現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

POSレジSTORESレジ

最終更新日:

STORESレジ(ストアーズレジ)の評判は!? 特徴・メリットを徹底解説!

STORESレジのトップページ

出典:STORESレジ

POSレジを探している中でSTORESレジ(ストアーズレジ)の評判を聞いて、気になっている人も多いのではないでしょうか?

良い評判が多くても、良くない評判もあると、使おうか迷ってしまいますよね。
実際のところはどうなのか、STORESレジの評判の真相が気になると思います。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

STORESレジの評判や、評判の真相は?
STORESレジの特徴やメリットやは?
STORESレジは自分に向いている?

今回は、STORESレジに関する、上記のような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • STORESレジの主な機能
  • STORESレジの特徴やメリット
  • STORESレジのサポート体制や費用
  • STORESレジがオススメの場合、オススメではない場合

本記事の執筆者

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
私は、現役のWebデザイナーとして、ホームページ制作会社の代表をしています。

本記事は、以下のような人にオススメです

  • STORESレジの特徴やメリットを知った上で検討したい
  • STORESレジが自分に向いているかを判断したい

本記事を読むことで、STORESレジが自分に向いているPOSレジかどうかを判断できます。

結論を先に言うと

STORESレジは、低コストで導入できるだけでなく、ネットショップと連動させることで便利になるメリットが大きいです。
実店舗とネットショップを連携させて運営した人には、特にオススメです。

では、STORESレジ(ストアーズレジ)について徹底解説していきます!

なお、ネットショップ作成サービスの「STORES」についての解説は『STORES(ストアーズ)の評判は!? 特徴・メリット・デメリットを徹底解説!』をご覧ください。

STORESレジとは?

STORESレジ

STORESレジは、ネットショップと1つになった、新しいタイプのPOSレジアプリです。
ネットショップ作成サービスとして有名な「STORES」も運営しているヘイ株式会社が、STORESレジも運営しています。

STORESレジは実店舗で、POSレジとして利用できるだけでなく、ネットショップと実店舗のデータを一元管理できるのが最大の特徴です。

そして、STORESレジは、iPadさえあれば無料で利用できます。

なお、STORES決済と連携させることで、多様なキャッシュレス決済に対応できます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

実店舗とネットショップを連動させられるので、両方を運営しているお店に最適です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

それぞれで在庫管理するのは面倒なので、連携できるのは素敵です。

STORESレジの主な機能

STORESレジの主な機能

STORESレジの主な機能は、以下の通りです。

お会計

STORESレジで一番メインになる、お会計に関する機能です。
お会計時に必要な機能がそろっています。

アイテム選択 管理画面で商品登録すると、レジに自動的に反映されます。
パネルから商品を選択してカートに追加する以外に、商品名で検索したり、カテゴリから探すこともできます。
バーコードスキャン
(スタンダードプラン限定)
商品にバーコード番号を登録しておけば、iPadのカメラやバーコードスキャナーを利用してバーコードをスキャンできます。
スキャンできると、対象の商品が自動でカートに追加されます。
手入力 登録していない商品を販売する場合、会計時に金額を入力してカートに追加できます。
割引 商品ごとの割引と、注文全体の割引を設定できます。
割引金額の指定、割引率の指定、商品金額の変更の3パターンが利用可能です。
軽減税率 軽減税率(8%)の切り替えが簡単にできます。
商品登録時に設定した税率をレジで変更できます。
カート一時保存 お会計の途中で、カートの情報を一時保存できます。
商品の取り置きや、先に別のお会計をしたい場合に便利です。
レシート発行 お会計ごとにレシートを発行できます。
レシートは「店舗ロゴ」「上部・下部のテキスト」を自由にカスタマイズできます。
※別途、レシートの印刷はレシートプリンターの購入が必要

