現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

ネットショップ作成サービスShopify(ショッピファイ)

最終更新日:

Shopify(ショッピファイ)の評判・特徴・メリット・デメリットなどを徹底解説!

Shopify(ショッピファイ)のトップページ

出典:Shopify

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
ホームページ制作会社の代表であり、現役のWebデザイナーでもある私が、初心者でも自作できるネットショップ作成サービスについて解説しています。

「ネットショップを自作したい!」と思っても「難しそう」と諦めたことはありませんか?

今は、Webの専門知識ゼロの初心者でも、簡単にネットショップ作成できるサービスがあります。

ネットショップ作成サービスの1つであるShopify(ショッピファイ)は人気があり、評判が良いです。
世界175ヵ国以上で展開するサービスだからこその、越境ECに強い点が高く評価されています。

Shopifyの評判は本当なのか、メリット・デメリット・サポート体制などについて調査しました。

Shopifyの評判が良いとはいえ、Shopifyが適しているかどうかは、あなたの状況や考え方などによって異なります。
Shopifyが「オススメな場合」と「オススメではない場合」についても解説しているので、ネットショップ作成サービスを選ぶ上で参考にしてください。

この記事を読むことで、Shopifyが自分に向いているかどうかを判断できます。

このページの目次

Shopify(ショッピファイ)の評判・口コミ

ネットで見つけた評判・口コミ

インターネット上にある、Shopifyの評判・口コミについて調べました。

あくまで、Shopifyについて個人的な感想なので、あなたにも当てはまるとは限りません。
Shopifyを検討する上で、参考としてご覧ください。

Shopifyの良い評判・口コミ

ネット上で見つけた、Shopifyの良い評判・口コミです。
調べていて気になった、Shopifyの良い評判・口コミをピックアップしました。

  • 家でぽちぽちしてるだけで越境ECが作れる時代
  • やっぱりShopify優秀
  • クレカ決済が、すぐに使えるので便利
  • 決済方法が充実してて越境ECにも便利そう、デザインおしゃれ
  • 集客見込みの有無どちらも対応出来るのはShopify
  • 数クリックで海外販売が可能になるという新たな可能性
  • ほんとすごいな。アプリとLiquidのお陰で自分でも色々できる。
  • Shopifyすごいな…分析機能やPOS対応機能あるのか。
ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

「Shopifyの良い評判・口コミ」をまとめると、Shopifyが得意とする越境ECへの強さへの評判が良いです。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

越境ECはShopifyの最大の強みですよね。そして、越境EC以外のShopifyの強みも評判が良いようです。

Shopifyの良くない評判・口コミ

ネット上で見つけた、Shopifyの良くない評判・口コミです。
調べていて気になった、Shopifyの良くない評判・口コミをピックアップしました。

  • カスタマイズするときに調べることがたくさんで難しい
  • こだわってカスタマイズしようとすると微妙な感じになる
ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

「Shopifyの良くない評判・口コミ」をまとめると、カスタマイズの難しさが指摘されています。しかし、カスタマイズについては、どこまで求めるかによっては専門知識が必要なので、初心者には難しい部分もあります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

自分でできないカスタマイズについては、プロに依頼した方が良いですね。

Shopify(ショッピファイ)とは?

Shopifyは、2004年にカナダで創業されたネットショップ作成サービスです。
ネットショップ開設以外に、実店舗運営のため(POS)サービスの提供もされています。

現在、世界175ヵ国で展開していて、100万ショップ以上がShopifyで運営されています(※2020年1月14日時点)。
実に、流通総額10兆円を上回る巨大ECプラットフォームです。

日本には、日本法人が設立された2017年に、本格的に進出しました。
管理画面やマニュアルサイトは日本語化されているので、日本語でも問題なく利用できます。

他の有名なネットショップ作成と比較すると、まだ知名度は低いです。
しかし、越境ECに強く海外に向けて販売できるなど、Shopifyならではの強みがたくさんあるので、日本でも利用者数が急増しています。

ちなみに、Shopifyの読み方をSpotify(スポティファイ)とよく間違われますが、「ショッピファイ」が正解です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

Shopifyは、越境ECを一番の強みとしており、海外販売するための機能が充実しています。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

