現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

Shopify(ショッピファイ)SEO対策

最終更新日:

SEOに強い!? Shopify(ショッピファイ)のSEO対策を徹底解説!

SEO対策ができる
ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
ホームページ制作会社の代表であり、現役のWebデザイナーでもある私が、初心者でも自作できるネットショップ作成サービスについて解説しています。

ネットショップ作成サービス「Shopify(ショッピファイ)」は、デフォルトの機能で十分なSEO対策ができます。

今回は、ShopifyのSEO対策について解説します。
この記事を読むことで、ShopifyのSEO対策について知ることができ、Shopifyがあなたに向いているネットショップ作成サービスかどうかの判断材料になります。

なお、Shopifyについての全体的な解説はShopifyを徹底解説をご覧ください。

Shopify(ショッピファイ)のSEO対策とは?

ShopifyのSEO対策とは何かについて解説します。

そもそも「SEO」とは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」になります。
要は、検索エンジンの検索結果での上位表示対策です。

Googleなどの検索エンジンで検索されたとき、検索結果の上位に自分のネットショップが表示されていた方が、クリックして訪問してもらいやすくなります。

上位表示されるためには、検索エンジンに最適化されたWebページを作成する必要があり、ShopifyではSEOの設定ができます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

上位表示させるには、SEO設定以外にも、より良いコンテンツが載せてあるホームページにする必要があります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

ホームページ全体でSEO対策をして行かないといけませんよね。

デフォルトのShopifyで十分なSEO対策が可能

Shopifyは、標準装備されている機能で、基本的ななSEO対策ができるようになっています。
titleタグやメタディスクリプションの設定はもちろん、すべての画像のファイル名・alt属性も設定できます。

また、検索エンジン向けのサイトマップや、canonical URLタグを自動生成してくれる機能もあります。

デフォルトのShopifyで十分なSEO対策が可能ですが、ShopifyのSEO対策用アプリを追加することで、さらなるSEO対策が可能になります。
SEO機能を強化したい場合は、SEO対策用アプリを追加することも検討してみましょう。

Shopify(ショッピファイ)で可能なSEO対策

Shopifyで可能なSEO対策について解説します。

titleタグ

titleタグに設定した文言は、Googleなどの検索エンジンで検索したときに、検索結果一覧で「Webページのタイトル」として表示されます。
(検索したキーワードなどの状況によっては、titleタグに設定した文言以外が表示される場合があります)

また、Webページを閲覧しているときに、ブラウザのタブに表示されたり、ブラウザにブックマークされたときのタイトルにもなります。

そのページの内容を、正確かつ簡潔に伝えられるように記述しましょう。

メタディスクリプション

メタディスクリプションに設定した文言は、Googleなどの検索エンジンで検索したときに、検索結果一覧で「Webページの説明文」として表示されます。

メタディスクリプションの内容は検索順位には無関係です。
とは言え、簡潔に分かりやすくページの内容を記述することで、検索結果でのクリック率UPにつながります。

そのページの内容を、簡潔かつ魅力的に伝えられるように記述しましょう。

各ページのURL

URLは一旦、ページ作成時に自動で設定されますが、あとで任意の文字列を用いたURLに変更できます。

URLの文字列は、SEOに直接影響することはありません。
しかし、URLを見て何のページかイメージできるように、分かりやすい文字列を用いることが好ましいです。

自由に設定していいとは言え、長過ぎるURLは、シェアを嫌がられたり、リンクが機能しないなどの不具合が発生する場合があります。
URLは、なるべく簡潔な文字列にしましょう。

すべての画像のファイル名・alt属性

画像ファイル名とは、各画像に付いている「○○○.jpg」などのファイル名のことです。
画像の内容に関連した、英小文字で付けることが好ましいです。

alt属性(代替テキスト)とは、画像の内容を記述する箇所です。
ページ上に表示されることはないのですが、「その画像が何か」を表す情報として使われます。
SEO対策の1つになるので、簡潔に画像の説明文を設定しましょう。

ちなみに、alt属性は重要なアクセシビリティ機能です。
視覚障害のあるユーザーは、画像のalt属性をスクリーンリーダーなどが読み上げることで、何の画像かを把握できます。

sitemap.xmlファイルとrobots.txtファイルを自動生成

sitemap.xmlファイルとは、検索エンジン向けのサイトマップです。
サイトマップにより、サイト全体のページや構造を検索エンジンに伝えることで、サイト内を巡回してもらいやすくなります。

また、robots.txtファイルとは、検索エンジンのロボットにWebサイトのページをどのようにクロール、およびインデックスするかを指示するためのファイルです。

sitemap.xmlファイルもrobots.txtファイルも、Shopifyが自動で生成してくれるので、あなたは何もしなくても大丈夫です。

canonicalタグを自動生成

canonicalタグとは、Googleなどの検索エンジンに「重複ページ」と認識されることを避けるために記述するタグです。
canonicalタグには、優先させたいURLを記述しておきます。

例えば、ネットショップでよくあるのが、同じ商品の色違いやサイズ違いで複数ページが存在する場合です。
ほぼ同じ内容のページが複数存在することで、検索エンジンはどちらのページを優先すれば良いのか迷ってしまいます。
その結果、どのページも上位表示されにくくなってしまいます。

また、検索エンジンから重複ページが多いサイトと認識されて、サイト全体の評価が下がってしまう可能性もあります。

このようなときに、canonicalタグによって「優先させたいURL」が設定されていれば、検索エンジンが迷わないように導けます。
Shopifyでは、canonicalタグが自動生成されるので、特に何もしなくて良いですが、一応確認はしておきましょう。

ブログ機能

Shopifyには、ネットショップオーナーが使えるブログ機能があります。
Shopifyのブログ機能はシンプルなので、初心者でもすぐに使えます。

ブログでは、商品ページでは載せきれない、商品やブランドのメリットや魅力を投稿して行けます。
とは言え、商品宣伝ばかりの記事では、読者に読んでもらいにくいので、読者に役立つ情報を載せつつ、自然に商品PRもしましょう。

取り扱っているジャンルの専門知識を活かして、一般の人が興味・関心のある記事も投稿することもポイントです。
ブログ記事の閲覧が切っ掛けで、ネットショップの存在を知ってもらえることにつながります。

優良なブログ記事が蓄積されて行くと、ブログが強力なSEO対策になり得ます。
ネットショップ開設直後から、定期的に投稿して、コツコツ増やして行くことがオススメです。

Shopify(ショッピファイ)のSEO対策のまとめ

今回は、ShopifyのSEO対策について解説しました。

Shopifyはデフォルトの仕様でも、十分なSEO対策ができます。
さらにSEO対策に力を入れたい場合は、Shopifyのアプリを追加することをオススメします。

なお、Shopifyについての全体的な解説はShopifyを徹底解説をご覧ください。

Let's share !

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマークに登録する
  • LINEで送る

Shopify(ショッピファイ)の関連記事

このページのトップに戻る