決済手段

現金払い以外の決済手段も導入できる機能です。
完全に連携されている「STORES決済」を利用するのが便利でオススメです。

STORES決済 STORES決済と完全連携しているので、お会計や返金もレジアプリから操作可能です。
STORES決済を利用すれば、クレジットカード・交通系電子マネー・WeChat Payを導入できます。
※別途、申し込みが必要
カスタム決済手段 STORES決済以外の決済手段も、カスタム決済手段として登録することで利用できます。
STORES決済とは違い、お会計や返金時には、その決済手段サービス側での操作が必要です。
選択画面のカスタマイズ 決済手段選択画面に表示する項目や並び順などを、店舗に合わせて、使いやすいようにカスタマイズできます。

精算

レジ締めに関する機能です。
現金の管理に役立つ機能がそろっています。

レジ締め・現金管理 シフト期間中の現金売上が分かるので、レジ締め時に、ドロアー内の現金が売上と合っているかを確認できます。
翌日の準備金の設定や、差額が発生していた場合にメモを残すこともできます。
入出金の管理 現金の入金・出金を管理できます。
レジ締めのときに差額が生じないように、ドロアー内の現金を移動する時に利用できます。
取引実態の確認 レジ締めを完了すると、そのシフト期間中の「全体の取引実績」と「決済手段別の取引実績」を確認できます。
精算レシート レジ締め完了後の清算データは、清算レシートとしてレシートプリンターで印刷できます。

売上分析

様々な絞り込みで、売上を分析できる機能です。
現状を把握し、今後の戦略を立てるのに役立ちます。

期間別売上 店舗ごとの売上データを、月次・日次などの期間で絞り込んで閲覧できます。
アイテム別売上 商品単体や、バリエーション単体の売上データを閲覧できます。
カテゴリ別売上 大カテゴリ・小カテゴリごとの売上データを閲覧できます。
CSVダウンロード 売上データを、CSV形式のファイルでダウンロードできます。
Excelなどのツールを活用して、より詳細な売上分析が可能になります。
ネットショップ対応
(2022年以降)
現在、売上分析はネットショップには対応していませんが、2022年以降にネットショップも店舗も含めた売上分析機能としてアップデート予定とのことです。

商品・在庫管理

商品や在庫を管理できる機能です。
実店舗とネットショップを並行して運営している場合も、効率良く管理できます。

アイテム登録 商品情報を一度登録すれば、レジとネットショップに同時に商品を掲載できます。
商品に紐付けてバリエーション情報も登録できます。
アイテム一括登録 CSV形式のファイルをアップロードすることで、複数の商品情報を一括登録できます。
アイテムカテゴリ 商品にカテゴリを設定できます。
カテゴリを設定すると、商品選択画面でカテゴリ別に表示されるので選択が簡単になります。
在庫管理 商品・バリエーション単位で在庫数を設定できます。
店舗とネットショップそれぞれで、分けて在庫を管理することも可能です。

ネットショップ連携

ネットショップ作成サービス「STORES」と連携できる機能です。
STORESでネットショップも運営している場合、特にSTORESレジの強みを活かせます。

ネットショップの公開 ネットショップ作成サービスのSTORESも、同じアカウント・プランで利用できます。
在庫共有機能 在庫共有設定を有効にすると、店舗・ネットショップどちらの注文も一つの在庫から引かれるようになります。
在庫共有設定を有効にするかどうかは、商品ごとに設定を変更できます。
ネット注文一覧 レジからも、ネットショップの注文を確認できます。
店頭にある在庫をネットショップでも販売するときや、店舗から発送業務を行うときに便利です。

STORESレジの評判を上げている特徴・メリット

STORESレジの評判が良い、具体的な要因は何なのでしょうか?
「STORESレジは評判が良いから」という理由だけで選ぶと、「自分には合っていなかった」ということになりかねません。

あなたがSTORESレジを選ぶ理由があるかどうか、特徴やメリットを知った上で判断してください。
STORESレジの評判を上げている特徴やメリット
は以下の通りです。

