現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

Shopify(ショッピファイ)Shopifyの決済方法

最終更新日:

Shopify(ショッピファイ)の決済方法・Shopifyペイメントを徹底解説!

豊富な決済方法がそろっている
ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

Shopifyの決済方法って何?
Shopifyペイメントの特徴は?

今回は、Shopify(ショッピファイ)に関する、上記のような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • Shopifyで可能な決済方法
  • Shopifyペイメントの特徴・メリット

本記事の執筆者

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
私は、現役のWebデザイナーとして、ホームページ制作会社の代表をしています。

本記事は、以下のような人にオススメです

  • Shopifyの決済方法について知りたい
  • Shopifyが自分に向いているかを判断したい

本記事を読むことで、Shopifyの決済方法について知ることができ、Shopifyがあなたに向いているネットショップ作成サービスかどうかの判断材料になります。

結論を先に言うと

Shopifyでネットショップ運営をするなら、まずShopifyペイメントを導入し、必要に応じて他の決済サービスも導入しましょう。

では、Shopify(ショッピファイ)の決済方法について徹底解説していきます!

なお、Shopifyについての全体的な解説は『Shopifyを徹底解説』をご覧ください。

Shopify(ショッピファイ)で可能な決済方法

Shopifyで可能な決済方法について解説します。

Shopifyで使える決済サービス

Shopifyでネットショップを作成すれば、クレジットカード決済などの様々なオンライン決済を簡単に導入できます。
日本に拠点を置いている決済サービス事業者だけでも、29種類の決済方法が導入可能です。

Shopifyで使える決済サービスは、以下の通りです。

Shopifyペイメント Visa、Mastercard、American Express、JCB
Apple Pay Mastercard、American Express、JCB
Google Pay Visa、Mastercard、American Express
Shop Pay Visa、Mastercard、American Express、JCB
PayPal Visa、MasterCard、American Express、JCB、銀聯など
Amazon Pay(アマゾンペイ) Visa、MasterCard、American Express、JCB
KOMOJU JCB、Visa、MasterCard、Diners、American Express
携帯キャリア決済 NTT DOCOMO、au、Softbank
Paidy コンビニ / 銀行
GMOイプシロン Visa、MasterCard、American Express、JCB
SBペイメントサービス Visa、MasterCard、American Express、JCB、Diners
2Checkout Visa、Mastercard、American Express、JCBなど
CyberSource Visa、Mastercard、American Express、JCBなど
BitPay ビットコイン、ビットコインキャッシュ

ちなみに、銀行振込や代金引換も、Shopifyの管理画面にて、手動の決済方法から作成することで導入できます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

たくさんの中から選べるのは良いことだと思うけど、こんなに多いと迷ってしまいますね。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

このあと説明しますが、迷ったらまず導入したいのが「Shopifyペイメント」です。

まず導入したいのがShopifyペイメント

Shopifyペイメント

出典:Shopify

Shopifyで使える決済サービスは多すぎて、どれを導入すれば良いのか迷ってしまう人も多いでしょう。

そこで、導入をオススメしたいのは、Shopifyが提供する「Shopifyペイメント」です。
「取引手数料ゼロ」や「決済手数料が国内最安水準」などのメリット多数なので、Shopifyでネットショップ運営しているなら、まず導入することをオススメします。

Shopifyペイメントの特徴やメリットについては、このあと解説します。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

ほとんどのネットショップは、特段の理由がない限り、Shopifyペイメントを導入しておけば間違いないです。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

その名前の通り、Shopifyイチオシのサービスですもんね。

Shopifyペイメントの特徴・メリット

Shopifyペイメントの特徴・メリットは、以下の通りです。

  • 管理画面内で登録すれば、審査不要で利用開始できる
  • 決済手数料が国内最安水準
  • 決済手数料以外の追加料金がかからない
  • 売上の入金サイクルが早い
  • Apple PayやGoogle Payが使える
  • 管理画面にて、注文と決済をリアルタイムで確認できる

管理画面内で登録すれば、審査不要で利用開始できる

本来、ネットショップにオンライン決済を導入するには、自分で決済代行サービス会社への申し込みが必要です。
申込書を提出したり、審査で待たされたりと、結構な手間と時間が掛かります。

しかし、Shopifyペイメントであれば面倒な申し込みや審査は不要です。
Shopifyペイメントを利用するにあたって、新たなアカウント取得や、外部サービスへの登録は必要ありません。
Shopifyの管理画面内での数ステップの操作で簡単に登録でき、すぐに導入できます。

