現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

Shopify(ショッピファイ)テーマ

最終更新日:

Shopify(ショッピファイ)のテーマを徹底解説!

Shopify(ショッピファイ)のテンプレート

出典:Shopify

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
ホームページ制作会社の代表であり、現役のWebデザイナーでもある私が、初心者でも自作できるネットショップ作成サービスについて解説しています。

ネットショップ作成サービス「Shopify(ショッピファイ)」は、80種類以上のテーマが用意されています。
Shopifyで言う「テーマ」とは、いわゆる「デザインテンプレート」のことです。
Shopifyのテーマはどれも、オシャレでスタイリッシュなデザインのものばかりです。

今回は、Shopifyのテーマについて解説します。
この記事を読むことで、Shopifyのテーマについて知ることができ、Shopifyがあなたに向いているネットショップ作成サービスかどうかの判断材料になります。

なお、Shopifyについての全体的な解説はShopifyを徹底解説をご覧ください。

Shopify(ショッピファイ)のテーマとは?

テーマとは、ネットショップ全体の基礎となるデザインテンプレートのことです。
デザインテンプレートは、一般的には「テンプレート」と呼ばれることも多いですが、Shopifyでは「テーマ」と呼んでいます。

テーマを変えることで、ネットショップ全体のデザインを変えることができます。
テーマによって、機能的な違いが出る部分もあります。

Shopify(ショッピファイ)のテーマの特徴・メリット

Shopifyのテンプレートの特徴・メリットについて解説します。

80種類以上からプロがデザインしたテーマを選べる

Shopifyは、80種類以上のデザインテンプレートが用意されています。
無料と有料のテーマがあり、それぞれの数は下記の通りです(2021年12月24日現在)。

  • 無料:10種類
  • 有料:71種類

無料テーマは少なめですが、どれもハイクオリティなデザインなので、無料でも十分だと思います。

有料テーマでも2万円台から購入できるので、もし気に入ったテーマが見つかれば、購入するもの良いでしょう。
プロに依頼してオリジナルデザインにする費用を考えれば、2~3万円のテーマ代は安いと言えます。

ちなみにテーマは、Shopify公式サイトにて、下記の業界別カテゴリーから探すこともできます。

  • アートとエンターテイメント
  • ビジネス機器と事務用品
  • 衣料品とアクセサリー
  • 電化製品
  • 食料品・飲料
  • ハードウェアと自動車
  • 健康と美容
  • ホーム&ガーデン
  • ペット用品
  • スポーツとレクリエーション
  • おもちゃとゲーム

上記はあくまで、探しやすいようにShopify側が分けているだけなので、この業界しか対応していない訳ではありません。
この業界別カテゴリーにとらわれず、あなたが気に入ったテーマを選んでください。

すべてレスポンシブWebデザイン

レスポンシブWebデザイン対応のホームページ

Shopifyのテーマは、すべてレスポンシブWebデザインです。

レスポンシブWebデザインとは、ユーザーのデバイス(パソコン・スマホ・タブレットなど)に応じて、最適なレイアウトで表示させる手法です。
例えば、パソコンでアクセスすればパソコン版が、スマホでアクセスすればスマホ版が自動で表示されます。

今は、Webサイトへのアクセスの過半数がスマホからなので、スマホに対応させた表示は必須です。
スマホ対応していないネットショップは、過半数以上のユーザーを逃す可能性があるからです。

Shopifyのテーマを利用しているだけで、スマホ対応ができているので、あなたはスマホ対応のために何もしなくて大丈夫です。

オリジナルデザインにカスタマイズできる

オリジナルデザインもできる

Shopifyは、Webの専門知識ゼロの初心者でも、ネットショップ作成ができるようになっています。
好みのテーマを選んで適用させるだけで、サイト全体のデザインが決まるので、1からデザイン作成をする必要はありません。

しかし、ネットショップによっては、既存のテーマを使わず、オリジナルのテーマにしたい場合もあるでしょう。
オリジナルのテーマであれば、既存のテーマの仕様に縛られず、自由に表現することができます。

そのような場合、Shopifyではオリジナルのテーマを構築することも可能です。
オリジナルのテーマ作成については、HTMLやCSSなどの専門知識が要るので、誰でも簡単にできるという訳ではありません。
また、Rubyを基本としたテンプレートの言語である「Liquid」を使用するので、少し慣れが必要です。

もし、あなたが自身でできない場合は、Shopifyのカスタマイズに精通したプロに依頼しましょう。

Shopify(ショッピファイ)のテーマのまとめ

今回は、Shopify(ショッピファイ)のテーマについて解説しました。

Shopifyのテーマは、有料のが多いですが2~3万円位で購入できるので、有料テーマも含めて探した方が気に入るテーマが見つけやすです。
オリジナルにこだわりたい場合は、Shopifyのカスタマイズを取り扱っているプロに依頼することで実現できます。

なお、Shopifyについての全体的な解説はShopifyを徹底解説をご覧ください。

Let's share !

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマークに登録する
  • LINEで送る

Shopify(ショッピファイ)の関連記事

このページのトップに戻る