現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

さくらのレンタルサーバセキュリティ対策

最終更新日:

さくらのレンタルサーバのセキュリティ対策を徹底解説

セキュリティ対策
ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
ホームページ制作会社の代表であり、現役のWebデザイナーでもある僕が、WordPressに最適なレンタルサーバーについて解説しています。

レンタルサーバー「さくらのレンタルサーバ」は、WordPressにも必要なセキュリティ対策がされています。

今回は、さくらのレンタルサーバのセキュリティ対策について解説します。
この記事を読むことで、さくらのレンタルサーバのセキュリティ対策について知ることができ、さくらのレンタルサーバがあなたに向いているレンタルサーバーかどうかの判断材料になります。

なお、さくらのレンタルサーバについての全体的な解説はさくらのレンタルサーバを徹底解説をご覧ください。

さくらのレンタルサーバのセキュリティ対策とは?

インターネットが接続されているサーバーは、常にセキュリティ的なリスクを抱えています。
セキュリティ的なリスクの多くは、不正アクセスです。

特に、WordPressは世界中でたくさん使われていることもあり、不正アクセスなどの悪質な攻撃の対象になることが多いです。

そこで、さくらのレンタルサーバは、様々な状況を想定して、セキュリティ対策をしています。

さくらのレンタルサーバの主なセキュリティ対策

さくらのレンタルサーバの主なセキュリティ対策について解説します。

WAF

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)は、従来のファイアウォールやIDS、IPSでは防御できなかった攻撃を検知し、ブロックする機能です。

さくらのレンタルサーバでは、国内初のシグネチャ型WAF「SiteGuard(サイトガード)」を導入しています。
SiteGuardは、国内屈指のネットワーク・セキュリティの専門家によってチューニングされた、高速で高品質のトラステッド・シグネチャを標準搭載しています。
シグネチャとは、WAFを使用する上で非常に重要になる、既知の不正な通信や攻撃パターンを識別するためのルール集です。

攻撃検知のための定義ファイルを用意しているため、コントロールパネル上から機能を設定するだけで簡単にWAFが利用できます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

さくらのレンタルサーバでは常に、WAFにより監視しているので安心です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

私たちが眠っている間も、しっかり守ってくれているのですね。

国外IPアドレスフィルタ

国外IPアドレスフィルタとは、国外からのアクセスを制限することができる機能です。

不正アクセスなどの悪質な攻撃は、国外のIPアドレスからされることが多いです。
そのため、海外からの不正なアクセスを防ぐことで、セキュリティを強化することができます。

ちなみに、「国外からのアクセスを制限」と言っても、管理画面などへの制限なので、通常のWebページには国外からでもアクセスできます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

不正アクセスは海外のIPアドレスからされることが多いので、海外のIPを制限するだけでも、効果があります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

海外からWordPressの管理画面を触る予定がないなら、必ず設定しておきたいですね。

Web改ざん検知サービス(※有料オプション)

多くのWebサイトが改ざんの危機にさらされいます。
大企業や省庁のWebサイトだけが狙われている訳ではないので、あなたのWebサイトも例外ではありません。

改ざんには、表面的には分からない不正なプログラムをサイトに埋め込み、サイト閲覧者のPCにマルウェアを感染させるタイプもあります。
気付かずに放置していると、いつの間にかあなたが加害者となり、大きな損害賠償問題にまで発展する可能性もあります。

Web改ざん検知サービスは、Webサイトを毎日巡回し、改ざんされていないかをチェックするクラウドサービスです。
Webサイトが、危険な状態で長時間放置されることを防止してくれます。

Webサイトの規模により異なりますが、月額¥990から利用できます。

独自SSL

安心のSSL対応のレンタルサーバー

お問い合わせフォームなどから送信される通信データは、第三者に盗み見られたり、改ざんされるリスクがあります。

そこで、SSL対応のWebサイトにすることで、通信データを保護する必要があります。

さくらのレンタルサーバの独自SSLは、あなたが取得したSSL証明書や、無料SSLを利用できるサービスです。
SSL対応されたWebサイトは、訪問したユーザーに、より安心感を与えることができます。

逆に、SSL対応されていないWebサイトは、ブラウザで「保護されていない通信」などと警告メッセージが表示され、サイト訪問者に不安を与えてしまいます。
そして、Googleなどの検索エンジンからの評価が下がり、SEO的にもマイナスです

ちなみに、SSL化されているサイトのURLは「https://」から始まります。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

SSL対応は、SEO的にも必須です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

さくらのレンタルサーバなら、無料のSSLもあるので、費用を掛けずに対策できますね。

さくらのレンタルサーバのセキュリティ対策のまとめ

今回は、さくらのレンタルサーバのセキュリティ対策について調べました。

さくらのレンタルサーバは、しっかりセキュリティ対策がされているレンタルサーバーなので、WordPress導入を考えている人にもオススメです。

なお、さくらのレンタルサーバについての全体的な解説はさくらのレンタルサーバを徹底解説をご覧ください。

Let's share !

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマークに登録する
  • LINEで送る

さくらのレンタルサーバの関連記事

このページのトップに戻る