現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

法人向けクラウドストレージXserverドライブ

最終更新日:

Xserverドライブ(エックスサーバードライブ)の評判は!? 特徴・メリット・デメリットを徹底解説!

Xserverドライブのトップページ

出典:Xserverドライブ

Xserverドライブは、2022年10月13日まで、初期費用無料キャンペーンを実施しています。
新規申し込みの方は、初期費用¥11,000がもれなく無料になります。
詳しくは、Xserverドライブ(公式サイト)をご確認ください。

法人向けクラウドストレージを探している中でXserverドライブ(エックスサーバードライブ)の評判を聞いて、気になっている人も多いのではないでしょうか?

良い評判が多くても、良くない評判もあると、使おうか迷ってしまいますよね。
実際のところはどうなのか、Xserverドライブの評判の真相が気になると思います。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

Xserverドライブの評判や、評判の真相は?
Xserverドライブのメリットやデメリットは?
Xserverドライブは自社に向いている?

今回は、Xserverドライブに関する、上記のような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ネット上で見つけたXserverドライブの評判
  • Xserverドライブの特徴やメリット・デメリット
  • Xserverドライブのサポート体制や費用
  • Xserverドライブがオススメの場合、オススメではない場合

本記事の執筆者

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
私は、現役のWebデザイナーとして、ホームページ制作会社の代表をしています。

本記事は、以下のような人にオススメです

  • Xserverドライブの評判や、Xserverドライブの評判の真相を知りたい
  • Xserverドライブのメリットとデメリットを知った上で検討したい
  • Xserverドライブが自社に向いているかを判断したい

本記事を読むことで、Xserverドライブが自社に向いているクラウドストレージサービスかどうかを判断できます。

結論を先に言うと

Xserverドライブは、気軽にクラウドストレージを導入したい法人に最適なサービスです。
エックスサーバーが運営しているということで、信頼度も抜群です。

では、Xserverドライブ(エックスサーバードライブ)の評判について徹底解説していきます!

なお、姉妹サービスの中でメインの「エックスサーバー」についての解説は『エックスサーバーの評判は!? 特徴・メリット・デメリットを徹底解説!』をご覧ください。

このページの目次

Xserverドライブの評判・口コミ・レビュー

ネットで見つけた評判・口コミ

インターネット上にある、Xserverドライブの評判・口コミ・レビューについて調べました。

あくまで、Xserverドライブについて個人的な感想なので、あなたにも当てはまるとは限りません。
Xserverドライブを検討する上で、参考としてご覧ください。

Xserverドライブの良い評判・口コミ・レビュー

ネット上で見つけた、Xserverドライブの良い評判・口コミ・レビューです。
調べていて気になった、Xserverドライブの良い評判・口コミ・レビューをピックアップしました。

ユーザー無制限と電話サポートがあるのは大切

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

Xserverドライブは、どれだけユーザーが増えても定額の安心感と、何か困っても電話で問い合わせできる安心感があります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

ITが苦手な法人ほど、電話サポートがあるのは心強いですね。

ファイル共有で個別にパスワードかけられるの良いね

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

XserverドライブのURLリンク共有機能では、ファイルにパスワードを掛けたり、外部からの閲覧に有効期限を設定できます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

それなら安心してURLリンク共有を使えますね。

Xserverドライブの良くない評判・口コミ・レビュー

ネット上で見つけた、Xserverドライブの良くない評判・口コミ・レビューです。
調べていて気になった、Xserverドライブの良くない評判・口コミ・レビューをピックアップしました。

申し込んでみたけどクラウドで2ギガて…何するん?

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

Xserverドライブの無料プランは、ストレージ容量上限が2GBと少ないので、法人で利用するためと言うより、お試しで使ってみるためのプランです。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

使い勝手を試してみて活用できそうなら、有料プランにして本格導入すれば良いですね。

1年契約してみたが、あまりうまく使えなかった

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

Xserverドライブを契約したものの、上手く活用できなかったようです。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

法人によっては、クラウドストレージがそれほど活躍しない場合もあるでしょうね。

Xserverドライブとは?