日本に進出してから5年ほどなのに、Shopifyは勢いを感じますよね。

Shopify(ショッピファイ)の特徴・メリット

Shopifyの評判が良い、具体的な要因は何なのでしょうか?
単に「Shopifyは評判が良い」という理由だけで選ぶと、「自分には合っていなかった」ということになりかねません。

Shopifyでは何ができるのか、どんな魅力があるのか・・・
Shopifyの評判を上げている特徴やメリットについて解説します。

あなたがShopifyを選ぶ理由があるかどうか、特徴やメリットを知った上で判断してください。

低コストでスタートできて、大きく育てることが可能

低価格で利用できる

Shopifyは、個人運営のショップから大企業運営のショップまで対応できる、懐の深いサービスです。
最初は売上がほぼ無いところからスタートして、億単位の年商を出すまでに成長しても、他のサービスに乗り換える必要はありません。

例えば、一番人気の【ベーシックプラン】の月額料金は29ドルとなっており、2021年12月16日現在では約3,311円(1ドル=114.18円で計算)です。
他のの有名ネットショップ作成サービスと大差のない月額料金で、ネットショップを始められます。
そして、Shopifyなら初期費用が掛かりません。

低コストで小さくスタートして、後に規模が大きく成長した場合は、上のプランに上げることで対応できます。
別のサービスに乗り換えて、また1からネットショップ構築を始める費用的、そして時間的なコストを掛けるリスクを回避できます。

Shopifyは、スタート時だけでなく、長期的に見てもコストパフォーマンスの良いサービスです。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

Shopifyは、実績0でスタートする個人運営のネットショップから、大手企業が運営するネットショップまで、幅広い層に対応できます。0でスタートして大きく成長しても、他のプラットフォームに乗り換えなくても大丈夫です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

成長に合わせて乗り換えていると、その度に大きな手間やコストが掛かってしまうので、それは助かります。

多言語・多通貨対応で越境ECに強い

多言語・多通貨対応で越境ECに強い

Shopifyは多言語・多通貨対応なので、越境ECにチャレンジしやすいです。

「越境EC」とは、国境を超えて行われるネットショップの取引のことです。
要は、インターネットを通じて、日本国内から海外へ向けて商品を販売することです。

品質面や安全面などで、日本の商品が外国人から支持されていることもあり、日本国内からの越境ECが増加しています。
商圏を日本国内から世界へ広げることで、一気に売上を伸ばせる可能性があり、海外に商品を販売したいネットショップも多いのでしょう。

とは言え、海外にへ向けて商品を販売しようとすると、「言語・決済・配送」など様々な障壁にぶつかります。

しかし、世界175ヶ国以上で展開しているShopifyは、世界中の言語や決済方法・通貨などをカバーしています。

言語

50の言語に対応。
「アプリで自動翻訳」か「翻訳原稿を直接入力」のどちらかの方法で翻訳できる。

決済方法 100種類以上に対応。
ネットショップ開設時から、すぐにPayPalを利用できる。
通貨 130ヶ国以上の通貨に対応。
自動で現在のレートを適用させて変換し、表示できる。
税率 各国の税率に対応。
ユーザーに請求する税率を、自動的に管理する設定ができる。
配送 「FedEx・UPS・DHL」などの世界3大配送会社とも提携。

また、Shopifyには、越境ECに必要なツールを一元管理できる「Shopify Markets(ショッピファイ・マーケット)」があります。
Shopify Marketsは、越境ECへのハードルを下げ、越境EC特有の複雑さを解決してくれます。

本来、越境ECの障壁をクリアしようとすると、結構な労力と費用が要るので、簡単にはチャレンジできません。
しかし、Shopifyは既に体制が整っているので、誰でも越境ECにチャレンジできるのが大きな強みです。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

海外販売するって、思っている以上にハードルが高いのですね。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

海外販売の障壁で一番に思いつく「言語の壁」以外にもたくさんあるので、簡単に挑戦できませんでした。しかし、Shopifyを利用すれば、その障壁を突破できます。

80種類以上のテーマで高品質なショップにできる

100種類以上のテンプレートで高品質なショップにできる

出典:Shopify

Shopifyは、80種類以上のテーマが用意されています。
Shopifyでの「テーマ」とは、デザインテンプレートのことで、ネットショップ全体のデザインや機能などを決める雛形です。

