現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

ホームページ自作ガイドホームーページ自作のメリット&デメリット

ホームーページ自作のメリット&デメリット
ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
ホームページ制作会社の代表であり、現役のWebデザイナーでもある僕が、ホームページを自作するための基礎知識を解説しています。

ホームページ制作会社などのプロに依頼せず、ホームページを自作するメリットはたくさんあります。
しかし、何事もメリットがあれば必ずデメリットもあるように、ホームページ自作にもデメリットがあります。

こちらの記事を読むことで、メリットとデメリットについて理解した上で、検討できます。
どちらが良いのかは、自分の状況や考えによって選択してください。

ホームページを自作するメリット

ホームページ作成を考えたとき、制作会社などのプロに依頼する場合も多いです。
しかし一方、ホームページを自分で作成する場合も少なくありません。

ホームページ自作には、どのようなメリットがあるのでしょうか。
まずは、メリットについて解説します。

制作コストを圧倒的に抑える事ができる

ホームページ制作コストを圧倒的に抑える事ができる

ホームページを自作すれば、制作コストを圧倒的に抑える事ができます。
ホームページを自作する「最大のメリット」と言えます。

ホームページ制作会社に依頼した場合の制作費は、ボリュームや仕様、制作会社などにもよりますが、初期に20万円~100万円ほど掛かります。
Webデザイナーなどの人件費を考えれば、そのくらい掛かってしまうのは当然だと思います。

しかし、ホームページを自分で作成すれば、ドメインやサーバー、ホームページ作成サービスの利用料のみで済むため、制作コストを圧倒的に安価に抑えることができます。

特に、これから起業する方にとっては、ホームページ作成費を抑えられることで、限られた開業資金を他のことに活用できるので助かるでしょう。

運営コストを抑える事ができる

ホームページ運営コストを抑える事ができる

ホームページ作成に掛かる費用は制作費だけではありません。
完成後には、維持費や更新費も発生します。

ホームページ制作会社に作成を依頼し、サイト管理も任せる場合、「サイト管理費」などの名目で月額数千円~数万円の費用が掛かります。
特にホームページを更新することがなくても毎月固定で発生するため、経費の垂れ流しになっている場合も少なくないです。

制作会社の中には、「制作費は無料だけど、5年間はサイト管理費が要る。」として、5年のリース契約(もしくはローン契約)をさせる会社もあります。
「制作費無料」に飛びついて契約したものの、5年間は途中解約できず、結局は数百万円もの超高額なホームページ作成を依頼したのと同じになってしまいます。

ホームページ作成サービスを利用していれば、辞めたいときに辞めることができます(※ただし、サービスにより、年単位での契約になっている場合があります。)。

ホームページ作成サービスを利用することで、運営コストも圧倒的に安価に抑えることができます。
ホームページの運営に掛ける費用を抑えられた分、広告費など他の出費に予算を回すことができます。

いつでも自由に更新やページ追加ができる

いつでも自由にホームページの更新やページ追加ができる

通常、ホームページで更新したい箇所が発生した場合は、制作会社に相談して見積依頼し、見積書が届いて金額がOKであれば、その内容・金額で更新依頼をします。
更新作業も含めて月額費用を支払っている場合は、決められた範囲内であれば、追加費用無しで更新依頼できます。

そして、数日後に更新完了の報告があり確認し、問題なければ完了、必要に応じて修正依頼を行います。
少しの変更であっても、このようなやり取りが発生します。
しかし、もし自分で更新できるのであれば、即日変更完了させることもできるのです。

制作会社の営業時間外や休業日を気にせず、ホームページを変えたいときにすぐ変えられることで、事業により役立てるホームページ運営ができます。

最新の情報を早くアップできる

ホームページに最新の情報を早くアップできる

上記の「いつでも自由に更新やページ追加ができる」とつながる部分でもありますが、自分で更新できるのであれば、すぐにでも載せたい情報をいち早く自社で載せることができます。
最新の商品情報や、今日の集客・注文につなげる為の情報など、即日アップが可能です。

チラシなどの紙媒体と違って、すぐに何度でも変更できるという、ホームページをメリットを最大限に活かすことができます。

ホームページを自作するデメリット

ホームページを自作するメリットはたくさんありますが、デメリットもあります。
デメリットも理解した上で、ホームページ自作をすべきか検討した方が良いです。

ホームページ自作には、どのようなデメリットがあるのでしょうか。
デメリットについて解説します。

作成する手間が掛かる

ホームページ作成する手間が掛かる

自分でホームページ作成するということは、ホームページの構成や載せる内容などを一から考えなくてはいけません。
どうしても、それなりに時間が掛かってしますます。
日常業務が忙しい中でその時間を作れない場合は、完成までに時間が掛かってしまい、途中でホームページ自作を挫折してしまうかもしれません。

実は、ホームページ作成する作業そのものより、各ページに載せる原稿を考えたり、使う写真を用意することの方が面倒だったりします。

プロに依頼するにしても、原稿や写真の用意は要ります。
ただ、ホームページの構成についてはプロに提案してもらえますし、原稿についてもアドバイスをもらうことができます。
その点、ホームページ自作だと、全てを自分で考えて決めなくてはいけない点は、人によっては最大のデメリットになり得ます。

ホームページを自作するつもりでいた方は、少し不安になってしまったかもしれませんが、ご安心ください。
インターネットで検索すれば、たくさんのホームページを見ることができます。
ホームページでどういうページを作っているか、どのような内容を載せているのか、同業他社のホームページを参考にして考えることができます。
もちろん丸パクリはNGですが、他のホームページを参考にして、自社に合ったホームページを作って行きましょう。

10ページ位までのホームページであれば、ゆっくり進めて行っても1~2ヶ月で完成できると思います。

素人感のあるデザインになるかもしれない

ホームページ自作を考えたときに、最も心配になるのは、「デザインが素人っぽくならないか」ではないでしょうか?

ホームページ作成サービスを利用すれば、豊富なデザインテンプレートが用意されているので、プロが作成したようなデザインのホームページを作れます。

しかし、ページ内に使用する画像が素人っぽくなってしまう可能性はあります。
プロカメラマンに撮影してもらった、写真を持っていない場合もあるでしょう。

この点は、画像素材をダウンロードして使用できる画像販売(配布)サイトを利用することで、クオリティの高い画像を載せることができます。
「画像素材 フリー」「画像素材 販売」などと検索すれば、様々な画像素材配布サイトが見付かります。
無料のサイトもたくさんありますが、有料のサイトの方が、画像のクオリティが高い傾向があります。
写真以外に、イラスト素材やアイコン素材もあるので、活用して素人感を消しましょう。

他のサイトとデザインが似てしまう事がある

ホームページ作成サービスには、豊富なデザインテンプレートが用意されています。
ということは、同じホームページ作成サービスを利用していて、かつ同じテンプレートを選択したホームページが他にも存在するということです。

ただし、使用する画像、設定する色などによりホームページの雰囲気は変わるので、同じテンプレートであっても異なる雰囲気にはなります。
唯一無二のオリジナルデザインにこだわる場合は、ホームページ自作は向いていないと言えます。
プロに依頼して、オリジナルデザインのホームページを作成してもらいましょう。

まとめ

ホームページ自作にはメリットが多いですが、しっかりデメリットも理解した上で選択することが大切です。
その上で、デメリットよりメリットが上回るのであれば、ホームページを自作しましょう。

Let's share !

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマークに登録する
  • LINEで送る

こちらの記事もチェック!

このページのトップに戻る