Xserverドライブとは何かについて解説します。

ビジネス利用に特化した「法人向けクラウドストレージ」

Xserverドライブ

Xserverドライブ(エックスサーバードライブ)は、エックスサーバー株式会社が運営する「法人向けクラウドストレージ」です。
クラウドストレージとは、各種ファイルを保管できる場所を、インターネット上で提供するサービスのことです。
ただ保存しておけるだけではなく、ビジネスに活用できる便利な機能が備わっています。

ちなみにエックスサーバー株式会社は、国内シェアNo.1のレンタルサーバー「エックスサーバー」を約20年運営しています。
Xserverドライブには、長年のエックスサーバー運営で培われた、同社のノウハウが活かされており、安心かつ快適に利用できます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

リモートワークの普及が進む中で、クラウドストレージを導入する法人が増えています。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

自宅や外出先からも、共有ファイルにアクセスできるのは便利ですよね。

経済産業省より「スマートSMEサポーター」として認定

Xserverドライブを運営しているエックスサーバー株式会社は、2022年4月28日、経済産業省より「情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)」として認定されました。

情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)制度とは、中小企業者等の生産性を高めるためのITツールを提供し、導入から実運用を支援する企業を「情報処理支援機関」として認定する制度です。

エックスサーバー株式会社が運営するすべてのサービスに対しての認定ではなく、Xserverドライブと法人向けレンタルサーバー『Xserverビジネス』に対しての認定です。

法人向けクラウドストレージとは?

そもそも「法人向けクラウドストレージ」とな何なのかについて解説します。

そもそも「クラウドストレージ」とは?

クラウドストレージ

クラウドストレージとは、各種ファイルを保管できる場所を、インターネット上で提供するサービスのことです。
以前は「オンラインストレージ」とも呼ばれていましたが、今は「クラウドストレージ」が一般的な呼び方になっています。

クラウドストレージは、インターネット上に保管できる特性を活かして、複数人でのファイル共有や、データのバックアップなどに活用されています。
そして、個人で気軽に利用できるものから、法人向けのものまで、様々なタイプのクラウドストレージがあります。

法人向けクラウドストレージは、法人向けに特化しているので、ビジネス利用で役立つ機能が充実しています。
(ちなみに、「法人向け」となっていますが、個人でも利用可能です)

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

個人利用・ビジネス利用関係なく、クラウドストレージは一般的なサービスになっています。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

インターネット上に保管しておけるのは便利ですよね。

法人でクラウドストレージを利用するメリット

法人でクラウドストレージを利用するメリットは、以下の通りです。

  • 社内外でファイル共有できる。
  • データのバックアップに利用できる。
  • 社外からもファイルにアクセスできる。
  • 共有ファイル保管コストを削減できる。

社内外でファイル共有できる

クラウドストレージは、インターネット環境があれば、どこからでもアクセスできます。
場所を選ばないので当然、社外からもアクセスできます。
それも、パソコンに限定されず、スマホやタブレットからも利用可能です。

複数人で同じファイルの共有ができるので、業務の効率化につながります。

データのバックアップに利用できる

社内のファイルサーバーであれば、火災や自然災害などの不測の事態によって物理的に損壊するリスクがあり、ファイルを消失してしまう可能性があります。

しかし、クラウドストレージであれば、何重にも保護され、バックアップ体制が整っています。

そのため、万が一のファイル消失リスクを抑えることができます。

社外からもファイルにアクセスできる

クラウドストレージに保管してあるファイルには、社外からもアクセスできるので、リモートワークにも活用できます。

昨今の情勢から、リモートワークを推進する法人が増えていますが、機密情報漏洩を懸念して、なかなか進められない場合も多いです。

しかし、クラウドストレージがあれば、社員が個々にファイルを持ち帰ることなく、オンラインでファイルにアクセスできます。

共有ファイル保管コストを削減できる

社内で独自に、共有ファイルを保管する仕組みを構築するとなると、サーバーなどの設備投資だけでも数百万円クラスの費用が掛かります。
さらに、共有ファイルを保管する仕組みの管理や、運営のための人件費も発生します。

