現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

BASE(ベイス)を徹底解説

BASEの評判は?メリット・デメリット・料金・手数料・使い方などを調査

ネットショップ作成サービス BASEのトップページ

出典:BASE

ネットショップ作成サービスであるBASEの特徴・料金・使い方・評判などについて調査しました。
BASEがオススメな場合と、オススメではない場合についても解説しています。

BASEが適しているかどうかは、あなたの状況や考え方によって異なります。
ネットショップ作成サービスを選ぶ上で参考にしてください。

BASE(ベイス)とは

BASEは、BASE株式会社が運営するネットショップ作成サービスです。
2012年にリリースしてからわずか2年で登録店舗数が15万店を突破し、2020年2月の時点では90万店を超えています。

ここまで人気で勢いのある理由は、「ネットショップ運営に欠かせないすべての要素が無料でそろっている」という点にあります。
「ネットショップを作りたいけど予算が…」となることも多い中、無料でネットショップを持てるので気軽に始められます。

BASE(ベイス)の特徴・メリット

無料でネットショップを作成できる

「ネットショップを作りたい」と思ったときに一番気になるのは、費用ではないでしょうか?
その点、BASEは初期費用も月額費も無料です。
ネットショップを持つことのハードルが下がるので、気軽に始めることができます。

ただし注意しないといけないのは、1件の売上に対して「3.6% + ¥40」の決済手数料と「3%」のサービス利用料は掛かります。
もちろん、販売数がゼロであれば無料なので、「何も売れていないのに費用が掛かる」という状態は避けられるので安心です。

ちなみに、他の方法でネットショップを運営していたとしても、キャッシュレス決済をすると、売上に対して4%前後の決済手数料が掛かります。

豊富な機能が全て無料

「ネットショップを無料で作れる」と聞いて「無料と言っておきながら、簡単な機能しか使えず、結局は有料の機能を追加することになるんでしょ?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、このBASEがスゴいのは「全ての人が全ての機能を無料で使える」ということです。
これは他のサービスにはない、BASEならではの強みです。

簡単にネットショップ作成できる

BASEは、専門知識ゼロの初心者の方が簡単にネットショップ作成できるようになっています。
テンプレートを選び、商品などの必要な情報を登録すれば完成です。

豊富な決済方法を簡単に導入できる

ネットショップ運営で、決済方法が豊富に用意されていることは重要です。
せっかく購入を決めても、希望の決済方法が無いことが理由で、購入を辞めてしまうお客様が少なくないからです。

また、決済機能を導入するために、自分で決済代行会社を探して申し込み、使えるよう設定するのは、初心者には少し面倒です。

その点、BASEは豊富な決済方法を簡単に導入できます。
BASEが用意している「BASEかんたん決済」で利用できる決済方法は下記です。

  • クレジットカード
  • キャリア決済
  • 銀行振込
  • コンビニ決済・Pay-easy
  • PayPal
  • 後払い

700万人が利用するショッピングアプリの載せられる

BASEは700万人もが利用するショッピングアプリ「BASE」を運営しています。
BASEでネットショップ作成して登録した商品は、このアプリ内で自動的に表示されます。

ネットショップを作成するのが簡単であったとしても、集客して販売して行くことは簡単ではありません。
アプリに載っていることで、商品を知ってもらえて購入につながる可能性があります。

BASE(ベイス)のデメリット

販売数が多いと費用がかさむ

BASEは、初期費用や月額費用は不要ですが、購入につながった実績に応じて手数料は発生します。
1件の売上に対して決済手数料として「3.6% + 40円」、サービス利用料として「3%」です。

少し解りにくいかもしれないので、下記に例を示します。

【例】1,000円の商品が3個、送料500円の注文が入った場合

●決済手数料 = 注文合計金額✕3.6%+40円
3,500円 ✕ 3.6% + 40円 = 166円

●サービス利用料 = 注文合計金額✕3%
3,500円 ✕ 3% = 105円

上記の計算式となり、合計271円の手数料が掛かります。

自由度は低い

初心者でもテンプレートを選んで簡単にネットショップ作成できるので、逆に言うとデザイン的な自由度は低いです。
HTML編集の拡張機能を追加すれば、HTML・CSS・JavaScriptなどを編集することは可能ですが、初心者には難しいです。

BASE(ベイス)の料金プラン

初期費用・月額費用は無料

BASEは、利用するための費用は一切不要なので、料金プランはありません。
無料で全機能が使えます。

ただし、販売に応じた手数料は掛かるので注意しましょう。

販売に応じて発生する費用

BASEかんたん決済手数料

1回の注文に対して「3.6% + 40円」の決済手数料が掛かります。
この40円は、「商品1つにつき掛かる費用」ではなく「1回の注文につき掛かる費用」です。
1回の注文で10個の商品の注文があったとしても、3.6%+400円の決済手数料になる訳ではありません。

サービス利用料

1回の注文に対して3%のサービス利用料が掛かります。

振込申請時の手数料

店舗に売上金が振込まれる際、振込申請ごとに以下の「振込手数料」と「事務手数料」がかかります。

振込手数料 一律 250円
事務手数料 2万円未満の場合:500円
2万円以上の場合:0円

BASE(ベイス)の総評

BASE(ベイス)がオススメな場合

BASEがオススメできるのは、下記のようなネットショップ作成です。

  • 無料でネットショップを作成したい。
  • 商品が売れていないのに、費用が掛かるのは嫌だ。
  • 副業でネットショップを運営したい。

BASE(ベイス)がオススメではない場合

BASEがオススメではないのは、下記のようなネットショップ作成です。

  • ネット販売する商品が数百点以上ある。
  • ネットショップは事業の主力で、本格的に運営したい。
  • 既成のネットショップシステムではできないオリジナルの仕様ににしたい。

ネットショップ作成サービス
おすすめランキング

このページのトップに戻る