現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

グーペSEO対策

最終更新日:

グーペのSEO対策を徹底解説

SEO対策
ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
ホームページ制作会社の代表であり、現役のWebデザイナーでもある僕が、初心者でも使えるホームページ作成サービスについて解説しています。

ホームページ作成サービス「グーペ」では、様々なSEO対策ができるようになっています。
グーペは、title属性やdescription属性などの基本的にSEO設定ができます。

今回は、グーペのSEO対策について解説します。
こちらの記事を読むことで、グーペのSEO対策について知ることができ、グーペがあなたに向いているホームページ作成サービスかどうかの判断材料になります。

なお、グーペについての全体的な解説はグーペを徹底解説をご覧ください。

グーペのSEO対策とは?

グーペのSEO対策とはどういうものか解説します。

そもそも「SEO」とは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」になります。
要は、検索エンジンの検索結果での上位表示対策です。

Googleなどの検索エンジンで検索されたとき、検索結果の上位に自分のホームページが表示されていた方が、クリックして訪問してもらいやすくなります。

上位表示されるためには、検索エンジンに最適化されたWebページを作成する必要があり、ジンドゥーではSEOの設定ができます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

上位表示させるには、SEO設定以外にも、より良いコンテンツが載せてあるホームページにする必要があります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

ホームページ全体でSEO対策をして行かないといけませんよね。

グーペでSEO対策ができる

グーペでは、SEO対策の設定を、管理画面にて簡単にできるようになっています。
基本的なSEO対策はできるようになっているので、必ず各設定をしておきましょう。

グーペでできる主なSEO対策

グーペでできる主なSEO対策について解説します。

各ページのタイトル(title属性)設定

グーペでは、トップページとフリーページのタイトル(title属性)を設定できます。

タイトル(title属性)に設定した内容は、Googleなどの検索エンジンの検索結果ページで、ヒットしたページのタイトルとして表示されます。

また、ページを開いている状態でブラウザのタブにも表示されます。

タイトル(title属性)の文言は検索順位にも関係するので、必ず設定しておきましょう。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

ページの内容を端的に表しているタイトル(title属性)は、SEO対策で重要な要素です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

タイトル内には、不自然にならない程度にキーワードを含ませておくことがポイントですね。

各ページの説明文(description属性)設定

グーペでは、トップページとフリーページの説明文(description属性)を設定できます。

説明文(description属性)に設定した内容は、Googleなどの検索エンジンの検索結果ページで、ヒットしたページのタイトルのすぐ下に、ページの説明文として表示されます。

説明文(description属性)の文言は、直接的には検索順位に影響しません。
しかし、検索結果ページでクリックしてもらえる確率に影響するので、忘れず設定しましょう。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

説明文(description属性)は直接、検索順位には無関係です。ただし、クリック率を上げてアクセスを増やすことにより、間接的に順位に影響する可能性があります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

検索結果ページを見て、どのサイトをクリックするか、タイトル下の説明文も見て判断される場合もあるので大切ですね。

Google Search Consoleに簡単登録

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とは、Googleが無料で提供しているインターネット検索の分析ツールです。
Google検索キーワードでの表示回数・順位の推移や、サイトが抱えている問題点などを確認できます。
ホームページを改善するのに役立ち、SEO対策には必須のツールです。

グーペでは管理画面にて、Google Search Consoleに簡単に登録できます(※登録するホームページの所有者確認が必要です)。

そして、Google Search ConsoleにXMLサイトマップのURLを送信できます。
XMLサイトマップとは、ホームページ内の各ページのURL・最終更新日などを記述したXML形式のファイルです。

XMLサイトマップによって、ホームページ内の構造をGoogleに分かりやすく伝えることができます。
そうすると、クローラーと呼ばれる検索エンジンの巡回ロボットによって、検索エンジンのデータベースにインデックス(登録)されやすくなります。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

Google Search ConsoleにXMLサイトマップを登録することは、SEO対策で必須です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

サイト訪問者が見ないサイトマップなので軽視しがちですが、重要な役割があるのですね。

グーペのSEO対策のまとめ

今回は、グーペのSEO対策について解説しました。

グーペは、基本的なSEO対策が簡単にできるようになっています。
初心者が取っ付きにくいGoogle Search Consoleも、簡単に利用できるようになっているので、難しいことが苦手な人にもオススメです。

なお、グーペについての全体的な解説はグーペを徹底解説をご覧ください。

Let's share !

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマークに登録する
  • LINEで送る

グーペの関連記事

このページのトップに戻る