現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

ジンドゥージンドゥークリエイター

最終更新日:

ジンドゥークリエイターの特徴・メリット・デメリットを徹底解説

ジンドゥークリエイター

初心者でも簡単に本格的なホームページ作成ができると評判の「ジンドゥークリエイター」について調査したので、解説します。

ジンドゥーについての全体的な解説はジンドゥーを徹底解説をご覧ください。

ジンドゥークリエイターとは?

ジンドゥークリエイターは、「本格的なホームページがあっという間に完成」であることを掲げている、超初心者向けのホームページ作成サービスです。

レイアウトを選んでから、テキスト(文・文章)や写真を載せたらホームページが完成するという簡単さが、一番の人気の理由です。

ちなみに、ジンドゥーでは「ジンドゥー AI ビルダー」と「ジンドゥークリエイター」の2つのサービスがあり、それぞれのサービスで複数のプランが用意されています。

ジンドゥーのプランを選ぶ際に、まず「ジンドゥー AI ビルダー」と「ジンドゥークリエイター」のどちらのサービスにするかを決めなくてはならず、「ジンドゥークリエイター」を選んで作成した後に、ジンドゥー AI ビルダーを選び直すことはできません。

サービスを決めて申し込んだあとに、別のサービスに切り替えることはできないので、気を付けてください。

ジンドゥークリエイターの特徴・メリット

ジンドゥークリエイターの特徴・メリットについて解説します。

初心者でも簡単に本格的なホームページを作成できる

ジンドゥークリエイターを利用すれば、HTMLやCSSなどの専門知識ゼロでも、本格的なホームページ作成ができます。
難しい設定や操作は必要なく、ドラッグ&ドロップで直感的な操作でホームページを完成させられます。。

ジンドゥーのも1つのサービスである「ジンドゥー AI ビルダー」と比較すると、少し手間は増えますが、初心者でも簡単に利用できるようになっています。

HTML・CSS を使ってカスタマイズできる

ジンドゥークリエイターは、HTML・CSS を使ってデザインのカスタマイズができます。
「ジンドゥー AI ビルダー」には無い、ジンドゥークリエイターならではの機能です。

専門知識ゼロでもホームページを作れるジンドゥークリエイターですが、プロのWebデザイナーなど専門知識がある人にとっても便利なサービスです。

ジンドゥーで用意されているレイアウトを使わず、オリジナルデザインのホームページを作ることができます。
クライアントからの依頼で、ジンドゥークリエイターを利用したホームページ作成を行うことが可能です。

逆に、専門知識ゼロの初心者であっても、最初の作成のみをプロに依頼して、完成後は自分で更新して行くこともできます。
プロが作成したホームページを自分で更新できるので、ホームページ運営費を抑えられたり、いち早い変更ができるメリットがあります。

外部サービスとの連携ができる

ジンドゥークリエイターでは、HTMLやCSS、JavaScriptなどコードの使用も可能です。

また、表面的には見えない箇所にコードを追加することができる「ヘッダー編集」も可能です。

これにより、ジンドゥー以外の外部サービスのコンテンツや機能を埋め込むためのコードを貼り付けることができます。

例えば、下記のようなことができます。

  • SNSの埋め込みコードを貼り付ける。
  • 他のネットショップ作成サービスのカートを設置する。
  • 他のサービスのメルマガ登録フォームを設置する。
  • アフィリエイトやGoogleアドセンスのコードを貼り付ける。

外部サービスとの連携で、よりホームページを活用することができるのは魅力的です。

ページ数の制限が無い

作成できるページ数の上限がプランごとに決められている「ジンドゥー AI ビルダー」と違い、ジンドゥークリエイターはページ数の上限がありません。

例えば、「ジンドゥー AI ビルダー」で一番安い有料プランである【START】(月額¥990)であれば、ページ数は最大10ページです。

しかし、「ジンドゥークリエイター」で一番安い有料プランである【PRO】(月額¥965)であれば、ページ数の制限はありません。
(ただし、サーバー容量として5GBの上限があります)

最安の有料プランでも、中規模程度のホームページであれば、上限を気にせず利用できます。

ブログページを作れる

ジンドゥークリエイターではブログページを作ることができます。
ちなみに、「ジンドゥー AI ビルダー」ではブログページを作れません。

ブログは、新商品やキャンペーンの告知、事業に関連のある情報の発信など、様々な使い方があります。

アメブロなど外部のブログサービスを利用してリンクを貼っておくということも可能ですが、できればホームページにブログページがある方が良いです。

一番の理由は、同じドメインのホームページ内にブログがあることで、SEO対策として効果的だからです。
自然にページを増やして行けますし、更新頻度が上がるので、Googleなどの検索エンジンからの評価が上がりやすいです。

ネットショップ機能を使える

ジンドゥークリエイターではネットショップ機能を使うことができます。

ネットショップ機能とは、ホームページで商品を販売できる機能です。
ホームページで紹介している商品をカートに入れて購入してもらうことができます。

単に商品紹介しているだけでは売上になりませんが、ネットショップ機能を活用してネット販売することで、売上につなげることができます。

ただし、もし本格的なネットショップを考えているのでしたら、専門のネットショップ作成サービスを利用することをおすすめします。

スマホアプリで編集できる

ジンドゥークリエイターにはスマートフォン専用アプリがあります。

作ったホームページの掲載内容を変更したい場合や、ブログの記事を投稿したい場合に便利です。
スマホで編集できるので、外出先などでも気軽にすぐにホームページを更新できます。

ただし、アプリでは、パソコンでの編集に比べると、編集できる機能に限りがあります。
1からのホームページ作成や、ややこしい操作はパソコンでする必要があります。

作成のノウハウを入手しやすい

ジンドゥークリエイター、ジンドゥー公式の「ジンドゥーハウツー」に加えて、使い方の書籍が多数販売されているなど、作成や活用についての情報がたくさんあります。

ジンドゥーで何かしたいことが出てきたとき、ネット検索するとたくさんの記事が見付かるので、だいたいのことは解決できるでしょう。

ジンドゥークリエイターのデメリット

ジンドゥークリエイターのデメリットについて解説します。

統一感の無いデザインになってしまう可能性がある

ジンドゥークリエイターは、デザイン面で比較的自由に調整できる事が、大きな特長の1つです。
しかし、このメリットが逆にデメリットにもなりえます。

ホームページ全体のバランスを考えずに、無計画に編集していると、統一感の無いデザインのホームページになってしまう可能性があります。

デザインや機能で選択肢が多いので迷ってしまうかもしれない

ジンドゥークリエイターは、デザインや機能で選択肢が多いので、操作方法で迷ってしまう可能性があります。
超初心者は、使い慣れるまでは、マニュアルページを見て操作することもあるかもしれないです。

機能が豊富なサービスほど、自分の理想のホームページに近付けやすい反面、操作の迷いが出てしまう可能性もあるものです。

この点をメリットではなく「デメリット」と捉えるようであれば、超初心者向きのジンドゥー AI ビルダーを検討してみましょう。

ジンドゥークリエイターの総評

同じジンドゥーのサービスで「ジンドゥー AI ビルダー」もありますが、基本的にはジンドゥークリエイターの方がおすすめです。

ホームページは名刺代わりにあれば良い場合や、ジンドゥークリエイターを使える自信が場合は、「ジンドゥー AI ビルダー」でも大丈夫でしょう。

しかし、事業にしっかりホームページを活用して行きたいのでしたら、ジンドゥークリエイターを選ぶ方が良いです。

Let's share !

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマークに登録する
  • LINEで送る

ジンドゥーの関連記事

このページのトップに戻る