現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

BASESEO対策

最終更新日:

SEOに弱い!? BASE(ベイス)のSEO対策を徹底解説!

SEO対策ができる
ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

BASEのSEO対策って何?
BASEでできるSEOの設定は?

今回は、BASE(ベイス)に関する、上記のような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • BASEのSEO対策とは?
  • BASEの「SEO設定」AppでできるSEO対策

本記事の執筆者

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
私は、現役のWebデザイナーとして、ホームページ制作会社の代表をしています。

本記事は、以下のような人にオススメです

  • BASEのSEO対策について知りたい
  • BASEが自分に向いているかを判断したい

本記事を読むことで、BASEのSEO対策について知ることができ、BASEがあなたに向いているネットショップ作成サービスかどうかの判断材料になります。

結論を先に言うと

BASEは、「SEO設定」Appを追加することで必要最低限のSEO設定は可能なので、BASEがSEOに弱いということはありません。
必ず「SEO設定」Appを追加して、忘れずに設定してください。

では、BASE(ベイス)のSEO対策について徹底解説していきます!

なお、BASEについての全体的な解説は『ネットショップ BASE(ベイス)の評判は!? 特徴・メリット・デメリットを徹底解説!』をご覧ください。

BASE(ベイス)のSEO対策とは?

BASEのSEO対策とは何かについて解説します。

そもそも「SEO」とは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」になります。
要は、検索エンジンの検索結果での上位表示対策です。

Googleなどの検索エンジンで検索されたとき、検索結果の上位に自分のホームページが表示されていた方が、クリックして訪問してもらいやすくなります。

上位表示されるためには、検索エンジンに最適化されたWebページを作成する必要があり、BASEではSEOの設定ができます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

上位表示させるには、SEO設定以外にも、より良いコンテンツが載せてあるホームページにする必要があります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

ホームページ全体でSEO対策をして行かないといけませんよね。

「SEO設定」App追加でSEO設定が可能に

「SEO設定」App追加でSEO設定が可能に

出典:BASE

BASEには、自由に機能追加できるApp(拡張機能)があり、一部を除いてほとんどのAppが無料です。

そのAppsの1つである「SEO設定」Appを追加することで、各ページの基本的なSEO設定ができるようになります。

デフォルトのBASEの状態のままではSEO設定機能がないので、「SEO設定」Appの追加を忘れないでください。

BASE(ベイス)の「SEO設定」AppでできるSEO対策

BASE(ベイス)の「SEO設定」AppでできるSEO対策

出典:BASE

BASEの「SEO設定」AppでできるSEO対策について解説します。

BASEのSEO設定は、管理画面の1つのページで集中して、全ページの設定が可能です
ページごとに設定画面が分かれていないので、設定し忘れを防げます。

SEO設定が可能になるのは3種類のページ

「SEO設定」Appを追加することにより、BASEでSEO設定が可能になるのは以下の3種類のページです。

  • トップページ
  • aboutページ
  • それぞれの商品ページ

一応補足ですが、商品ページについては、商品ごとに個別に設定できます。

そして、設定できる項目は以下の2つです。

  • ページ説明(descriptionタグ)
  • キーワード(keywordタグ)

ちなみに、ページタイトル(titleタグ)については、「ページ名(もしくは商品名)+ ショップ名」が自動的に設定されるようになっています。

ページ説明(descriptionタグ)

ページ説明(descriptionタグ)は、ページの内容を端的にまとめた説明文を入れます。
設定した内容は、Googleなどの検索エンジンの検索結果ページで、ヒットしたページのタイトルのすぐ下に表示されます。

検索順位への直接的な影響はないですが、検索結果ページでのクリック率に影響するので、必ず設定しておきましょう。

キーワード(keywordタグ)

キーワード(keywordタグ)は、ページに関連のあるキーワードを入れます。
キーワードに設定した内容は、どこにも表示されず、検索エンジンのみが見ます。

昔は検索順位に関係していましたが、今では検索順位への影響がないので空欄のままでも大丈夫です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

ページ説明(descriptionタグ)は、検索結果一覧でどのサイトをクリックするか、ユーザーが判断するときに見られます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

自分のネットショップをクリックしてもらえるよう、魅力的な説明文を入れておきたいですね。

BASE(ベイス)のSEO対策のまとめ

今回は、BASEのSEO対策について徹底解説しました。

「SEO設定」Appを追加することで必要最低限のSEO設定は可能なので、BASEがSEOに弱いということはありません。
必ず「SEO設定」Appを追加して、忘れずに設定してください。

なお、BASEについての全体的な解説は『ネットショップ BASE(ベイス)の評判は!? 特徴・メリット・デメリットを徹底解説!』をご覧ください。

このページのトップに戻る