しかし、クラウドストレージであれば、月額数千円で十分なサービスを利用できます。
その費用で、常にメンテナンスの行き届いた状態で利用できるので、運用の手間が掛かりません。

クラウドストレージを利用すれば、共有ファイル保管のためのコストを、圧倒的に削減できます。

Xserverドライブの評判を上げている特徴・メリット

Xserverドライブの評判が良い、具体的な要因は何なのでしょうか?
「Xserverドライブは評判が良い」という理由だけで選ぶと、「自分には合っていなかった」ということになりかねません。

あなたがXserverドライブを選ぶ理由があるかどうか、特徴やメリットを知った上で判断してください。
Xserverドライブの評判を上げている特徴やメリット
は以下の通りです。

  • 大容量1TBが月額¥2,970からの低コスト、しかもユーザー数無制限
  • 無料で使えるフリープランもある
  • URL1つで大容量データを共有できる
  • 部署やスタッフ別に権限を設定でき、柔軟にファイル管理できる
  • 専用アプリを使えば、社外からでもファイルにアクセス可能
  • 様々なセキュリティリスクについての対策が万全
  • エックスサーバー運営のノウハウが活かされた快適な高速環境

大容量1TBが月額¥2,970からの低コスト、しかもユーザー数無制限

低価格で利用できる

Xserverドライブは、大容量HDD 1TBからのプランがあり、月額¥2,970からの低コストで利用できます。

1TBと聞いてもピンと来ないかもしれません、一般的なノートパソコンの内蔵ハードディスクは500GB ~ 1TBが主流なので、かなりのファイル数が入ります。

例えば、以下のようなボリュームがあります。

  • マイクロソフトのOfficeファイル:650万ページ
  • 1,200万画素のデジタルカメラで撮影した写真: 25万枚
  • 2時間のフルHD撮影動画:83本
  • 音楽データ:20万曲

Xserverドライブでは、HDDで最大4TB、SSDで最大5TBのプランまで用意されているので、状況に合わせてプランアップできます。

また、Xserverドライブの全プランでユーザー数が無制限なので、何人で使っても利用料金は定額です。
社員数が多い企業でも、人数を気にせず使うことができます。

Xserverドライブは、自由にユーザー追加可能で定額なので、コスパが高いクラウドストレージです。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

ユーザーが増える度に課金されるクラウドストレージもありますが、Xserverドライブなら定額なので、法人の規模を問わず導入しやすいです。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

月額3千円位から利用できるなら、気軽に導入できますね。

無料で使えるフリープランもある

無料で使える

Xserverドライブには、完全無料で使える[フリープラン]もあります。
ストレージ容量上限は2GBなので、かなり少ないですが、試しに使ってみるには十分です。

クラウドストレージ自体を使ったことがない人も、クラウドストレージがどんなものかも含めて、気軽にお試しができます。

URL1つで大容量データを共有できる

URL1つで大容量データを共有できる

大容量データをメールに添付するのはマナー違反になります。
また、送信に時間が掛かったり、セキュリティ上の問題で届かないこともあります。

しかし、Xserverドライブを使えば、URLを1つ送るだけで、大容量データを簡単に共有できます。
面倒な設定は不要なので、取引先へ大量の画像や動画を送りたいときにも便利です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

社内だけでなく、社外でアカウントを持っていない人とも共有できます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

URL1つで共有できる簡単さは助かります。

部署やスタッフ別に権限を設定でき、柔軟にファイル管理できる

部署やスタッフ別に権限を設定でき、柔軟にファイル管理できる

Xserverドライブは、グループの設定やユーザーへの権限付与など、組織の規模や体制に応じて柔軟にファイル管理ができます。

ディレクトリやファイルの公開対象に特定のグループを指定しておけば、そのグループに所属するユーザーのみが閲覧できます。

全社員がすべてのファイルにアクセス可能にするのではなく、機密情報の閲覧を特定の部署やスタッフのみに限定することも簡単です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

確かに、社員みんなが、すべてのファイルにアクセスできるってもは、セキュリティ的に心配ですよね。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

