現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

ペライチペライチ決済

最終更新日:

ペライチ決済を徹底解説

ペライチ決済
ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
ホームページ制作会社の代表であり、現役のWebデザイナーでもある僕が、初心者でも使えるホームページ作成サービスについて解説しています。

初心者でも簡単にホームページ作成できると評判の「ペライチ」には、簡単にオンライン決済を導入でるペライチ決済という機能があります。
ペライチ決済について調査したので、解説します。

ペライチについての全体的な解説はペライチを徹底解説をご覧ください。

ペライチ決済とは?

ペライチ決済とは何かについて解説します。

ホームページ内でオンライン販売ができる決済機能

ホームページ内で商品を販売するには、オンライン決済の機能は必須です。
お客様とメールや電話でやり取りして、銀行振込してもらう…というのは、余りにも効率が悪すぎて現実的な手段ではありません。

ペライチ決済を導入すれば、ペライチで作ったホームページでオンライン販売が可能になります。

ペライチ決済で利用できる決済手段

ペライチ決済では以下の決済手段を用意できます。

クレジットカード VISA、Master
コンビニ決済 ファミリーマート、ローソン
決済サービス PayPal、atone(アトネ)

ペライチ決済の特徴・メリット

ペライチ決済の特徴・メリットについて解説します。

決済販売手数料は業界最低水準

ペライチ決済の決済手数料は売上の3.5%です。
決済手数料が安くても販売手数料が別途必要な場合も多いですが、ペライチ決済の販売手数料は無料です。

ただし、ペライチ決済の月額費用として¥1,100が掛かります。

それでも他社の決済サービスと比較して、業界最低水準の手数料なので、経費を抑えることができます。

最短で即日から販売開始できる

ペライチ決済は最短で申し込んだ当日から、ネット販売を開始できます。
「今すぐ始めたい」と思っても、審査待ちなどで何週間も待たされることはないので、機会損失を防げます。

商品以外に役務(サービス)の販売もできる

ペライチ決済のすごいところは、形のある商品以外に、役務(サービス)の販売もできるところです。

役務(サービス)とは、例えばセミナーやイベント、エステやネイルなどのサービスです。

ホームページから事前に決済ができるので、スムーズに申し込みを受け、サービスを提供することができます。

サブスクリプション販売(定期購⼊)もできる

ペライチ決済は、サブスクリプション販売にも対応しています。

サブスクリプション販売とは、定期購入のことで「月額¥○○」などで継続して課金して行く販売方法のことです。
略して「サブスク」と呼ばれることもあります。

サブスクリプション販売の顧客を増やして行けば、販売側にとっては、安定した売上が見込めるメリットがあります。

ペライチ決済の総評

ペライチ決済で対応できる決済手段が多いとは言えませんが、役務やサブスクリプションの販売ができるメリットは大きいと思います。

オンライン決済を導入した方が、売上を伸ばせそうな商品やサービスが自社にあるのでしたら、ペライチ決済の導入を検討してみると良いでしょう。

Let's share !

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマークに登録する
  • LINEで送る

ペライチの関連記事

このページのトップに戻る