現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

THE THOR(ザ・トール)アフィリエイト関連機能

最終更新日:

THE THOR(ザ・トール)のアフィリエイト関連機能を徹底解説

WordPressテーマ ザ・トールのトップページ

出典:ザ・トール

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
ホームページ制作会社の代表であり、現役のWebデザイナーでもある僕が、レスポンシブ対応のWordPressテーマについて解説しています。

WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」は、アフィリエイト関連の機能が充実していて収益化を支援してくれます。

今回は、THE THORのアフィリエイト関連機能について解説します。
この記事を読むことで、THE THORのアフィリエイト関連機能について知ることができ、THE THORがあなたに向いているWordPressテーマかどうかの判断材料になります。

なお、THE THORについての全体的な解説はTHE THORを徹底解説をご覧ください。

THE THOR(ザ・トール)のアフィリエイト関連機能とは?

アフィリエイトとは、インターネットと利用した成果報酬型の広告プログラムのことです。
A8.netなどのASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)に登録することで、アフィリエイトを始めることができます。

THE THORでは、アフィリエイトサイトを効率良く運営するための機能が充実しています。
一般的なWordPressではできないような機能ですが、アフィリエイト関連機能を活用すれば、かなり時間短縮ができたり、収益UPを図れます。

THE THOR(ザ・トール)の主なアフィリエイト関連機能

THE THORの主なアフィリエイト関連機能について解説します。

タグ管理機能で広告タグを一元管理

アフィリエイトサイトにおいて、記事ページが増えるほど、記事内に配置させたアフィリエイト広告などのタグ管理が煩雑になります。

THE THORのタグ管理機能は、そのような広告タグを一元管理できるので、効率の良いサイト運営が可能です。

一般的なWordPressテーマなら1時間以上は掛かるようなタグ変更の作業が、THE THORなら数秒で完了できます。
THE THORのタグ管理機能を使えば、ワンクリックでできるからです。
タグ管理機能により、無駄な作業に時間を取られず、記事作成に集中できます。

さらに、タグ管理機能には、広告タグのクリック率を自動計測してくれる機能など、サイトの収益化に貢献してくれる機能が網羅されています。

THE THORを使うことで作業を効率化できるので、生産性を格段に上げることができます。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

記事数が多くなるほど広告タグの管理が煩雑になりますが、THE THORなら一元管理できるのでミスも減ります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

記事作成以外の作業が減らせるなら、より良い記事を書くことに時間を割けますね。

CTAエリア設置で成果に直結

CTAとは「Call To Action」の略で、「行動喚起」のことです。
Webサイトにおいての「行動喚起」とは、サイト訪問者を具体的な行動に誘導することです。

具体的には「申込フォームへ移動」「広告ボタンのクリック」「お問い合わせの電話」などです。

一般的なホームページであれば、お問い合わせ用の電話番号や、お問い合わせフォームへ移動できるボタンが載せてある箇所がCTAエリアの一例です。

THE THORでは、行動導線分析から導き出された、ユーザーの目に付く位置に、CTAエリアを設置することができます。

記事を読んだ直後の、行動意欲が高まっている位置にCTAエリアを設置することで、ユーザーを「申し込み・広告ボタンクリック・お問い合わせ」などの行動へつなげやすくなります。

CTAエリア設置により、あなたのサイトからの収益を伸ばせるでしょう。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

収益に直結するCTAエリアの配置は、成果に影響する重要なポイントです。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

記事を読んで終わりでは、収益につながらないので、ユーザーの目に付く位置にCTAエリアを設置しないといけないですね。

広告をワンクリックで設置

サイトの収益化を考えている場合、記事執筆だけでなく、適度に広告を配置させる作業が発生します。

THE THORでは、インフィード広告やダブルレクタングル広告など、収益性の高い広告を、記事内に溶け込ませた形で複数配置することができます。

サイト閲覧者の視線の動きや行動導線から計算された、クリックされやすい位置に広告を配置することで、広告のクリック率が大幅にアップします。

AdSense広告などを活用して、サイトの収益化をする場合に活躍する機能です。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

記事内に、自然に広告バナーを設置することが大切です。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

THE THORなら、ユーザー心理を考慮した位置に広告を設置できるなら、初心者でも大丈夫ですね。

アフィリエイトに欠かせないランキング作成機能

一流アフィリエイターの多くが、ランキングサイトや比較サイトを収益源としています。
アフィリエイトで大きな収益を上げたいのなら、ランキングサイト・比較サイトは必須の手法です。

THE THORの「ランキング作成機能」なら、デザイン性に優れ・成果に結びつくランキングサイト・比較サイトがクリック操作だけで簡単に完成できます。

一般的なWordPressテーマでは上手くできないランキング作成が、THE THORなら簡単にできるので、一流アフィリエイターへの一歩をすぐに踏み出せます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

ランキング記事って、ただ並べるだけなら初心者でもできますが、見栄え良くするのは難しいんですよね。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

THE THORなら、デザイン性に優れたランキング記事を簡単に作れます。

カテゴリ・タグページもコンテンツ化・収益化

通常のWordPressテーマでは、カテゴリ・タグなどのアーカイブページは、カテゴリ名と記事一覧だけの味気ないものになることが多いです。

しかしTHE THORは、カテゴリ・タグページのトップに「自由コンテンツエリア」を設置することができます。
記事一覧箇所の上に、名前の通り、自由にコンテンツを作れます。

「自由コンテンツエリア」に、広告バナーや商品ランキングを配置することで、アーカイブページの収益化を図れます。

また、アーカイブページのコンテンツを充実させることで、検索エンジンの評価が高まり、アクセスアップも図れます。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

確かに、WordPressサイトのカテゴリページって、記事一覧が表示されているだけなことが多いですね。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

記事一覧が表示されているだけだけでは、収益化的にもSEO的にも弱いので、コンテンツを加えることで改善できます。

LP(ランディングページ)用のテンプレート

LP(ランディングページ)とは元々、検索結果や広告などを経由して、訪問者が最初にアクセスするページのことです。
ただ、これは広い意味でのLPであり、一般的には「訪問者のアクションを誘導することに特化した、縦長レイアウトのページ」のことを指します。

LPは、ページが分かれている一般的なサイトと異なり、訪問者が知りたい情報が1ページに集約されています。
そのため、自然と商品やサービスへの理解度が高まり、注文やお問い合わせなどのアクションを起こす確率が高まります。

THE THORは、LP用テンプレートを標準装備しているので、ワンクリックでLP用のテンプレートを設置できます。

LP作成をプロに依頼すると、数万円~数十万円という費用が掛かるので、自分で作成できるのは費用的にも大きなメリットです。

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

LPをプロに依頼すると、時間も費用も大きく掛かります。

ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

THE THORを利用して自分で作れば、早く安く完成できますね。

THE THOR(ザ・トール)のアフィリエイト関連機能のまとめ

今回は、THE THORのアフィリエイト関連機能について解説しました。

THE THORは、アフィリエイトサイトで役立つ機能が満載なので、よりクオリティの高いサイト作成ができ、収益アップを期待できます。
WordPressを使用したアフィリエイトサイトを考えている人にオススメです。

なお、THE THORについての全体的な解説はTHE THORを徹底解説をご覧ください。

Let's share !

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマークに登録する
  • LINEで送る

THE THOR(ザ・トール)の関連記事

このページのトップに戻る