Xserverドライブなら細かに権限管理できるので、規模が大きい組織でも使いやすいです。

専用アプリを使えば、社外からでもファイルにアクセス可能

リモートワークに便利

Xserverドライブには、専用のアプリがあります。
専用アプリは、スマホやタブレットで使える「iOS版」と「Android版」、デスクトップ端末で使える「Windows版」と「MacOS版」の計4つがあります。

アプリがインストールされている端末とインターネット環境さえあれば、場所を選ばず、いつでもファイルにアクセスができます。

Xserverドライブを活用できれば、リモートワークや、社外での商談の際に便利です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

リモートワークで社員が別々の場所に居ても、Xserverドライブがあれば、作業の効率化が図れます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

社外に居ても、すぐに必要なファイルを閲覧できるなら、出張のときも便利ですね。

様々なセキュリティリスクについての対策が万全

万全のセキュリティ対策

複数人でファイル共有するとなると、一番心配なのが「情報漏えい」ではないでしょうか。
情報漏えいが心配で、クラウドストレージ導入に踏みきれない法人も少なくないようです。

Xserverドライブでは、様々なセキュリティリスクについて、以下の対策がされています。

  • ユーザーの動向が把握し、不審な動向がないか監視
  • 通信を暗号化してデータの盗聴・改ざん対策
  • アクセス制限機能で不正アクセスを遮断
  • 万が一に備えたバックアップ機能
  • パスワード漏えいによる侵入を防ぐ2段階認証
  • セコムセキュリティ診断でネットワーク上の脆弱性を定期診断

ユーザーの動向が把握し、不審な動向がないか監視

Xserverドライブには、「ユーザー操作ログ」機能「管理者操作ログ」機能があります。
ファイルの利用履歴やユーザーの動向が把握でき、不審な動向がないか監視できます。

Xserverドライブなら、何か問題があったときに原因の追求ができたり、未然に防ぐことができます。

通信を暗号化してデータの盗聴・改ざん対策

Xserverドライブは、標準でSSLに対応しているので、安全な通信を利用できます。
SSLとは、サーバーとユーザーとのやり取り(通信)を暗号化するための仕組みです。

ファイルのアップロード時やダウンロード時の転送データは、すべて暗号化されているので、盗聴や改ざんなどから守ってくれます。

アクセス制限機能で不正アクセスを遮断

Xserverドライブへのアクセスを、指定したIPアドレスやホストのみに制限できます。
指定外のIPアドレスやホストからのアクセスは、すべて遮断されるので、特定の端末からのアクセスに限定したい場合に便利です。

クラウドストレージの閲覧を、関係者のみに制限したい場合などに活用できる機能です。

万が一に備えたバックアップ機能

Xserverドライブは、過去データを保持するバージョン機能を搭載しています。
もし、誤ってファイルを消してしまったり、上書きしてしまっても、簡単にファイルの復元が可能なので安心です。

パスワード漏えいによる侵入を防ぐ2段階認証

Xserverドライブには、クラウドストレージを使用する際、短時間のみ有効な「確認コード」を用いて本人認証を行う機能があります。
2段階認証があるので、より厳重に不正アクセスを防止できます。

セコムセキュリティ診断でネットワーク上の脆弱性を定期診断

Xserverドライブでは、セコムトラストシステムズ社のセキュリティ診断サービスで、ネットワーク上の脆弱性を厳格に診断されています。
客観的なセキュリティチェックを、定期的に実施することで、より早く脆弱性に対応できる体制があるので安心です。

エックスサーバー運営のノウハウが活かされた快適な高速環境

高速表示・高安定性に優れたレンタルサーバー

Xserverドライブを運営するエックスサーバー株式会社は、レンタルサーバー「エックスサーバー」の運営もしています。
エックスサーバーは、同社の主力のサービスで、レンタルサーバーとして国内シェアNo.1かつ国内最速を誇っています。

Xserverドライブには、そのエックスサーバーのエックスサーバー運営のノウハウが活かされた快適な高速環境が整っています。
高性能サーバーを採用し、国内最大級のバックボーン回線で直結されているので、快適なデータ通信が可能です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

Xserverドライブは、エックスサーバーが運営しているクラウドストレージサービスなので、信頼度も抜群です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