  • iPadがあれば、無料ですぐに利用開始できる
  • 1つの画面で、店舗とネットショップの売上を確認できる
  • 複数店舗の商品・在庫を一元管理できる
  • ネットショップの注文を店舗のレジですぐに確認・対応できる
  • 在庫連動 / 個別在庫の使い分けが可能
  • 様々な決済方法に対応できる
  • レジ締め作業が簡単にできる
  • 周辺機器との連携できる
  • 売上分析ができる

iPadがあれば、無料ですぐに利用開始できる

無料で使える

STORESレジは、無料の[フリープラン]でも、レジとしての基本的な機能がしっかり使えます。
品番表示や、バーコードスキャンに対応させる必要がないのでしたら[フリープラン]で十分です。

STORESレジを利用するのに、最低限必要なものはiPadのみです。
つまり、iPadさえあれば、無料ですぐにSTORESレジを利用開始できます。
(STORESレジアプリは、iPadのみ対応しています。iPhone・Android端末は未対応です)

ちなみに、既にネットショップ作成の「STORES」を利用中であれば、アカウント作成は不要なので、そのままSTORESレジを使い始めることができます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

要るのがiPadのみで、STORESレジ自体の利用料金は無料で大丈夫です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

専用の機器ではなく、iPadで利用できるのは嬉しいですね。

1つの画面で、店舗とネットショップの売上を確認できる

STORESレジは、ネットショップ作成サービスの「STORES」と完全連携されています。
STORESレジと同じアカウント、プランで利用可能です。

そのため、実店舗とネットショップの売上を1つの管理画面で確認できます。
それぞれを確認するために、別の管理画面にログインし直す必要はありません。

さらに精算機能を利用すれば、店舗ごとの詳細な取引状況も把握できます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

レジもネットショップ作成もSTORESを利用すれば、完全連携により効率良く運営できます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

同じSTORESを利用するからこそのメリットですね。

複数店舗の商品・在庫を一元管理できる

ネットショップと実店舗の運営を、並行して行っている事業者は少なくありません。
同じ商品を扱っているのに、ネットショップと実店舗で別々に、商品や在庫の管理していることも多いです。

そうなると、商品の登録や在庫管理の手間が増えるだけでなく、ミスが起こりやすくなります。

STORESレジを活用すれば、STORESで作成したネットショップと実店舗の商品や在庫を、共通で一元管理できます。
そのため、管理画面に1度登録すれば、ネットショップとレジの両方に反映されます。

なお、複数の実店舗とネットショップの在庫を一元管理できるので、複数店舗運営している場合にも便利です。

STORESレジの一元管理で、商品と在庫の管理が楽になった分、他に時間を割けるようになります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

実店舗とネットショップを別で管理していると、本当に面倒なんですよね。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

STORESレジなら管理が楽になりますし、ネットショップ上の在庫数の表示ミスを防げます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

別々の管理画面で確認しなくてはいけないのは、地味に面倒ですが、STORESレジなら楽ちんですね。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

実店舗が複数あっても、同じ管理画面で確認できるので、管理業務がスムーズにできます。

ネットショップの注文を店舗のレジですぐに確認・対応できる

ネットショップの注文を店舗のレジですぐに確認・対応できる

STORESレジなら、ネットショップの注文をレジから確認できます。
そのため、実店舗の現場でもスムーズに注文確認ができ、配送作業をすることが可能です。

実店舗のスタッフが、ネットショップの運営・管理も兼ねている場合に便利です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

ネットショップの管理を、実店舗のスタッフが行っている場合、いちいち別の画面を開けなくても、ネットショップの注文も確認できます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

店舗業務と同時並行で、ネットショップの対応もできるなら便利ですね。

在庫連動 / 個別在庫の使い分けが可能

上述した通り、STORESレジは、ネットショップと実店舗の在庫を共通で一元管理できます。

しかし、あえて在庫管理を共通にしたくない場合もあると思います。
基本的には共通にしたいけど、「人気の新作アイテムだけは、ネットショップと実店舗で在庫を分けたい」というような場合です。