Shopifyのテーマはどれも、オシャレでスタイリッシュなデザインのものばかりです。

Shopifyのテーマの多くは有料ですが、無料のテーマも数種類あります。
無料のテーマでも十分、高品質なので、最初は無料のテーマでスタートしても良いでしょう。

有料テーマでも2万円台から購入できるので、プロに依頼してオリジナルデザインにしてもらう費用を考えれば、圧倒的に低コストで済みます。
もし気に入ったデザインがあれば、有料テーマの購入も検討してみましょう。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

気に入ったデザインに2~3万円のテーマ代でできるなら、安いと思います。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

確かに、オリジナルデザインのShopifyにする費用を考えれば、テーマを購入した方が安く済みますね。

直感的に操作できる管理画面なので使いやすい

管理画面の使いやすさは、思っている以上に重要です。
初心者に限らず、日々のネットショップ管理業務で、ストレスなく操作できる方が良いでしょう。

Shopifyの管理画面はデザイン性が高く、直感的な操作で使えるので、日々のネットショップ管理が楽にできます。
初心者でも、テーマを選び、画像やテキストを差し替え、商品を登録するだけでネットショップ作成できるので安心です。

もしShopifyを使っていて分からないことがあれば、マニュアルページ「Shopify ヘルプセンター」で調べれば、だいたいのことは解決できます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

管理画面の使いやすさは、結構大事なポイントです。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

日々の業務で触る管理画面が使いにくいのは嫌ですが、Shopifyなら安心ですね。

6000以上から選べるアプリで機能追加できる

充実した機能

Shopifyでは、標準のShopifyにはない機能を追加できるアプリがあります。
アプリは6000種類以上もあり、ネットショップ作成サービスでは最多です。

下記のような様々なカテゴリーのアプリが、無料・有料で用意されています。

  • 売上アップ
  • 配送
  • 在庫管理
  • 顧客管理
  • 財務・会計
  • 多言語・多通貨
  • レポート
  • ソーシャル
  • マーケティング

自社のネットショップに合ったアプリを追加することで、売上UPにつなげられたり、より効率的な運営ができるようになります。

有料のアプリは別途費用が掛かりますが、独自で機能を追加するための開発費を考えると、低コストで済みます。

ちなみに、もしあなたが開発者であれば、Shopifyが公開しているAPIで、自由にカスタマイズやアプリの作成が可能です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

Shopifyにアプリが6000種類以上もあるのには、さすがにビックリしました。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

まだまだ増え続けています。自分が欲しい機能のアプリが、新たに登場するかもしれないので、時々チェックした方が良いです。

SNSとの連携で販売とマーケティングが可能

Shopifyは、FacebookやInstagramと連携させることで、ターゲットの顧客層に向けた販売と、マーケティングが可能になります。

Shopifyを使用してFacebookやInstagramで販売すれば、在庫・マーケティング・顧客・販売データなどの情報を一括管理できる、様々なアプリや統合機能を利用できます。

また、下記をすべてShopifyで行うことができます。

  • 商品カタログを同期する
  • 最も人気のある商品の特長を発見して宣伝する
  • 広告キャンペーンを作成する

Shopifyを使えば、FacebookやInstagramの広告キャンペーンと注文内容を、作成・追跡・管理できます。
商品カタログを同期して、商品を適切なオーディエンスに表示し、その効果を追跡するなど、すべてをShopifyの管理画面で行うことができます。

ネットショップの売上を伸ばすのに、SNSの活用は欠かせないですが、Shopifyならスムーズに実現できます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

取り扱っている商品のジャンルにもよりますが、SNSを上手く活用できれば、大幅な売上UPも可能です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

ネットショップとSNSと別々で管理ではなく、Shopifyで一元管理できるのはスゴいですね。

楽天市場と簡単に連携できる

Shopifyは、楽天市場との連携が簡単にできます。
楽天市場は、約5万ショップが出店している、日本最大級のインターネット・ショッピングモールです。

Shopifyとの連携により、楽天市場における「商品登録・在庫管理・受注管理」業務を、Shopifyの管理画面にて簡単にできるようになります。
つまり、お客様があなたの楽天市場内ショップで購入した注文情報がShopifyと同期され、あなたはShopifyから離れずに在庫・発送管理することができるということです。