クラウドストレージって結局はサーバーなので、高性能サーバーを使えるのは心強いですね。

Xserverドライブの評判を下げているデメリット

とても評判が良いXserverドライブですが、デメリットもあります。

あなたが法人向けクラウドストレージを選ぶ上で、Xserverドライブのデメリットが致命的なのか、それとも許せる範囲内なのか判断してください。
Xserverドライブの評判を下げているかもしれないデメリットは以下の通りです。

  • 複数人で共有できる特性上、情報漏えいに注意する必要あり
  • 万が一のサーバー障害時にはアクセスできない

複数人で共有できる特性上、情報漏えいに注意する必要あり

Xserverドライブに限ったデメリットではないのですが、クラウドストレージは複数人で共有できる特性上、情報漏えいに注意する必要があります。
悪意を持ったユーザーによって、機密ファイルを持ち出しされ、外部に情報漏えいしてしまう可能性がゼロではありません。

しかし、Xserverドライブには、ファイルの利用履歴やユーザーの動向が把握でき、不審な動向がないか監視できる機能があります。
何か問題があったときに原因の追求ができたり、未然に防ぐことができます。

また、Xserverドライブは、部署やスタッフ別に権限を設定できる機能があります。
クラウドストレージの領域を柔軟に管理できるので、特定の部署やスタッフのみが閲覧できる状態も作れます。

ちなみに、第三者によるデータの盗聴・改ざん対策がされているので、セキュリティ的な心配は不要です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

Xserverドライブがいくらセキュリティ対策をしていても結局、使うのは「人」なので、社員をどこまで信用できるか…という問題もあります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

これは「クラウドストレージを使うか、他の仕組みを使うか」以前の問題ですね。

万が一のサーバー障害時にはアクセスできない

Xserverドライブに保管してあるファイルは、万が一の、Xserverドライブのサーバー障害時にはアクセスできません。
必要なときに、ファイルの閲覧やダウンロードができなくなる可能性があります。

しかし、Xserverドライブを運営しているエックスサーバー株式会社は、高い安定性のサーバー運営の技術やノウハウが豊富です。
サーバー障害は滅多に起こらないですし、起こったとしても短時間で復旧することはほとんどです。

ちなみに、同系列のレンタルサーバー「エックスサーバー」は、創業以来99.99%以上の稼働率を堅持されています。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

サーバー障害は、そう頻繁に起こることではないので、余り心配しなくても大丈夫です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

99.99%以上の稼働率を出せているエックスサーバー系列のサービスなら安心できますね。

Xserverドライブの評判を支えるサポート体制

安心の電話サポート

Xserverドライブのサポート体制は気になるポイントだと思います。
「申し込んだは良いけど、ちゃんと使いこなせなかったらどうしよう?」と心配ですよね。

しかし、Xserverドライブはサポート体制が整っているので安心してください。

Xserverドライブでは以下のようなサポートがあります。

サポートサイト Xserverドライブの使い方について、分かりやすく解説してあるマニュアルもあります。だいたいのことは、マニュアルで解決できます。
メールサポート お問い合わせフォームから問い合わせれば、メールにて返信をもらえます。
チャットサポート 気軽にチャットで質問することができます。
電話サポート 電話にて問い合わせることができます。

評判からわかるXserverドライブがオススメな法人

こんな人にオススメ!

Xserverドライブがオススメな場合と、オススメではない場合について解説します。

Xserverドライブがオススメな場合

Xserverドライブがオススメできるのは、以下のような場合です。

  • 低コストでクラウドストレージを利用したい。
  • 社内の部署や役職ごとに、アクセスできる部分を限定したい。
  • リモートワークを推進したい。
  • セキュリティ対策がしっかりされているクラウドストレージが良い。
  • サーバーの性能も重視したい。

低コストでクラウドストレージを利用したい

Xserverドライブは、大容量1TBが月額¥2,970からの低コストで利用できます。
しかも、ユーザー数が無制限なので、どれだけユーザーが増えても利用料金は定額です。

