現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

最終更新日:

ホームページのSSL化とは!? SSLのメリット&デメリットも解説

SSL化してホームページの信頼性を高めよう
ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

ホームページのSSL化って何?
SSL化のメリットとデメリットは?

今回は、ホームページのSSL化に関する、上記のような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ホームページのSSL化とは?
  • ホームページをSSL化するメリットとデメリット

本記事の執筆者

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
私は、現役のWebデザイナーとして、ホームページ制作会社の代表をしています。

本記事は、以下のような人にオススメです

  • SSL化が何か分からない。
  • ホームページのSSL化を検討している。

本記事を読むことで、ホームページのSSL化について知り、SSL化の必要性を理解できます。

結論を先に言うと

SSL対応できていないホームページで、アクセスを伸ばすことは難しいです。
今は必須と言えるSSL対応は、必ずしておいてください。

では、ホームページのSSL化について徹底解説していきます!

ホームページのSSL化とは?

ホームページのSSL化とは?

SSLとは「Secure Sockets Layer」の略で、インターネット上でやり取りしている情報を暗号化する技術のことです。
暗号化することで、第三者にその情報を傍受されたり、改ざんされることを防ぎます。

例えば、お問い合わせなどの送信フォームから送信された情報が暗号化されることで、ユーザーの個人情報などを守ることができます。

ブラウザでホームページを見たとき、URLが「https」で始まっているのであれば、そのホームページはSSL化されています。

ちなみに、SSL化すると、ホームページのハッキングなど、外部からの攻撃を防げると思っている方もいますが、それは間違いです。

ホームページをSSL化するメリット

ホームページをSSL化するメリットは、以下の通りです。

  • 個人情報を保護できる
  • ユーザーに安心感を与えられる
  • SEO対策に有効

個人情報を保護できる

個人情報を保護できる

ホームページのお問い合わせや、お申込みのフォームから送信される個人情報の漏洩を防ぐことができます。

ユーザーがホームページの内容に関心を持ち、「問い合わせたい」「申し込みたい」と思ってもらえても、SSL化されていないと不安を感じて行動に移せないかもしれません。

SSL化されていることで安心してフォームに入力できるので、機会ロスも防げます。

ユーザーに安心感を与えられる

ホームページのユーザーに安心感を与えられる

ホームページがSSL化されていないと、例えばブラウザ「Chrome」の場合は「保護されていない通信」とURL入力欄に表示されてしまいます。
他のブラウザでも同様の警告メッセージが表示されます。

ユーザーがそのようなホームページを見たら「このホームページ、見ても大丈夫かな?」と不安になって離脱してしまうかもしれません。
ホームページがSSL化されていればそのような表示は出ず、逆に「この接続は保護されています」という印の鍵マークがURL入力欄に表示されます。

せっかく自分のホームページに訪れてくれたユーザーは大切にしたいですね。
SSL化をして、安心してホームページを閲覧してもらいましょう。

SEO対策に有効

ホームページのSEO対策に有効

SSL化することのメリットとして、SEO(検索エンジン最適化)に有効だという点があります。

なぜなら、Googleは「SSL化されているホームページを優遇する」ことを名言しているからです。
(参考:Googleウェブマスター向け公式ブログ「HTTPS をランキング シグナルに使用します」)

なぜ、SSL化されているホームページが優遇されるのか疑問かもしれません。
それは、Googleの目的を考えれば分かります。

Googleの大きな目的として、ユーザーにとって有益なサイトを検索結果に表示させることがあります。
その目的達成のために、ユーザーが安心して閲覧できるようにSSL対応のホームページであることは、必須と言えます。

ただし、SSL化されているからといって大幅に順位が上がることはないですが、1つのプラス要因にはなります。

ホームページをSSL化するデメリット

ホームページをSSL化するデメリットは、以下の通りです。

  • SSLの費用が掛かる場合がある
  • URLが変わることによる手間・費用が掛かる場合がある

SSLの費用が掛かる場合がある

費用が掛かる場合がある

SSLのサービスを提供しているサービスでは、年間数千円~数万円の費用が掛かるサービスが多数あります。

大手企業などであれば、そのような高額なSSLにしておいた方が良い場合もあります。
しかし、多くのホームページでは、「どのSSLを利用しているか」を気にすることは余りないと思います。

今は無料でできるSSLも普及しています。
多くのレンタルサーバーでは、無料のSSLが簡単に使えるので、費用の心配は不要です。

URLが変わることによる手間・費用が掛かる場合がある

ホームページの運営途中であればURLが変わる

最初からSSL化してしれば関係のないデメリットです。

しかし、もしホームページが既に完成していて運営途中でSSL化した場合は、「http://」で始まるURLから「https://」で始まるURLに変わることになります。

パンフレットなどの印刷物や、登録しているSNSやポータルサイトなどのURLを変更する手間や費用が発生します。

しかし、その手間や費用が発生してでも、SSL化するメリットが大きいと思うので、することをお勧めします。

また、SSL化によってURLが変わった場合、元のURLにアクセスされたときに、新しいURLに瞬間転送されるよう、リダイレクトの設定をしておきましょう。

ホームページのSSL化 まとめ

今回は、ホームページのSSL化について徹底解説しました。

SSL対応できていないホームページで、アクセスを伸ばすことは難しいです。
今は必須と言えるSSL対応は、必ずしておいてください。

このページのトップに戻る