販売チャネル(顧客が実際に商品を購入する場所)が多岐に渡っていると、複数の販売チャネルを横断した管理が煩雑になってしまいます。
しかし、Shopifyと楽天市場を連携することで、管理が煩雑になる悩みを解決できます。

さらに、楽天市場で販売した注文データもShopifyに取り込まれ、管理画面で売上確認をすることができます。
どの商品がどちらのショップで人気なのか、というようなデータも簡単に取得し、運営に活かすことが可能です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

楽天市場でも販売しているネットショップは、Shopifyで一元管理できるので業務効率が上がります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

ネットショップ専門の担当者が少ない場合は、特に助かりますね。

国内外で、配送面の対応がしっかりしている

ネットショップにおいて、注文いただいた商品を、お客様に確実にお届けすることは重要です。
Shopifyなら、世界規模で配送できる体制が整っているので安心です。

Shopifyは、日本国内では、日本3大配送会社「ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便」と提携しています。
そして世界では、「FedEx、UPS、DHL」などの世界3大配送会社と提携しています。

Shopifyなら、配送面の対応がしっかりしているので、世界中を商圏にして販売できます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

Shopifyは、日本国内はもちろん、海外での配送にも強いです。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

越境ECで「配送の壁」は不安要素の1つですが、海外のお客様にも配送できるなら安心ですね。

基本的なSEO対策もバッチリ

SEO対策ができる

Shopifyは、基本的なSEO対策がしっかりできるようになっています。

ShopifyでできるSEO対策は下記の通りです。

  • 「titleタグ」「メタディスクリプションタグ」「ページのURL」の設定
  • すべての画像のファイル名・alt属性
  • 「sitemap.xmlファイル」と「robots.txtファイル」を自動生成
  • 重複コンテンツ防止のためのcanonicalタグを自動生成
  • ブログ機能で検索対策
ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

SEO対策をしたからと言って、すぐに検索順位が上がったりはしませんが、長期的に考えて早めに取り組んでおきましょう。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

Shopifyで基本的なSEO対策ができるようになっているなら、最初から取り組んでおけますね。

あらゆる決済方法に対応できる

豊富な決済手段

Shopifyでネットショップを作成すれば、クレジットカード決済などの様々なオンライン決済を簡単に導入できます。
日本に拠点を置いている決済サービス事業者だけでも、29種類の決済方法が導入可能です(2020年10月現在)。

導入できる決済サービスの中でもイチオシは、Shopifyが提供する「Shopifyペイメント」です。
Shopifyペイメントには、下記のメリットがあります。

  • 管理画面内で登録すれば、審査不要で利用開始できる
  • 決済手数料が国内最安水準
  • 決済手数料以外の追加料金がかからない
  • Apple PayやGoogle Payが使える
  • 管理画面にて、注文と決済をリアルタイムで確認できる
ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

特別な事情がない限り、最初にShopifyペイメントは使えるように設定しておきましょう。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

Shopifyを使っているなら、Shopifyペイメントを利用したほうが便利でお得ですよね。

購入ボタンを設置すれば、他のサイトでも販売可能

Shopifyの購入ボタンを設置することで、外部のWebサイトに商品を追加できます。
例えば、あなたが運営しているホームページやブログに、ショッピング機能を追加できます。

購入ボタンとは、商品を購入するためのショートカットのようなものです。
購入ボタンには「商品画像・説明・価格」が表示され、お客様がそのWebサイトを離れることなく、手軽に商品を購入できます。

ちなみに、Shopifyの管理画面で商品詳細を更新すると、更新した内容が購入ボタンにも反映されます。
Shopifyで一元管理しながらも、複数のWebサイトで販売できるので、購入につなげる入口を増やせて、売上UPを図れます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

Shopifyの購入ボタンを設置すれば、既に運営しているホームページやブログでもネット販売ができます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

