現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

MakeShopMakeShopの決済方法

最終更新日:

MakeShop(メイクショップ)の決済方法・MakeShopペイメントを徹底解説!

豊富な決済方法がそろっている
ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

MakeShopの決済方法って何?
MakeShopペイメントの特徴は?

今回は、ネットショップ作成サービス MakeShop(メイクショップ)に関する、上記のような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • MakeShopで可能な決済方法
  • MakeShopペイメントの特徴・メリット

本記事の執筆者

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
私は、現役のWebデザイナーとして、ホームページ制作会社の代表をしています。

本記事は、以下のような人にオススメです

  • MakeShopの決済方法について知りたい。
  • MakeShopが自分に向いているかを判断したい。

本記事を読むことで、MakeShopの決済方法について知ることができ、MakeShopがあなたに向いているネットショップ作成サービスかどうかの判断材料になります。

結論を先に言うと

MakeShopでは、MakeShopペイメントを始め、あらゆる決済方法に対応できる体制が整っています。

では、MakeShop(メイクショップ)の決済方法について徹底解説していきます!

なお、MakeShopについての全体的な解説は『MakeShopを徹底解説』をご覧ください。

MakeShop(メイクショップ)で可能な決済方法

MakeShopで可能な決済方法について解説します。

MakeShopで使える決済サービス

MakeShopでネットショップを作成すれば、クレジットカード決済などの様々なオンライン決済を簡単に導入できます。

MakeShopで利用できる決済方法は、以下の通りです。

MakeShopペイメント MakeShopのネットショップ専用のクレジットカード決済で、MakeShopの管理画面内から申し込み可能です。
Amazon Pay Amazonアカウントをお持ちのお客様が、簡単に安心して利用できる決済方法です。
PayPay ユーザー数の多いPayPayアカウントを利用できる決済方法です。
楽天ペイ(オンライン決済) 楽天会員が独自ショップでも、楽天IDとパスワードでかんたん決済ができるサービスです。
LINE Pay 国内利用者数最多のメッセージアプリ「LINE」を使った決済サービスです。
あと払い(ペイディ) クレジットカード不要の決済「あと払い(ペイディ)」は、メールアドレスと携帯電話番号だけで簡単に決済できます。
後払い決済 購入者に信頼の高い決済方法です。未回収リスクも軽減でき、ネットショップにも安心の決済方法です。
コンビニ決済 コンビニエンスストアで支払いができる便利なコンビニ決済は、カードをもたないお客様層に人気です。
銀行振込・郵便振替 購入者にとって、最もわかりやすい決済方法のひとつです。
代金引換 商品の到着と引き換えに運送会社へ代金支払いをする購入者に信頼度の高い決済方法です。
ネット銀行 銀行振込とは違い24時間ほぼリアルタイムで決済でき、手数料が低く、少額から高額まで幅広い商品の販売に対応できます。
キャリア決済 各キャリアの決済画面で、4桁の暗証番号を入力するだけのかんたんな決済方法です。携帯電話料金とまとめて支払いができ、購入者にとって手間がかかりません。
ウォレット決済 IDとパスワードでかんたんにオンライン決済できます。全世界で利用されているPayPalに対応しています。
BtoBオンライン決済 代金回収を100%保証する、安心のオンライン完結型BtoB後払い決済です。
ショッピングクレジット 初期・月額費用が0円で導入できます。高額でクレジットカードが利用できない商品を分割で決済できます。
リクルートかんたん支払い決済 リクルートIDを認証基盤とし、登録したクレジットカードおよびリクルートポイントで支払いができる決済サービスです。
ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

ネットショップで、豊富な決済方法が用意されていることは、とても重要です。購入するつもりでカートに入れたお客様でも、希望の決済方法がないと、途中で離脱される可能性があります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

これだけ多くの決済方法を導入できるなら、希望の支払方法がないことが理由でカゴ落ちされる心配は要らないですね。

まず導入したいのがMakeShopペイメント

どのようなネットショップでも、オンライン決済で外せないのは、クレジットカード決済です。

そこで、まずはMakeShopユーザー専用の「MakeShopペイメント」の導入することをオススメします。
MakeShopペイメントは、「お得な手数料や月額利用料」「即日利用可能」など、メリットが多数あります。

MakeShopペイメントの特徴やメリットについては、このあと解説します。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

ほとんどのネットショップは、特段の理由がない限り、MakeShopペイメントを導入しておけば間違いないです。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