月額約3千円で、高性能かつ安心・安全のクラウドストレージを利用できるのは高コスパです。

社内の部署や役職ごとに、アクセスできる部分を限定したい

Xserverドライブは、社内の部署や役職ごとに、権限付与の設定が可能です。
組織の規模や体制に応じて柔軟にファイル管理ができるので、機密情報の閲覧を特定の部署やスタッフのみに限定することも簡単です。

リモートワークを推進したい

Xserverドライブを使えば、どこにいてもインターネット環境さえあれば、共有ファイルにアクセスできます。
パソコンはもちろん、スマホやタブレットからも可能です。

リモートワークを推進したい法人には、最適なサービスです。

セキュリティ対策がしっかりされているクラウドストレージが良い

Xserverドライブは法人向けなので、安心してビジネスに利用できるように、以下のセキュリティ対策がされています。

  • ユーザーの動向が把握し、不審な動向がないか監視
  • 通信を暗号化してデータの盗聴・改ざん対策
  • アクセス制限機能で不正アクセスを遮断
  • 万が一に備えたバックアップ機能
  • パスワード漏えいによる侵入を防ぐ2段階認証
  • セコムセキュリティ診断でネットワーク上の脆弱性を定期診断

クラウドストレージ導入で心配されることが多い、「情報漏えい」への対策がされているので、安心して導入できます。

サーバーの性能も重視したい

Xserverドライブは、国内最速のレンタルサーバー「エックスサーバー」を運営するエックスサーバー株式会社の技術が活かされています。
長年のエックスサーバー運営で培われた技術で、クラウドストレージを快適に利用できます。

Xserverドライブがオススメではない場合

Xserverドライブがオススメできないのは、以下のような場合です。

  • 社長も含めて2~3人以下の会社なので、各自で管理すれば十分。
  • いくらセキュリティ対策がされているとは言え、情報漏えいが心配。

社長も含めて2~3人以下の会社なので、各自で管理すれば十分

Xserverドライブは低コストで利用できるとは言え、月額3千円位は掛かります。
少人数の法人で、共有ファイルを活用するメリットを感じられないようであれば、Xserverドライブは不要かもしれません。

いくらセキュリティ対策がされているとは言え、情報漏えいが心配

Xserverドライブは、様々な状況を想定して、いくつものセキュリティ対策がされています。
長年、レンタルサーバーを運営しているエックスサーバー株式会社のノウハウが活かされているので、セキュリティ的な心配は不要です。

しかし、それでも「情報漏えいが心配」と言うのであれば、インターネットにつながっていないサーバーを自社で設置する方法が良いかもしれません。

Xserverドライブの評判を知ってよくある質問

よくある疑問にお答えします

Xserverドライブについての、よくある疑問にお答えします。

Xserverドライブは途中でプラン変更できる?

Xserverドライブは、上位プランへの変更のみ可能です。
プラン変更希望月の前月1日~20日までに管理画面にて申請すれば、翌月1日から上位プランへ変更されます。

注意点として、以下の場合はプラン変更の申請ができません。

  • 自動更新設定が行われている場合
  • 更新手続き済み(請求情報が発行されている)の場合
  • 定額プランと課金プラン間での変更
  • 「HDD」→「SSD」といった、異なるストレージへの変更
  • エンタープライズプランへの変更

URLリンク共有機能で情報漏えいにつながるのが心配

XserverドライブのURLリンク共有機能を使用することで、アカウントを持たないユーザーへディレクトリやファイルの共有が可能です。

そして、URLリンク共有機能のセキュリティ対策として、以下の設定ができます。

  • パスワード保護(ファイルの閲覧にパスワードを設定)
  • 有効期限設定(外部からの閲覧可能な期限を設定)

上記の機能も同時に活用することで、セキュリティ的なリスクを抑えることが可能です。

個人向けクラウドストレージとは何が違うの?

