現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

MakeShop(メイクショップ)スマホ対応

最終更新日:

MakeShop(メイクショップ)のレスポンシブ・スマホ対応を徹底解説!

レスポンシブWebデザイン
ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

スマホ対応やレスポンシブWebデザインって何?
MakeShopでスマホ対応できるの?

今回は、ネットショップ作成サービス MakeShop(メイクショップ)に関する、上記のような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • MakeShopのスマホ対応とは?

本記事の執筆者

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
私は、現役のWebデザイナーとして、ホームページ制作会社の代表をしています。

本記事は、以下のような人にオススメです

  • MakeShopのスマホ対応について知りたい
  • MakeShopが自分に向いているかを判断したい

本記事を読むことで、MakeShopのスマホ対応について知ることができ、MakeShopがあなたに向いているネットショップ作成サービスかどうかの判断材料になります。

結論を先に言うと

MakeShopでできる2つのスマホ対応のうち、個人的には「クリエイターモード」のテンプレートを適用する方法がベストだと思います。
しかし、PC版のデザインに縛られずスマホ版を作成した場合は、スマホ用テンプレートをカスタマイズする方法が良いでしょう。

では、MakeShopのスマホ対応について徹底解説していきます!

なお、MakeShopについての全体的な解説はMakeShopを徹底解説をご覧ください。

MakeShop(メイクショップ)のスマホ対応とは?

MakeShopのスマホ対応は、以下の2つの方法があります。

  • 「クリエイターモード」のテンプレートを適用
  • 「ベーシックモード」でスマホ用テンプレートを設定

「クリエイターモード」のテンプレートを適用

クリエイターモードのテンプレートは、すべてレスポンシブWebデザインなので、テンプレート自体がスマホ対応されています。

レスポンシブWebデザインとは、デバイス(パソコンやスマホなどの端末)に応じて、自動的に最適なレイアウトで表示させる手法です。
つまり、アクセスしたユーザーの画面サイズに合ったレイアウトのページが、自動で表示されるということです。

レスポンシブWebデザインだと、パソコン版もスマホ版も同一のURLです。
ページをシェアする際に、URLを区別する必要がないので、SEO強化につながります。

ちなみに、スマホ対応の方法として、GoogleはレスポンシブWebデザインを推奨しています。

クリエイターモードのテンプレートを適用するだけで、スマホ対応したネットショップを作れます。
スマホ対応のための特別な作業は要らないので、初心者でも簡単にできます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

レスポンシブWebデザインは、スマホ対応の方法として主流になっています。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

パソコン版もスマホ版も同じテンプレート・同じURLなら、管理しやすくて良いですね。

「ベーシックモード」でスマホ用テンプレートを設定

「ベーシックモード」では、スマホ用テンプレートを設定することで、自動でスマホサイトを用意することができます。
ブランドや商品のイメージに合わせてテンプレートを選べるよう、6種類のデザインが用意されています。

テンプレートをそのまま使うこともできますが、「スマートフォンオリジナルデザイン機能」を使うことで、自由度の高いオリジナルデザインのスマホサイトにもできます。
HTML・CSSの知識があり、自由にスマホサイトをデザインしたいという上級者で、ショップのブランディングを意識したデザインにしたい場合に向いています。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

パソコン版とは別のテンプレートを使うので、パソコン版のレイアウトに縛られない、自由なスマホサイトを作れます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

パソコン版とは大きく異るレイアウトでも、自由自在にできるメリットがある訳ですね。

MakeShop(メイクショップ)のスマホ対応のまとめ

今回は、MakeShopのスマホ対応について解説しました。

個人的には、「クリエイターモード」のテンプレートを適用してスマホ対応させる方法がベストだと思います。
だだ、PC版のデザインに縛られずスマホ版を作成した場合は、スマホ用テンプレートをカスタマイズする方法が良いでしょう。

なお、MakeShopについての全体的な解説はMakeShopを徹底解説をご覧ください。

このページのトップに戻る