STORESレジは、1つの商品を、ネットショップ・実店舗で別々に管理する「個別在庫管理」ができます。

「共通在庫」と「個別在庫」の2パターンに対応できるので、ポップアップストア用に在庫を分けておきたい場合などにも便利です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

商品によって、あえて在庫管理を共通にしたくない場合は、意外とあります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

キャンペーンなどで、ネットショップ用に在庫を確保しておきたい商品があるときに役立ちますね。

様々な決済方法に対応できる

様々な決済方法に対応できる

レジPOSとして、現金以外の支払方法にも対応させておくことは重要です。

STORESレジなら、STORES決済と連携したキャッシュレス決済や、商品券など任意の決済手段も登録できます。

STORES決済でキャッシュレス決済 STORES決済を連携させることで、クレジットカード・交通系電子マネー・QRコード決済(WeChat Pay)に対応可能です。
STORES決済を利用する場合は、STORES決済アカウントを作成するために、別途申し込みが必要です。
商品券や他決済も登録可能 商品券や、任意の決済手段を登録して、据え置き型端末や、日本のQRコード決済(PayPayなど)と一緒に使うことが可能です。
STORESレジと連携はしていないため、STORES レジ・決済端末それぞれで金額を入力する必要があります。

STORES決済についての詳細は、STORES 決済 (旧:Coiney)(公式サイト)をご確認ください。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

同系列のSTORES決済と連携させることで、スムーズにキャッシュレス決済を導入できます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

関連するサービスを複数運営している、STORESならではの強みですね。

レジ締め作業が簡単にできる

レジ締め作業が簡単にできる

出典:STORESレジ

STORESレジには、任意の期間(時間)の販売実績の集計ができる「精算機能」があるので、日々のレジ締め作業も簡単です。

STORESレジの精算機能では、主に以下を行うことができます。

  • 販売情報・売上登録時間(特定の営業期間・時間)の開始・終了設定
  • 取引内容チェック・現金差異チェック
  • 営業日ごとの販売実績や差異額の確認

また、1営業日ごとに、STORESレジで「シフト」(営業時間)の開始設定と終了設定を、それぞれ、開店時の担当者・閉店時の担当者が操作することで、1営業日ごとの売上集計が可能です。

閉店時の担当者がドロアー内の金額を確認し、所定の操作を行うと、その日の精算処理(販売実績集計)が完了します。

そして、精算処理が完了した集計データは、STORESレジの管理画面にて確認できます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

実店舗を運営しているなら、レジ締めは必須の作業です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

集計データをSTORESレジの管理画面でも、印刷したレシートでも確認できるのは良いですね。

周辺機器との連携できる

周辺機器との連携できる

STORESレジは、様々な周辺機器と接続して利用することで、より便利になります。
STORESレジと連携できる、以下のような別売の機器やサービスがあります。

  • レシートプリンター
  • ドロワー
  • バーコードリーダー
  • キャッシュレス決済端末(STORES 決済)

自店の必要に応じて、周辺機器を購入しましょう。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

レシートプリンターやドロワーはあった方が便利です。店の運営方法などで判断して、必要なら購入しましょう。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

周辺機器との連携もできるようになっているなら、使い勝手が良いですね。

売上分析ができる

売上分析ができる

出典:STORESレジ

売上UPの戦略を立てるには、現状の売上分析が欠かせません。

STORESレジでは、店舗ごとの売上データを、様々な期間で絞り込んで確認できます。
絞り込みは、以下のような期間の指定が可能です。

  • 今日
  • 昨日
  • 過去7日間
  • 過去30日間
  • 過去90日間
  • 今週
  • 先週
  • 今月
  • 先月
  • カスタム(開始日付と終了日付を指定)

また、商品ごとの売上や販売点数など、商品別の売上データも確認できます。
指定した期間や店舗で絞り込んで、商品別の売上を把握できるので、今後の販売計画に活かせます。

ちなみに、売上データはCSV形式でダウンロードできるので、Excelなどのツールを利用し、より詳細な売上分析が可能です。

様々な角度から売上分析を行い、今後の戦略や目標設定に活かしましょう。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

