない部分もありますが、10ページ程度のホームページであれば十分に対応できます。

今まで、ホームページ作成サービスを使っても、なかなか完成までたどり着けなかった人にもおすすめのサービスです。

Let's share !

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマークに登録する
  • LINEで送る

ジンドゥーの関連記事

このページのトップに戻る