個人で気軽に使えるタイプのクラウドストレージとの大きな違いは、以下の2つです。

  • 安心してビジネス利用できるように、セキュリティ対策が強化されている。
  • 社内の複数人で利用しやすい機能が充実している。

上記でも特に、法人利用で一番重要視されるのは「セキュリティ対策」です。
Xserverドライブでは、様々な状況を想定して何重ものセキュリティ対策がされています。

安心かつ便利にビジネス利用できるのが、法人向けクラウドストレージ「Xserverドライブ」です。

Xserverドライブの料金プラン

料金プランについて

Xserverドライブの料金プランについて解説します。

料金プラン別の機能比較

Xserverドライブの料金プランは、無料プランも含めて全部で5つあります。
その中でも、よく検討される、最安から4つ目までのプランをご紹介します。

  フリー スモールビジネス ビジネス ビジネスプラス
月額費用 ¥0 ¥2,970 ¥5,940 ¥11,880
初期費用 ¥0 ¥11,000 ¥11,000 ¥11,000
ユーザー数 無制限 無制限 無制限 無制限
ストレージ
容量上限
HDD なし
SSD 2GB
HDD 1TB
SSD 500GB
HDD 2TB
SSD 1TB
HDD 4TB
SSD 2TB
独自ドメイン
ファイルサイズ上限 100MB 5GB 5GB 5GB
電話サポート ×

※ストレージは、HDDかSSDかの1つを申込時に選択します。ストレージ容量上限とは、それぞれでの容量上限のことです。

※詳しい機能比較は、Xserverドライブ(公式サイト)でご確認ください。

おすすめのプラン / 料金プランの選び方

最初は[スモールビジネスプラン]で始めることがオススメです。
使用している容量が上限を超えそうになったときに、プランアップを検討しましょう。

無料プランや無料体験について

完全無料で試せる

Xserverドライブは無料プランがあります。

そして、10日間の無料お試しができます
有料プランも、完全無料で管理画面の使いやすさや機能を試すことができます。

Xserverドライブの評判は本当なのか?
実際にXserverドライブを使って、相性を確かめてみましょう!

Xserverドライブの評判を無料で試す申込方法

Xserverドライブは無料体験があるので、完全無料で試すことが可能です。

Xserverドライブの申し込みは簡単なので、3分で完了します。

まず、Xserverドライブ(公式サイト)にアクセスして、ページ右上の【お申し込み】ボタンを押してください。

【お申し込み】ボタンを押した後の流れは、以下の通りです。

  1. 【10日間無料お試し 新規お申込み】ボタンを押す。
  2. プランを選択する。
  3. メールアドレスや名前などの情報を入力する。
  4. 「アカウント設定完了のお知らせ」というタイトルのメールが届く。

以上で申込み完了です。

申し込みより10日間は、お試し期間として無料でXserverドライブを利用できます。
本契約する場合は、お試し期間が終わる前に支払いを済ませてください。

Xserverドライブの評判のまとめ

今回は主に、Xserverドライブの評判やメリット・デメリットについて徹底解説しました。

Xserverドライブのメリットは以下の通りです。

  • 大容量1TBが月額¥2,970からの低コスト、しかもユーザー数無制限
  • 無料で使えるフリープランもある
  • URL1つで大容量データを共有できる
  • 部署やスタッフ別に権限を設定でき、柔軟にファイル管理できる
  • 専用アプリを使えば、社外からでもファイルにアクセス可能
  • 様々なセキュリティリスクについての対策が万全
  • エックスサーバー運営のノウハウが活かされた快適な高速環境

そして、Xserverドライブのデメリットは以下の通りです。

  • 複数人で共有できる特性上、情報漏えいに注意する必要あり
  • 万が一のサーバー障害時にはアクセスできない

また、Xserverドライブがオススメな人は以下の通りです。

  • 低コストでクラウドストレージを利用したい。
  • 社内の部署や役職ごとに、アクセスできる部分を限定したい。
  • リモートワークを推進したい。
  • セキュリティ対策がしっかりされているクラウドストレージが良い。
  • サーバーの性能も重視したい。

Xserverドライブは、気軽にクラウドストレージを導入したい法人に最適なサービスです。
エックスサーバーが運営しているということで、信頼度も抜群です。

なお、姉妹サービスの中でメインの「エックスサーバー」についての解説は『エックスサーバーの評判は!? 特徴・メリット・デメリットを徹底解説!』をご覧ください。

このページのトップに戻る