現状を把握しないことには、今後の計画を立てることはできません。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

STORESレジの売上分析機能を活用して、しっかり売上を伸ばして行きたいです。

STORESレジの評判を支えるサポート体制

メールサポート

初めてPOSレジを利用する人にとって、STORESレジのサポート体制は特に気になるポイントだと思います。
「申し込んだは良いけど、ちゃんと使いこなせなかったらどうしよう?」と心配ですよね。

しかしSTORESレジでは、初心者でもPOSレジを利用できるよう、サポート体制が整っているので安心してください。

STORESレジでは以下のようなサポートがあります。

導入サポート STORESレジの導入を検討していて分からないことがあれば、電話や問い合わせフォームから相談することができます。
「よくある質問」サイト STORESレジの使い方について、よくある質問を載せているサイトです。
カテゴリーから探す方法と、検索フォームから検索して探す方法の、二通りの探し方ができます。
メールサポート 専用のお問い合わせフォームより、STORESレジで分からないことを質問できます。
不明点はまず「よくある質問」で調べてみて、それでも解決できなかった場合は、メールサポートを頼ってみましょう。
電話サポート 電話で問い合わせることができます。
STORESビジネスソリューション STORESは「POSレジ」以外に、ネットショップ作成サービスや予約システムなどのサービスを展開しています。
企業としてSTORESのサービスを複合的に導入したいときに、専任担当者が提案・導入・導入後フォローをすべて行ってくれます。

評判からわかるSTORESレジがオススメな場合

こんな人にオススメ!

STORESレジがオススメな場合と、オススメではない場合について解説します。

STORESレジがオススメな場合

STORESレジがオススメできるのは、以下のような場合です。

  • 低コストでPOSレジを導入したい。
  • 実店舗とネットショップを連動させたい。
  • 実店舗でネットショップの対応もしている。
  • ネットショップ運営がメインだが、ポップアップストアを出すこともある。

低コストでPOSレジを導入したい

STORESレジは、無料の[フリープラン]でもPOSレジとしての基本機能がそろっています。
あとは、STORESレジアプリをインストールするための、iPadのみが最低限必要な機器です。

高い費用を掛けてPOSレジを導入しなくても大丈夫です。

実店舗とネットショップを連動させたい

STORESレジは、実店舗とネットショップの商品や在庫の一元管理ができます。
別々に商品登録する必要はないですし、在庫数も連動しているので、管理がシンプルです。

商品や在庫の管理が楽になるので、手間が減らせて、ミスも起こりにくくなります。

実店舗でネットショップの対応もしている

STORESレジは、ネットショップの注文をレジから確認できます。
実店舗のスタッフがネットショップの対応もしている場合、スムーズに受注管理や配送管理がしやすいです。

ネットショップ運営がメインだが、ポップアップストアを出すこともある

ネットショップ運営のみを行っているけど、たまにポップアップストアを出すこともあるパターンでも、STORESレジは便利です。
普段はネットショップ作成の「STORES」を使用し、ポップアップストアの現場では「STORESレジ」を使用することで、スムーズな運営ができます。

STORESレジがオススメではない場合

STORESレジがオススメではないのは、以下のような場合です。

  • iPadを購入する予算を取れない。
  • パソコンを使用したPOSレジが欲しい。

iPadを購入する予算を取れない

STORESレジは、STORESレジアプリをインストールして使うため、iPadが必須です。
最低限、iPadの費用は掛かりますが、STORESレジアプリの利用料金は無料で大丈夫です。

しかし、iPadを購入する予算を取れないのであれば、STORESレジは諦めましょう。

パソコンを使用したPOSレジが欲しい

STORESレジアプリが対応しているのはiPadのみなので、パソコンで使用することはできません。
Androidやパソコンに対応したアプリを用意しないことで、開発経費を抑えることができ、無料で利用できるのだと考えられます。

もし、何か事情があってパソコンでPOSレジを使いたい場合は、他を探してみましょう。

STORESレジの評判を知ってよくある質問

よくある疑問にお答えします

STORESレジについての、よくある質問にお答えします。

STORESレジを利用するために必要なものは何?