既にアクセスがあるサイトに購入ボタンを追加することで、売上につなげられますね。

世界的有名人や有名企業もShopifyを利用

Shopifyは、世界的な有名人や有名企業でも利用されています。

一例として、国内では下記の企業で利用されています。

  • 土屋鞄製造所
  • BASE FOOD
  • Tabio
  • JMO
  • COHINA
  • ゴーゴーカレー

また、一例として、海外では下記の企業で利用されています。

  • Allbirds
  • ネスレ
  • ユニリーバ
  • レディガガ

Shopifyが、大手有名企業や世界的な著名人まで、国内外において多くのブランドに信頼されている証と言えます。

Shopify(ショッピファイ)のデメリット

とても評判が良いShopifyですが、デメリットもあります。

Shopifyの惜しい点・気になる点など、Shopifyの評判を下げているかもしれないデメリットについて解説します。

あなたがネットショップ作成サービスを選ぶ上で、Shopifyのデメリットが致命的なのか、それとも許せる範囲内なのか判断してください。

細かいところで英語対応の部分がある

Shopifyは全体的に日本語対応されているので、日本語で問題なく利用できます。
しかし、海外製のアプリなどは、まだ日本語対応していないものが多いです。

とは言え、英語版アプリでも直感的に操作できるものが多いので安心です。
Google翻訳を使用すれば、アプリの説明文などもだいたい理解できるので、それほど心配しなくても大丈夫です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

Shopifyの操作・オンラインマニュアル・サポートなどは、すべて日本語対応されているので心配不要です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

海外製のアプリを使うときだけ、必要に応じてGoogle翻訳を活用すれば、何とかなりますね。

日本での電話サポートは未対応

Shopifyは、メールやTwitterにて日本語対応のサポートをされています。
しかし、日本語での電話サポートは未対応です。

ただ、ヘルプページやメールサポートなどで、だいたい解決できるので大丈夫です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

メールやTwitterで日本語対応のサポートがされているなら、問題ないと思います。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

いつか、日本語対応の電話サポートも開始されることを期待しましょう。

オリジナルデザインには専門知識が必要

Shopifyは、専門知識ゼロの初心者でも、ネットショップ作成ができます。
テンプレートを選ぶだけで、プロが作ったハイクオリティなデザインにできます。

しかし、もしオリジナルデザインにしたい場合は、HTMLやCSSなどの専門知識が必要です。
自分でできない場合は、Shopifyを得意とした制作会社やWebデザイナーに依頼しましょう。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

オリジナルデザインには専門知識が必要なのは、Shopifyに限らず、他のネットショップ作成サービスでも同じです。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

オリジナルデザインにするなら、普通にサイト制作できるスキルは要りますよね。

アプリを追加し過ぎるとコストアップ

標準のShopifyに機能追加できるアプリは便利なのですが、有料アプリも多く追加し過ぎには要注意です。
追加し過ぎると、アプリの利用料金が大きくなり、ランニングコストが高くなっていまします。
余り活用していないアプリは削除して、必要なコストのみになるように整理整頓しましょう。

Shopify(ショッピファイ)のサポート体制

安心のメールサポート

初めてネットショップを自作する人にとって、Shopifyのサポート体制は特に気になるポイントだと思います。
「申し込んだは良いけど、ちゃんと使いこなせなかったらどうしよう?」と心配ですよね。

しかしShopifyでは、初心者でもネットショップを作成・運営できるよう、サポート体制が整っているので安心してください。

Shopifyでは下記のようなサポートがあります。

Shopifyヘルプセンター Shopifyのサポートの総合窓口になるようなページです。
Shopifyのよくある質問 主にShopifyを初めて使う人に向けて、Shopifyに関する質問に答えてくれるページです。
ビデオチュートリアル Shopifyの使い方を分かりやすく解説している動画が、YouTubeの公式チャンネルにアップされています。
オンラインセミナー ネットショップ構築や運用に活用できるセミナーを、オンラインで開催されています。
Shopifyコミュニティフォーラム Shopifyオーナー間で交流できるフォーラムです。Shopifyの活用法やネットショップ運営について、様々な話題が投稿されています。
Shopifyコミュニティ Shopifyでネットショップ運営している人はもちろん、Shopifyに興味がある人など、誰でも参加できる交流の場です。Facebookのグループを利用して交流しています。
メールサポート お問い合わせフォームからの問い合わせに対して、メールにて返信をもらえるサポートです。