その名前の通り、MakeShopイチオシのサービスですもんね。

MakeShopペイメントの特徴・メリット

MakeShopペイメントは、MakeShopユーザー専用のクレジットカード決済です。

MakeShopペイメントの特徴・メリットについて解説します。

クレジットカード手数料&月額利用料がお得

MakeShopペイメントは、クレジットカード手数料が3.14%~3.49%と業界最安値です。
毎月固定で発生する月額利用料は¥1,100です。

クレジットカード手数料の差は見落としがちですが、売上が増えるほど大きな差になり、利益率に影響します。
そのため、他のネットショップ作成サービスと比べて、MakeShopは利益を出しやすいです。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

売上が伸びるほど大きな差になるので、クレジットカード手数料が安いのは大きなメリットです。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

「塵も積もれば…」と言いますよね。

即日利用可能

クレジットカード決済サービスの申し込みは通常、面倒な申し込み手続きがあったり、審査で待たされたりします。

しかし、MakeShopペイメントは、MakeShopの管理画面内から簡単に申し込むことができます。
さらに、最短で申し込み即日の利用開始が可能なので、ネットショップが完成したら、すぐにクレジットカード決済を利用開始できます。

MakeShopペイメントなら、クレジットカード決済の準備に時間が掛かってしまうことによる機会損失を防げます。
急ぎでネットショップを開設したい場合にも対応できます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

ネットショップ自体が完成しているのに、クレジットカード決済の導入待ちのために、スタートが遅くなることはよくあります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

MakeShopペイメントなら、少なくともクレジットカード決済はすぐに導入できるから大丈夫ですね。

初期費用&トランザクション処理料が無料

MakeShopペイメントは、初期費用やトランザクション処理料が掛かりません。
(トランザクション処理料とは、クレジットカードの承認番号取得や請求などで、カード会社との通信ごとにかかる料金のことです)

MakeShopペイメントを利用していて発生する費用は、月額費用¥1,000とクレジットカード手数料のみです。

様々なオプションが用意されている

MakeShopペイメントでは、便利なオプションが用意されています。
別途費用が要りますが、必要に応じて追加できます。

即日売上入金サービス

手数料:1.5%

決済完了している注文を選択して申請するれば、最短即日で、売上を受け取れるサービスです。事業で、急な資金が必要なときに便利です。

分割・リボルビング

法人:550円(税抜500円)/月
個人:220円(税抜200円)/月

一括払い以外にも、分割払いやリボ払いの選択肢を設けることができます。支払方法の選択肢を増やすことで、より購入しやすくなります。

セキュリティコード

法人・個人:無料

セキュリティコードは、クレジットカード決済で購入する際に、カード裏面に印字されている末尾3桁(もしくは4桁)の数字です。セキュリティコードを入力してもらい本人認証を行うことで、不正利用を防げます。

3Dセキュア認証支援

法人:1,100円(税抜1,000円)/月
個人:550円(税抜500円)/月

3Dセキュアは、クレジットカード番号・有効期限以外に、各クレジットカード会社から発行された「インターネット専用のID・パスワード」をお客様が入力し、クレジットカード決済を行う仕組みです。
(「VISA」「Mastercard」「JCB」が採用しています)

決済承認通知メール

法人:550円(税抜500円)/月
個人:330円(税抜300円)/月

決済承認通知メールは、注文者がMakeShopペイメントを利用して決済が承認されると同時に、加盟店には決済承認の連絡を、注文者には購入手続き完了の連絡を、それぞれメールで通知します。

チャージバック保証サービス

法人・個人:3,300円(税抜3,000円)/月

不正利用などによるチャージバック(売上を取り消してユーザーに返金)が起きた場合、通常は不正利用額を加盟店が負担します。しかし、チャージバック保証サービスを契約することで、加盟店はチャージバックの請求額を負担する必要がなくなります。

不正検知サービス

法人・個人:3,300円(税抜3,000円)/月

注文者のメールアドレスなどを入力することで、商品の配送またはサービスの提供前に、不正利用かどうかを確認できます。事前に不正利用を検知できれば、チャージバックを未然に防げます。

メールリンクサービス

法人:2,200円(税抜2,000円)/月
個人:1,100円(税抜1,000円)/月

注文者に決済URLを、メールで案内できます。注文時には金額確定が難しい商品や、注文受付後に金額の変動がある商品の販売に向いています。例えば、予約商品やオーダーメイド商品などです。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

MakeShopペイメントのオプションは別途費用にはなりますが、上手く使うことで、様々なリスクを回避できます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

リスクを回避できれば、オプション利用料以上の金額の損失を防げる可能性がありますよね。

MakeShop(メイクショップ)の決済方法のまとめ

今回は、MakeShopの決済方法について解説しました。

MakeShopでは、MakeShopペイメントを始め、あらゆる決済方法に対応できる体制が整っています。
導入したい決済方法がなくて困ることはないでしょう。

なお、MakeShopについての全体的な解説は『MakeShopを徹底解説』をご覧ください。

このページのトップに戻る