現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

さくらのレンタルサーバを徹底解説

さくらのレンタルサーバの評判は?メリット・デメリット・料金・使い方などを調査

レンタルサーバー さくらのレンタルサーバのトップページ

出典:さくらのレンタルサーバ

レンタルサーバー「さくらのレンタルサーバ」の特徴・料金・使い方・評判などについて調査しました。
さくらのレンタルサーバがオススメな場合と、オススメではない場合についても解説しています。

さくらのレンタルサーバが適しているかどうかは、あなたの状況や考え方によって異なります。
レンタルサーバーを選ぶ上で参考にしてください。

さくらのレンタルサーバとは

さくらのレンタルサーバは、さくらインターネット株式会社が運営しているレンタルサーバーです。
さくらインターネット株式会社は、ホスティングサーバを中心とするデータセンター事業およびインターネットサービス事業を行っている会社です。

さくらのレンタルサーバは、WordPressが使える【スタンダード】プランでも524円なので、気軽にホームページを開設できます。

さくらのレンタルサーバの特徴・メリット

安い月額費用で使える

さくらのレンタルサーバは、月額131円から使えます。
利用者の8割を占める、一番人気の【スタンダード】プランでも月額524円とリーズナブルです。
【スタンダード】でも複数のWordPressサイトを開設できるので、多くの方はこちらのプランで十分です。

WordPressが従来より最大16倍に高速化

さくらのレンタルサーバは、人気のWordPressの利用が増えていることを踏まえて、快適にWordPressを使える環境に進化させています。
最近では、PHP7や高速Webサーバーnginxの導入などにより、WordPressが従来より最大16倍も高速化させることを実現しています。

また、アクセスが集中しても安定してホームページを表示させられるようにもしています。
WordPressなどCMS(コンテンツ管理システム)導入のホームページは重くなりがちですが、安心して利用することができます。

テスト用サーバーを用意しなくても、確認用のテストサイトを簡単に作成できる

さくらのレンタルサーバには「本番のホームページに反映させる前に、別で作って確認したい。」を簡単に実現できる機能があります。
テスト環境を作るのは正直、プロの制作者であっても面倒です。
それが、初心者となればさらにハードが高くなります。

特にWordPressを導入しているホームページであれば、コピー&ペーストでパッとできるものではないので、この機能は助かりますね。

モリサワWebフォントが無料で使える

画像化していない文字は、閲覧者の端末(パソコン・タブレット・スマホ)に入っているフォントが使われます。
しかしWebフォントを利用することで、画像化する事なくサイトのデザイン書体のフォントを表示させることができます。

さくらのレンタルサーバでは、人気のフォント「モリサワ」のWebフォントを無料で使用できます。
ただし、【ビジネス】プラン以上であれば月間PV数の上限は無いのですが、【スタンダード】プラン以下では月間7.5万PVの上限があるので気を付けてください。

さくらのレンタルサーバのデメリット

プラン変更ができない

さくらのレンタルサーバでは、プランごとに収容サーバが異なるので、プラン変更することができません。
どうしてもプラン変更したいのであれば、別のプランを新規に申し込み、データ等を移行する必要があります。
新規の申し込みなので、初期費用が発生します。

「ホームページの規模が大きくなったらプランアップしよう」という訳には行かないので、プラン選びは慎重にしましょう。

電話サポートにつながりにく

クライアントがさくらのレンタルサーバを使用していて、さくらのレンタルサーバには何度か電話問い合わせしたことがあります。
常に混み合っていて、オペーレーターの方にはすぐには繋がりませんでした。

その分という訳ではないですが、月額料金は安く抑えられているので、あなたが何を重視されるかで判断が変わると思います。
すぐに電話が繋がるようにしようとすると、「オペーレーターを増やす」→「人件費が増える」→「料金を上げる」の流れになってしまうので、低価格に抑えるために仕方ないかもしれません。

プランや申し込んだ時期によって高速表示できない場合がある

さくらのレンタルサーバは、2018年4月にサーバーを大幅にスペックアップし、高速化させました。
それ以前に申し込まれた【スタンダード】プランであれば、旧型のサーバーのままなので、「さくらのレンタルサーバは遅い」との口コミを聞いたことがあるかもしれません。

しかし今は、そんなことはなく、WordPressなどのCMS(コンテンツ管理システム)を快適に使える環境が整っています。

また、2020年6月にリリースされたコンテンツブースト機能により、全プランでCDNを利用したキャッシュ機能が使えるようになりました。
これにより大幅にサイト表示を安定化、高速化させています。

さくらのレンタルサーバの料金プラン

料金プラン別の機能比較

さくらのレンタルサーバでは、6つの料金プランが用意されています。
しかし、多くの方は【プレミアム】プラン以下のどれかを選ばれると思うので、その3つの比較をしました。

※表示価格は全て税込です。
※【ライト】プランは年間一括払いのみなので、月額換算の金額です。

  ライト スタンダード プレミアム
月額料金 ¥131 ¥524 ¥1,571
初期費用 ¥1,048 ¥1,048 ¥1,048
ディスク容量 10GB 100GB 200GB
WordPress等の
CMS利用
×
WordPress高速化 ×
バックアップ
&ステージング
×
Webフォント × 月間7.5万PVまで 月間7.5万PVまで
マルチドメイン設定 20個 100個 150個
無料SSL
MySQL × 20個 50個
クイックインストール ×
メールサポート
電話サポート

料金プランの選び方

多くの方は月額524円の【スタンダード】で十分だと思います。
実際、利用の8割を【スタンダード】が占めているようです。

もしホームページを20サイトを超えて開設する可能性があるのでしたら【プレミアム】以上にしましょう。
さくらのレンタルサーバは、途中でプラン変更ができないので気を付けてください。

さくらのレンタルサーバの総評

さくらのレンタルサーバは、月額524円で高機能・高性能なサーバーが使える、コスパの良いレンタルサーバーです。
サーバー会社として大手企業が運営している安心感もあり、おすすめです。

以前はWordPressの表示速度が遅かったり、管理画面が古くて使いにくい面がありましたが、今では改善されいるので問題ないです。

さくらのレンタルサーバがオススメな場合

さくらのレンタルサーバがオススメできるのは、下記のような場合です。

  • できるだけ月額費用を抑えてホームページを運営したい。
  • 月額費用は極力抑えたいけど、信頼できるサーバーを使いたい。
  • テストサイトを簡単に作成できるレンタルサーバーが良い。
  • モリサワWebフォントを無料で使いたい。

さくらのレンタルサーバがオススメではない場合

さくらのレンタルサーバがオススメできないのは、下記のような場合です。

  • 途中でプラン変更できるようにしてほしい。
  • 電話サポートはすぐに繋がってほしい。

レンタルサーバー
おすすめランキング

このページのトップに戻る