STORESレジを利用するために必要なものは、iPadのみです。
iPadさえあれば、無料でSTORESレジアプリをインストールして、利用開始できます。

また、必要に応じて、レシートプリンターやドロワーなどの周辺機器を購入して使えます。

発行するレシートはインボイス制度に対応してる?

STORESレジで発行するレシートは、インボイス制度に対応できます。

STORESレジの機能として、レシートのヘッダー(冒頭部分)またはフッター(末尾部分)に、任意のテキスト情報を登録しておくことができます。
ヘッダーかフッターに、インボイス制度の登録番号が印字されるようにしておくことで、インボイス制度に対応したレシートを発行することができます。

STORESレジの料金プラン

料金プランについて

STORESレジの料金プランについて解説します。

料金プラン別の機能比較

STORESレジの料金プランは、無料版と有料版の2つのみです。

プラン フリー スタンダード
月額料金 ¥0 ¥2,178
バーコードスキャン ×
手入力
軽減税率
レシート発行
レジ締め・現金管理
売上分析
商品・在庫管理
ネットショップ連携

※詳しい機能紹介は、STORES レジ(公式サイト)でご確認ください。

料金プランの選び方 / おすすめのプラン

[フリープラン]でPOSレジの基本機能は網羅しているので、ほとんどの店舗は[フリープラン]で大丈夫です。

バーコードスキャン機能が必要な店舗のみ[スタンダードプラン]を申し込んでください。

無料プランや無料体験について

完全無料で試せる

STORESレジでは、無料プランが用意されています

と言うか、多くの店舗は無料プランで十分です。

STORESレジの評判は本当なのか?
実際にSTORESレジを使って、相性を確かめてみましょう!

STORESレジの登録方法・始め方

新規登録・申し込み・始め方

STORESレジは無料プランがあるので、完全無料で試すことが可能です。

STORESレジの無料登録は簡単なので、1分もあれば完了します。

まずは、STORES レジ(公式サイト)にアクセスして、ページ右上の【無料ではじめる】ボタンを押してください。

STORESレジの申し込みボタン

出典:STORESレジ

次に、【無料ではじめる】ボタンを押した後の流れを解説します。

  • 必要な項目を入力し、アカウント作成をします。
    (既にネットショップのSTORESを利用中であれば、アカウント作成は不要です。STORES管理画面にログインしてください)
  • 店舗名など、店舗登録に必要な情報を入力して利用準備を完了する。
  • 利用するiPadに、STORESレジのアプリをダウンロードしてインストールする。

以上で導入完了です。

STORESレジの評判のまとめ

今回は主に、STORESレジの評判と特徴・メリットについて徹底解説しました。

STORESレジのメリットは以下の通りです。

  • iPadがあれば、無料ですぐに利用開始できる
  • 1つの画面で、店舗とネットショップの売上を確認できる
  • 複数店舗の商品・在庫を一元管理できる
  • ネットショップの注文を店舗のレジですぐに確認・対応できる
  • 在庫連動 / 個別在庫の使い分けが可能
  • 様々な決済方法に対応できる
  • レジ締め作業が簡単にできる
  • 周辺機器との連携できる
  • 売上分析ができる

また、STORESレジがオススメな人は以下の通りです。

  • 低コストでPOSレジを導入したい。
  • 実店舗とネットショップを連動させたい。
  • 実店舗でネットショップの対応もしている。
  • ネットショップ運営がメインだが、ポップアップストアを出すこともある。

STORESレジは、低コストで導入できるだけでなく、ネットショップと連動させることで便利になるメリットが大きいです。
実店舗とネットショップを連携させて運営した人には、特にオススメです。

なお、ネットショップ作成サービスの「STORES」についての解説は『STORES(ストアーズ)の評判は!? 特徴・メリット・デメリットを徹底解説!』をご覧ください。

このページのトップに戻る