現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

THE THOR(ザ・トール)SEO対策

最終更新日:

THE THOR(ザ・トール)のSEO対策を徹底解説

SEO対策
ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
ホームページ制作会社の代表であり、現役のWebデザイナーでもある僕が、レスポンシブ対応のWordPressテーマについて解説しています。

WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」は、最先端のSEO対策を網羅されています。

今回は、THE THORのSEO対策について解説します。
この記事を読むことで、THE THORのSEO対策について知ることができ、THE THORがあなたに向いているWordPressテーマかどうかの判断材料になります。

なお、THE THORについての全体的な解説はTHE THORを徹底解説をご覧ください。

THE THOR(ザ・トール)のSEO対策とは?

THE THORのSEO対策とは何かについて解説します。

そもそも「SEO」とは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」になります。
要は、検索エンジンの検索結果での上位表示対策です。

Googleなどの検索エンジンで検索されたとき、検索結果の上位に自分のホームページが表示されていた方が、クリックして訪問してもらいやすくなります。

上位表示されるためには、検索エンジンに最適化されたWebページを作成する必要があり、JimdoではSEOの設定ができます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

上位表示させるには、SEO設定以外にも、より良いコンテンツが載せてあるサイトにする必要があります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

サイト全体でSEO対策をして行かないといけませんよね。

THE THORはSEO対策済みのテーマ

THE THORは、Googleなどの検索エンジンの検索結果で、上位表示を狙いたい人に最適なテーマです。

THE THORは、検索エンジンから評価されやすい内部構造と、高速表示化を徹底的に追求されています。
テーマ自体に十分なSEO対策がされているため、SEO対策用のプラグインをインストールする必要はありません。

THE THORでは、テーマを使う人がSEO対策の知識ゼロでも、十分なSEO対策ができるように作られています。
あなたは難しいことは考えず、ただ使うだけでOKです。

THE THOR(ザ・トール)のSEO対策の特徴・メリット

THE THORのSEO対策の特徴・メリットについて解説します。

検索エンジンに評価されやすい最新のコーディング

検索結果で上位表示されるには、コンテンツ内容以前に、検索エンジンに好かれる適切なコーディングがされていることが重要です。

THE THORでは、HTML5+CSS3による最新のコーディングで構成されています。
コーディングとは、HTMLやCSSなどのプログラムでコードを書くことです。

また、検索エンジンに優しい「構造化データのマークアップ」に対応しています。
「構造化データのマークアップ」とは簡単に言うと、検索エンジンにコンテンツ内容を適切に理解してもらう記述方法のことです。

THE THORは、検索エンジンがサイトのコンテンツを適切に把握でき、検索エンジンからコンテンツが評価されやすい構造を徹底的に追求したWordPressテーマになっています。

そのため、記事を書くあなたは、より良い内容の記事作成に集中していれば大丈夫です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

もちろん記事内容も重要ですが、それ以前に土台になるWordPressテーマのコーディングが重要です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

土台がしっかりしていてこそ、記事内容のクオリティも活かせる訳ですね。

ほぼ全ページで「titleタグ・descriptionタグ」を設定可

THE THORは、ほぼすべてのページで「titleタグ」や「descriptionタグ」を設定できます。

「titleタグ」や「descriptionタグ」は、サイトの表面では見えませんが、裏側で重要な役割をしているタグです。

titleタグとは?

titleタグとは、HTMLタグの1つで、サイトやページにタイトルをつけるためのタグです。

titleタグで設定された内容は、主に下記の様に使われます。

  • 検索エンジンの検索結果上で、ページタイトルとして表示される。
  • ページを開いている時、ブラウザのタブに表示される。
  • ページをブックマークをした際、デフォルトの名称になる。
  • SNSなどでURLを共有した際、表示される場合がある。

titleタグに設定している内容は、検索順位にも大きく影響します。
最近では、titleタグに設定している内容がそのまま反映されないこともありますが、重要なタグであることに変わりはありません。

descriptionタグとは?

descriptionタグとは、検索エンジンの検索結果上で、ページタイトルのすぐ下に表示される「ページの説明文」です。

descriptionタグの内容は直接、検索順位に影響しません。
しかし、検索結果で表示されるので、クリック率には影響します。
検索結果一覧で、どのサイトをクリックするか判断する際に見られるからです。
全ページ共通の内容を使い回すのではなく、個別にページの説明文を設定しましょう。

ちなみに、先ほど「検索結果で表示される」と言いましたが、最近ではdescriptionタグの内容以外の文が表示されることもよくあります。
とは言え、descriptionタグも忘れず設定しておきましょう。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

SEOで重要な役割があるtitleタグには、ページの内容を端的に表し、かつ自然にキーワードを入れておきましょう。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

クリック率に影響するdescriptionタグにも、魅力的な文を入れておきたいですね。

最新かつ革新的な高速表示化技術を多数装備

ページ読み込みの表示速度は、Googleが検索順位を決定付ける指標の一つとされており、サイトの高速表示化は重要なSEO対策の1つです。
読み込みが遅いページは、インターネットユーザーにも嫌われるので、高速表示化対策をする必要があります。

THE THORは下記のような、最新かつ革新的な高速表示技術を多数装備しています。

  • AMP・PWA
  • Gzip圧縮・ブラウザキャッシュ
  • 画像遅延読み込み・CSSファイル非同期読み込み

THE THORの驚異的な表示速度の速さは国内最高水準です。
Googleのスピードチェックツールである「PageSpeed Insights」では、100点満点で90点以上のハイスコアが当たり前というレベルです。

THE THORが標準で高速化されているので、あなたは高速化のための特別な作業は要りません。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

今後、さらに高速表示がSEO対策で重要になります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

高速化のために自分でできることは余りないですが、THE THORを使っておけば大丈夫ですね。

SEO対策用プラグイン不要

WordPressを使用してサイト制作している人は、SEO対策用のプラグイン(拡張機能)をインストールしている場合が多いです。
それも1つではなく、SEO対策のために複数のプラグインをインストールしている場合も少なくありません。

しかし、THE THORはテーマ自体に十分なSEO対策がされており、SEO対策の機能が標準装備されているので、SEO対策用プラグインは要りません。

あれこれとプラグインをたくさん入れて、セキュリティ的なリスクが高まることもないので安心です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

WordPressのプラグインを入れすぎると、セキュリティ的なリスクが高まるだけでなく、動作の不具合を起こすリスクがあります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

THE THOR自体にSEO対策の機能が盛り込まれていて、SEO対策用のプラグインが要らないのは助かりますね。

THE THOR(ザ・トール)のSEO対策のまとめ

今回は、THE THORのSEO対策について解説しました。

THE THORは、テーマ自体に最新のSEO対策が十分されているので、使う人は何も難しいことをせずSEO対策ができてしまいます。
SEOを重視しているサイト構築にオススメです。

なお、THE THORについての全体的な解説はTHE THORを徹底解説をご覧ください。

Let's share !

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマークに登録する
  • LINEで送る

THE THOR(ザ・トール)の関連記事

このページのトップに戻る