現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

ホームページ自作ガイドホームーページ自作が向いている? or 向いていない?

ホームーページ自作が向いているor向いていない

ホームーページ自作のメリット&デメリットについて理解はできたけど、自分の場合はホームページ自作をした方が良いのかどうか、迷う方も少なくないと思います。

ホームページ自作が向いているのか、向いていないのか判断するにあたって考えるポイントを解説いたします。

こちらの記事を読むことで、ホームページ自作が自分に合っているか判断していただけます。

ホームページ自作が向いている場合

ホームページ自作にメリットが多いと感じても、自分に向いているとは限りません。
どのような状況であれば、ホームページ自作が向いているのでしょうか。

ここでは、ホームページ自作が向いている場合について解説します。

大きな制作コストを掛ける事ができない

ホームページ制作をプロに依頼すると、数十万円以上の制作費が掛かります。
そして、初期の制作費だけでなく、運営費として1ヶ月あたり数千円~数万円掛かります。

ホームページ制作に限らずですが、自分でするよりプロの依頼する方が、費用が掛かることが多いので、当然とも言えます。

状況や経営方針などにより、ホームページ制作に大きくコストを掛けられない場合は、ホームページ自作が向いています。
向いているというより、ホームページ自作の選択しかないかもしれません。

オリジナルデザインにはこだわらない

それなりにちゃんとしたデザインのホームページは持ちたいけど、特別こだわりが強いという訳ではない場合です。

ホームページ作成サービスでは、豊富なデザインテンプレートが用意されているとは言え、同じテンプレートのホームページが他に存在することになります。
それについて、それほど気にしないのでしたら向いていると思います。

一般的な会社や店舗のホームページが必要

ホームページといっても様々なタイプがありますが、特殊な機能や仕様は求めっておらず、会社や店舗などを紹介するための一般的なホームページが要る場合です。

「特殊な機能や仕様」がどのようなものを指しているのか、正直、一言で説明するのは難しいのですが・・・
例えば、プロに依頼してオリジナルプログラムを組んでもらう必要があるホームページや、多数の商品などを管理画面から簡単に登録できるようなホームページでしょうか。

逆に、ここで言う「一般的なホームページ」とは、特殊な機能や仕様が必要ではないページのみのホームページを指しています。
そのようなホームページであれば、ホームページ作成サービスなどを利用して自作することができるでしょう。

運営コストを抑えて自社で更新したい

ホームページは完成後も、制作会社にサイト管理費や更新費の支払が発生します。
何も変更しなくても月額固定費が発生する場合も少なくないので、長い目で見ると、運営コストだけでも大きな金額になります。

また、ホームページを運営して行く中で、新しいページを追加したくなることがあると思います。
そのようなページ作成は、月額費用とは別で掛かることが多いです(契約内容により異なります)。

自分でホームページ作成することで、運営コストを大幅に抑えることができます。

ホームページ自作が向いていない場合

メリットが多いように見えるホームページ自作ですが、状況によっては向いていない場合もあります。
メリットだけを見て、ホームページ自作を進めてしまうと、結果的に「考えていたホームページが作れない」ということになりかねません。

ここでは、ホームページ自作が向いていない場合について解説します。

自分で作成する時間が取れない

ホームページ作成サービスを利用すれば簡単に作れるとは言え、どういう内容のホームページにするか、自分で一から考えて作って行くのには、それなりの時間が掛かります。

日常業務が多忙で、ホームページ作成の時間をしっかり取ることができず、完成までに長い期間が掛かり過ぎるかもしれません。
自作することに決めて作り始めたものの、途中で放置してしまっては、いつまでもホームページを持てません。

もし、ホームページ作成の時間を取れないのであれば、プロに依頼した方が良いでしょう。
コストは掛かりますが、お金で時間を買う発想で依頼して、本業に集中できます。

完成後は自社で更新できるように、ホームページ作成サービスを利用したホームページをプロに依頼する選択もあります。
この方法であれば、初期制作費も少し抑えることができ、かる運営費を大幅に抑えることができます。

デザインはオリジナルにこだわりたい

ホームページ作成サービスでは豊富なデザインテンプレートが用意されていますが、あくまでテンプレートなので、オリジナルデザインではありません。
同じテンプレートを選んでいるホームページが、他にもあるということです。

会社や店舗、商品のブランディングを意識してオリジナリティのあるこだわりのデザインにしたい場合は、自作では難しいです。
デザインのコンセプトから相談し、制作会社に依頼することをお勧めします。

テンプレートでは対応できない仕様が必要

ホームページ作成サービスやWordPressテーマは、多くのホームページで必要とされる仕様を想定して作られています。
その為、何か特殊な機能や仕様が要る場合は、対応できなくなります。

ただし、WordPressテーマであれば、プラグイン(拡張機能)を追加することで、機能を追加して実現できることも多いです。
プラグインは無料でもたくさんありますが、自分が求めている機能が実現できるプラグインを見付けられて、上手く使いこなせるかは、あなたのスキルにも左右されます。
それでも、プラグインの仕様に準じるので、求められている仕様を実現できない可能性があります。

仕様でこだわりがある場合は、プロに依頼しましょう。

プロに相談してサイト構成から考えたい

ホームページを作るということは、売上や集客の向上、ブランディングや採用など、何か目的があると思います。
ホームページに成果を求める場合、デザインの良し悪し以前に、サイト設計も重要になります。
単にホームページも持っているだけでは達成できないことも多く、成果を出すためには、プロのノウハウが要るかもしれません。

ホームページのコンセプトやページ構成、載せる内容、Web戦略など、プロに相談して作成したい場合は、制作会社に依頼した方が良いです。
制作費を抑えてホームページを作れたのは良いけど、ホームページに期待していた成果を得られないのであれば、本末転倒だからです。

こちらの記事もチェック!

このページのトップに戻る