現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

ロリポップ!セキュリティ対策

最終更新日:

ロリポップのセキュリティ対策を徹底解説

セキュリティ対策
ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
ホームページ制作会社の代表であり、現役のWebデザイナーでもある僕が、WordPressに最適なレンタルサーバーについて解説しています。

レンタルサーバー「ロリポップ!」は、安心してサイト運営ができるように、様々なセキュリティ対策がされています。

今回は、ロリポップのセキュリティ対策について解説します。
この記事を読むことで、ロリポップのセキュリティ対策について知ることができ、ロリポップがあなたに向いているレンタルサーバーかどうかの判断材料になります。

なお、ロリポップについての全体的な解説はロリポップを徹底解説をご覧ください。

ロリポップのセキュリティ対策とは?

Webサイトをインターネット上に公開するということは、セキュリティ的なリスクを抱えることになります。
特に、WordPressはCMSとして世界でNo.1の人気があるため、不正アクセスのターゲットになりやすいです。

そこでロリポップでは、WordPressも含めて、安心してサイト運営ができるよう、様々なセキュリティ対策を行っています。

ロリポップの主なセキュリティ対策

ロリポップの主なセキュリティ対策について解説します。

ウイルスチェック

インターネットとつながっているWebサイトは、常にウィルス感染のリスクがあります。
もし、あなたのサイトが原因でユーザーがウィルス感染してしまうことがあれば、あなたの事業自体の信用問題になりかねません。

ロリポップは全プランで、アップロードしたファイルや、メールを自動的にチェックしています。
あなたのサイトを訪問したユーザーが、ウイルス感染することがないように守ってくれるので安心です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

ロリポップがサーバー内のウィルスチェックはしてくれますが、日頃からセキュリティソフトで、自分のパソコン内のチェックもしておきましょう。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

サーバーもパソコンも、ウィルスから守れる体制を整えておけば、より安心できますね。

WAFによる脆弱性対策

WAF(Web Application Firewall)とは、Webサイトの脆弱性を突いた攻撃へ対するセキュリティ対策の1つです。
これまでのファイアウォールやIDS(侵入検知)・IPS(侵入防止)で防御できなかったWebサイトへの攻撃を検知できることでより、安全なサイト運営が実現できます。

攻撃パターンの定義ファイルは自動でアップデートされるので、最新の攻撃パターンを自動的にブロックすることが可能です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

WAFは、Webサイトの脆弱性を突いた攻撃の防御対策として必須アイテムです。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

WordPressサイトを運営するなら欠かせませんね。

海外アタックガード

「海外アタックガード」は、海外IPアドレスからの特定のアクセスを制限し、Webサイト乗っ取りなどの不正アクセスを防止する機能です。

WordPressを始めとするCMS(コンテンツ管理システム)では、サイト改ざんを目的とした不正ログインなどの悪質な行為が多発しています。

悪質な行為のほとんどが、海外IPアドレスからのアクセスです。
そこで、海外アタックガードを設定することで、海外IPアドレスからの攻撃を防ぐことができます。

ちなみに、海外アタックガードはWordPressの管理画面へのアクセスを制限するものなので、Webサイトの閲覧は海外からでも可能です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

WordPressの管理画面などへ、海外からのアクセスを遮断するだけでも、リスクを減らせます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

通常のWebページは、海外からでも通常通り閲覧できるなら、設定しておきたいですね。

独自SSL

安心のSSL対応のレンタルサーバー

お問い合わせフォームなどから送信されるデータは、第三者に盗み見られたり、改ざんされるリスクがあります。

「独自SSL」は、サイト全体でSSLによる通信データの暗号化を行い、サイトを保護する機能です。
ちなみに、SSL対応されているサイトのURLは「https://」で始まります。

現在、「サイトのSSL対応は必須」と言われていますが、逆にSSL対応していないサイトは、下記のようなデメリットがあります。

  • ブラウザに「保護されていない通信」などの警告メッセージが表示される。
  • 送信フォームから送信された情報が漏洩する可能性がある。

上記のデメリットにより、不安を感じたユーザーがサイトを離脱する原因になり、サイトの成果に悪影響です。
そして、SSL対応されていないサイトは、Googleなど検索エンジンからの評判が下がるので、SEO的にも不利です。

ロリポップでは、完全無料で利用できる独自SSLが用意されています。
サイト公開時には、必ずSSL対応させておきましょう。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

SSL対応しているとプラスになるというよりは、していない場合のマイナスが大きいので、「SSL対応が必要」という感じです。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

ロリポップの無料SSLで十分なので、忘れずにSSL対応させておきます。

パソコン用ウイルス対策ソフト(有料オプション)

ロリポップは、パソコンにインストールして利用する総合セキュリティソフト「エフセキュア」を提供しています。
月額¥550~ で最大10デバイスまで使うことができ、マルチデバイス対応なのでWindowsにもMacにもインストールできます。

ソフトは自動的にアップデートされるので、買い替えなどは必要なく、常に最新版を利用できます。
サーバーだけでなく、自分のパソコンのセキュリティ対策もできていれば、パソコン周りのセキュリティは安心です。

ロリポップのセキュリティ対策のまとめ

今回は、ロリポップのセキュリティ対策について解説しました。

特に心配なWordPress関連のセキュリティ対策もされているので、安心してWordPressサイト運営ができると思います。

なお、ロリポップについての全体的な解説はロリポップを徹底解説をご覧ください。

Let's share !

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマークに登録する
  • LINEで送る

ロリポップの関連記事

このページのトップに戻る