ネットショップを開設した当日から、オンライン決済をすぐに使用できます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

決済サービスの申し込みって、ホント面倒なんですよね。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

Shopifyペイメントなら、管理画面で簡単な登録をするだけで、すぐに使えます。

決済手数料が国内最安水準

Shopifyペイメントの決済手数料は、以下の通りです。

国内発行のカード 3.25%〜3.4%
海外発行のカード / American Express 3.8%〜3.9%
JCB 4.05%〜4.15%

Visa・Mastercardは、Shopifyの最安プランでも3.4%の手数料のみで決済可能です。
この価格は、他の決済サービスと比較して、国内で最安基準の価格です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

便利でも結局、手数料が高いのは嫌ですよね。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

気になる手数料も、Shopifyペイメントは国内最安水準なので安心です。

決済手数料以外の追加料金がかからない

Shopifyペイメントを利用すると、Shopifyプランで必要だった取引手数料がゼロになります(PayPalやAmazon Payの決済でもゼロになります)。
取引手数料とは、決済手数料とは別で掛かる「0.5%〜2.0%の手数料」のことで、手数料率はプランによって異なります。

本来は決済手数料と同時に発生する手数料なので、取引手数料がゼロになるのは大きいです。

たとえShopifyペイメントよりも決済手数料が安い外部サービスを利用したとしても、取引手数料も含めるとShopifyペイメントの方が安くなります。
そのため、クレジットカード決済については、Shopifyペイメントを利用した方がお得です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

取引手数料がゼロは、売上が伸びるほど、メリットが大きくなります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

「ちりも積もれば…」で、取引手数料の積み重ねは軽視できないですよね。

振込手数料が無料

Shopifyは振込手数料が無料

ネットショップ作成サービスで使える決済サービスでは、ショップの口座に振り込んでもらう度に数百円の手数料が発生することも多いです。

しかし、Shopifyペイメントは、入金金額にかかわらず振込手数料が掛かりません。

売上の入金サイクルが早い

Shopifyペイメントを利用すれば、入金サイクルが早い

売上の入金サイクルは、決済サービスを選ぶ上で重要な基準になります。
入金サイクルが遅いと、手元に現金が入るまでに日数が掛かり、資金繰りに悪影響です。

Shopifyペイメントで支払いの受け取りは、「毎週」と「毎月」から選択できます。
「毎週」を選択した場合は、最短で5日後(最長で11日後)に入金されます。

ただし、お客様がJCBを使用してクレジットカード決済をした場合のみ、支払い期間は「毎月」のみになります。

Shopifyペイメントであれば、入金までの期間が短いので、売上を仕入れなどの支払いに回しやすくなります。
キャッシュフローの良さは特に、開業したばかりのネットショップや、小規模のネットショップにとって大きなメリットです。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

ネットショップ運営に限らず、ビジネスで入金サイクルを早くすることは重要です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

手元に現金がないと事業が回らなくなる可能性があるので、Shopifyペイメントの入金サイクルが早いのは助かります。

Apple PayやGoogle Payが使える

「Apple Pay」「Google Pay」「Shop Pay」については、Shopifyペイメントの決済設定で、アイコンにチェックを入れるだけで起動できます。

Apple Pay・Google Pay・Shop Payが使えると、それぞれのユーザーをターゲットにできます。
これらのユーザーにとっては、既に持っているアカウントが使用できたり、住所などの情報を入力する手間が省けたりと、使い勝手が良くなり購入が簡単になります。
使い勝手の良さは、購入者の満足度UPに直結し、コンバージョン率の向上につながります。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

それぞれのPayで買い物したお客様の取りこぼしを防げます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

今はスマホでネットショピングする人も多いので、Apple PayやGoogle Payは使えるようにしたいですね。

管理画面にて、注文と決済をリアルタイムで確認できる

Shopifyペイメントは、Shopifyの管理画面で、注文と決済をリアルタイムで確認できます。

また、「保留中の支払い額」や「次の支払い日」が確認でき、保留中の支払いが銀行口座に振り込まれたときにメールで通知を受け取る設定も可能です。

Shopify(ショッピファイ)の決済方法のまとめ

今回は、Shopifyの決済方法について解説しました。

Shopifyでネットショップ運営をするなら、まずShopifyペイメントを導入し、必要に応じて他の決済サービスも導入しましょう。

なお、Shopifyについての全体的な解説は『Shopifyを徹底解説』をご覧ください。

このページのトップに戻る