Shopify(ショッピファイ)の料金プラン

料金プランについて

Shopifyの料金プランについて解説します。

プラン別の機能比較

Shopifyの料金プランは5つあります。

しかし、月額$9の【Shopify Lite】は、外部のWebサイトにカートを付けるだけの限定的な機能しかないので、ここでは外します。
また、月額$2,000の【Shopify plus】は、大企業や取引量の多いネットショップに対しての、企業向けソリューションの提供を目的としているので、ここでは外します。

そこで、Shopifyでメインになる、下記3つのプランについてご紹介します。

  ベーシック スタンダード プレミアム
月額料金 $29
(約¥3,293)
$79
(約¥8,972)
$299
(約¥33,960)
商品登録数 無制限 無制限 無制限
スタッフアカウント数 2 5 15
在庫のロケーション 最大4 最大5 最大8
クーポンコード
ギフトカード
レポート × 標準 高度
外部サービスの
計算済み配送料
× ×
オンラインクレジット
カード手数料(日本)
3.4% + 0円 3.3% + 0円 3.25% + 0円
複数の言語で販売 最大20 最大20 最大20
国際価格 ×

※日本円の月額料金は、2021年12月17日現在のレート「$1=¥113.58」にて計算。

詳しい機能比較は、Shopify (公式サイト)でご確認ください。

料金プランの選び方

多くの人は、【ベーシック】か【スタンダード】になるでしょう。

選ぶ上では、「ネットショップの売上規模」と「海外向けに販売するかどうか」がポイントです。

最初は小規模でスタート、かつ海外向けに販売はしないのであれば【ベーシック】で十分です。
ただし、小規模であっても海外向けに販売するのであれば【スタンダード】にしましょう。

最初から売上規模が大きくなりそうなのでしたら、【スタンダード】もしくは【プレミアム】にしましょう。
大規模だからこそ必要とされる機能の違いや、クレジットカード手数料の違いがあるので、上位プランの方が適している場合が多いです。

最終的に、どちらが適しているかの選択は、Shopify (公式サイト)にて料金プランの詳細を確認して決めてください。

無料プランや無料体験について

完全無料で試せる

Shopifyでは、無料プランはありません

しかし、14日間の無料お試しができます
完全無料で、管理画面の使いやすさや機能を試してみて、相性を確かめましょう。

Shopify(ショッピファイ)はこんな人にオススメ!

こんな人にオススメ!

Shopifyがオススメな場合と、オススメではない場合について解説します。

Shopifyがオススメな場合

Shopifyがオススメなのは、下記のようなネットショップ作成です。

  • 最初は小さく初めて、後に大きく成長させてたい
  • 最初から、もしくは後々、海外へ向けて商品を販売したい
  • 追加できる機能はたくさん欲しい
  • FacebookやInstagramと連携させて販売したい
  • 楽天市場と連携させて販売したい

Shopifyがオススメではない場合

Shopifyがオススメではないのは、下記のようなネットショップ作成です。

  • 固定の利用料金は無しで運営したい
  • 個人で副業感覚で小さく運営したいだけなので、少しでも利用料金を抑えたい
  • 海外へ向けて販売することはないので、少しでも利用料金を抑えたい

Shopify(ショッピファイ)のまとめ

今回は、Shopifyについて徹底解説しました。

Shopifyは、グローバルに展開されているだけあって、越境ECに強く、しかも低コストで始められます。
最初からは考えていなくても、いつかは海外へ向けて販売したいと考えているのなら、Shopifyを選ぶことをオススメします。

また、Shopifyならネットショップがどれだけ大きく成長しても、対応できる体制が整っています。
途中で、他のネットショップ作成サービスに乗り換えなくて済む、費用的・時間的なメリットが大きいです。

あなたに適したサービスかどうかは、14日間のお試し期間で確かめてみてください。

Let's share !

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマークに登録する
  • LINEで送る

関連記事

おすすめランキング

ネットショップ作成サービス部門

このページのトップに戻る