現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

業者に依頼するホームページ制作費の相場と疑問

プロに依頼するホームページの制作費の相場とは?

ホームページ作成を制作会社に依頼すると、いくらぐらい掛かるのかご存知でしょうか?
既にいくつかの制作会社のホームページを見たものの、制作会社によってバラバラで「この差は何?」と疑問を感じられたかもしれません。

ここでは、ホームページ制作費の相場や、制作費について皆さんが疑問を感じているであろう部分を解説します。

こちらのページを読むことで、制作会社のホームページ制作費の相場や事情ついて知ることができます。

ケース別に見るホームページ制作費の相場

ホームページを制作会社に依頼した場合の大まかな費用感です。
同じページ数であっても仕様の違いや、制作会社によって制作費は変わります。
あくまで参考程度にご覧ください。

会社やお店のホームページ作成を制作会社に依頼した場合

共通して、以下の条件を想定しています。

  • オリジナルデザイン
  • WordPress導入
  • スマホ版(レスポンシブWebデザイン)あり
小規模(10ページ程度) 40万円~80万円
最低限必要な情報を載せているタイプのホームページです。
ホームページを自作しようか検討する方で、最も多い規模ではないかと思います。
中規模(30ページ程度) 80万円~120万円
商品やサービスの紹介をしっかり載せるのはもちろん、採用情報についても詳しく載せているタイプのホームページです。
自分でも対応できる規模の、ギリギリのラインではないでしょうか。
大規模(80ページ程度) 150万円~200万円
大規模になると、デザイン以前にホームページ全体の構成や導線、成果を出すための戦略など、高度な専門知識が必要になります。
制作会社に依頼することをお勧めしますが、もし自社で制作するのでしたら、Web専門のスタッフを専属で採用すべきだと思います。

ネットショップ作成を制作会社に依頼した場合

共通して、以下の条件を想定しています。

  • オリジナルデザイン
  • スマホ版(レスポンシブWebデザイン)あり
既存のシステムを利用 80万円~200万円
1からショッピングシステムを開発せず、既存のシステムをベースにして作成する方法です。
仕様は、その既存システムに準じるので自由度は高くないですが、制作費を安価に抑えることができます。
オリジナルのシステム開発 300万円~
1からショッピングシステムを開発して作成する方法です。
そのネットショップのために開発するので、予算が許す範囲内で自由な仕様のサイトにできます。

ページ数だけで制作費が決まらない理由

ホームページ制作会社に電話で問い合わせて、作りたいページ数と伝えても「一度打ち合わせしてからでないと答えられません。」「だいたい○○円位にはなると思いますが、内容によって変わります。」というような曖昧な回答しかもらえないことがよくあります。

なぜページ数だけで制作費が決まらないのでしょうか?
また、内容が同じようなホームページなのに制作費が違うのはなぜなのでしょうか?

その理由を知るには、まず制作会社が見積額を計算するときの根拠を知っておく必要があります。
ホームページ制作費の見積額を計算するときに見るポイントには、以下のようなものがあります。

  • ページ数
  • 1ページあたりの長さ
  • 動きや機能などの仕様
  • 求められるデザインのレベル(シンプル or 複雑)
  • WordPressなどのCMSは要るのか
  • 管理画面でどこまで更新できるようにするのか
  • ホームページ内で使うバナーや画像のデザインの作成量

上記は、ほんの一例です。
実際は、もっと多くの項目を考慮してホームページ制作費を見積もります。

考える項目がたくさんありますが、ホームページ制作費の大部分を占めるのは人件費です。
要は「どれだけ手間が掛かるか」「その手間に対していくら欲しいか」です。
シンプルにまとめると、「手間が掛かるホームページほど高くなる」と言えます。

制作会社によって制作費にバラつきがあるのはなぜか?

同じ内容で複数のホームページ制作会社に見積依頼をすると、制作会社によって見積額が異なります。
それも、少しの差ではなく大きな差があることも珍しくありません。

なぜ制作会社によって、ここまで差が出てしまうのでしょうか?
この差は何の差なのでしょうか?

人件費

上記で「ホームページ制作費の大部分を占めるのは人件費」と述べましたが、これが要因の1つです。
一概には言えませんが、規模が大きい制作会社ほど、制作費が高くなる傾向があります。
制作会社の規模は様々で、社員が2~3人の小規模な会社から、社員が数十人もの大規模な会社まであります。
社員2~3人であれば、営業や打ち合わせ、実際の制作からサポートまで1人で行っている場合も多いです。
しかし、中規模~大規模な制作会社になると「営業マン」「ディレクター」「デザイナー」「コーダー」「事務員」など多くの職種が在籍していて、1つのホームページ制作を分業で取り組んでいたりします。
その人たちの人件費を制作費に反映しないといけないので、小規模の制作会社と同じような金額では受注できないのです。

広告費

ホームページ制作の受注につなげるために、どれだけの広告費を使っているかも関係しています。
広告は、Googleなどの検索結果の上部・下部に表示される検索連動型広告や、ホームページ制作専門の比較サイトへの掲載などがあります。
人件費以外にも、広告費も制作費に反映されることになるので、広告をたくさん出している制作会社は制作費も高くなります。

完成後の運営費も含めて考えることが重要

プロに依頼すると制作費が高くつくことは誰もが想像の範囲内だと思います。
しかし、ホームページは作って終わりではないので、完成後に掛かる費用も頭に入れておく必要があります。

完成後も「ホームページ管理費」「ホームページ更新費」などの名目で、月額費用が発生します。
制作会社によっては、あえて初期制作費を安く抑えて、完成後の管理費を高めに設定しているところもあります。
申込のハードルと下げて受注につなげて、月額費用で儲けていこうという戦略です。

もしホームページ制作会社に依頼するのでしたら、完成後にどのような費用が発生するのかも、契約前に確認しておくことをお勧めします。

こちらの記事もチェック!

このページのトップに戻る