現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

ConoHa WING(コノハ ウィング)料金プラン

最終更新日:

ConoHa WING(コノハ ウィング)の料金プランを比較&費用を徹底解説!

料金プランを比較&徹底解説
ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

ConoHa WINGは、どんなプランがあるの?
ConoHa WINGの各プランの違いは?
自分は、ConoHa WINGのどのプランが向いているの?

今回は、ConoHa WING(コノハ ウィング)に関する、上記のような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ConoHa WINGの料金プラン
  • ConoHa WINGで別料金になる機能
  • ConoHa WINGの料金プランに関するQ&A

本記事の執筆者

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
私は、現役のWebデザイナーとして、ホームページ制作会社の代表をしています。

本記事は、以下のような人にオススメです

  • ConoHa WINGの料金プランの違いを知って選択したい。
  • ConoHa WINGが自分に向いているかを判断したい

本記事を読むことで、ConoHa WINGの料金プランについて知ることができ、ConoHa WINGがあなたに向いているレンタルサーバーかどうかの判断材料になります。

結論を先に言うと

ConoHa WINGの料金プランは一見、複雑そうに見えますが、多くの人は「WINGパック」の[ベーシックプラン]が適しています。
時間課金制の料金タイプで「通常」は、3ヶ月以内の短期利用を考えている場合のみ検討してください。

では、ConoHa WING(コノハ ウィング)の料金プランについて徹底解説していきます!

なお、ConoHa WINGについての全体的な解説じゃ『ConoHa WING(コノハ ウィング)の評判は!? 特徴・メリット・デメリットを徹底解説!』をご覧ください。

ConoHa WING(コノハ ウィング)の2つの料金タイプ

ConoHa WINGの料金プランを選ぶ際は、ConoHa WINGには2つの料金タイプがあることを知っておく必要があります。

ConoHa WINGで用意されている料金タイプは、以下の2つです。

  • WINGパック
  • 通常

WINGパック

ConoHa WINGの「WINGパック」は、レンタルサーバーと独自ドメインがセットになった長期利用割引プランです。

レンタルサーバーを3ヶ月以上利用するなら「WINGパック」の料金タイプがオススメです。

「WINGパック」には以下のメリットがあります。

  • 契約期間が長いほどサーバー料金がお得
  • 独自ドメインが2つ永久無料
  • 人気WordPressテーマが割引価格で使える

契約期間が長いほどサーバー料金がお得

「WINGパック」は、ConoHa WING通常料金より最大50%オフで使えるプランです。

契約期間が長いほどサーバー料金がお得になります。
レンタルサーバーを長く利用するつもりでしたら、36ヶ月契約にしておくことがオススメです。

例えば「WINGパック」で最安の[ベーシックプラン]だと、契約期間によって以下のように料金が変わります。

3ヶ月 ¥1,210 / 月 8%OFF
6ヶ月 ¥1,100 / 月 16%OFF
12ヶ月 ¥911 / 月 30%OFF
24ヶ月 ¥861 / 月 34%OFF
36ヶ月 ¥660 / 月 50%OFF

独自ドメインが2つ永久無料

「WINGパック」契約中は、Webサイト運営で必須である独自ドメインを、最大2つまで永久無料で利用できます。

永久無料特典の対象ドメインは、以下の通りです。

.com / .net / .xyz / .tokyo / .info / .biz / .org / .click / .link / .pw / .shop / .blog / .club / .fun / .games / .online / .site / .space / .tech / .website

上記のドメインであれば、別サービスで取得する手間や費用が省けて便利です。

人気WordPressテーマが割引価格で使える

「WINGパック」契約者様限定で、WordPressテーマを割引価格でお得に利用できます。
どれもSEO対策に優れており、人気のWordPressテーマばかりです。

テーマ名 価格
THE SONIC ¥8,580 / 年 ⇒ ¥6,578 / 年
JIN ¥14,800 ⇒ ¥13,750
SANGO ¥11,000 ⇒ ¥9,790

通常

ConoHa WINGの「通常」は、最低利用期間がなく、1時間単位で料金が決まるプランです。

短期間の利用のみで、使った時間分だけ支払いたい人にオススメの料金タイプです。

例えば、「通常」で最安の[ベーシックプラン]なら1時間¥2.2で利用できます。
ただし、1ヶ月最大¥1,320の上限があるので、1ヶ月間フルに利用したとしても¥1,320を超えることはありません。
(もし上限がなく、30日間フルに利用した場合は¥1,584になります)

「WINGパック」と「通常」の選び方 / おすすめ

結論を先に言うと、ほとんどの人には「WINGパック」がオススメです。
普通にレンタルサーバーを借りて、ホームページやブログの運営をするなら「WINGパック」の方が断然お得だからです。

逆に「通常」の方がお得になるのは、3ヶ月以内で限定的に利用したい場合です。
そのような使い方をするケースは少ないと思いますが、キャンペーンやイベントのために短期間だけ利用したいなら「通常」のプランを選んでください。

ConoHa WING「WINGパック」の料金プラン

料金プランについて

ConoHa WINGの「WINGパック」の料金プランについて解説します。

「WINGパック」の料金プランは、以下の3つです。

  • ベーシックプラン
  • スタンダードプラン
  • プレミアムプラン

ベーシックプラン

初期費用 ¥0
月額料金(36ヶ月契約の場合) ¥660
SSD 300GB
転送量 無制限
ドメイン 無制限
データベース 無制限
メモリ 8GB
vCPU 6コア
自動バックアップ
無料独自SSL

ConoHa WING「WINGパック」の[ベーシックプラン]は、月額料金¥660(36ヶ月契約の場合)で利用できるプランです。

最安のプランですが、上位のプランと変わらず、すべての機能を使うことができます。

そして、SSDは300GBもあり、転送量・ドメイン数・データベース数が無制限です。
そのため、一般的なホームページやブログサイトであれば、10サイト入れても余裕で大丈夫です。

これからレンタルサーバーを借りてサイト運営を始めるなら、ほとんどの場合は[ベーシックプラン]で十分です。

スタンダードプラン

初期費用 ¥0
月額料金(36ヶ月契約の場合) ¥1,925
SSD 400GB
転送量 無制限
ドメイン 無制限
データベース 無制限
メモリ 12GB
vCPU 8コア
自動バックアップ
無料独自SSL

ConoHa WING「WINGパック」の[スタンダードプラン]は、月額料金¥1,925(36ヶ月契約の場合)で利用できるプランです。

使える機能数は[ベーシックプラン]とまったく同じですが、「SSD」「メモリ」「vCPU」の量が増えています。
「メモリ」「vCPU」は、入れるサイトの数や規模と関連するので、基本的には「SSD」のみを気にすれば大丈夫です。

[スタンダードプラン]は、サイト数が増えてきたり、サイト規模が大きくなったことにより、[ベーシックプラン]でスペック不足を感じるようになった人にオススメです。

プレミアムプラン

初期費用 ¥0
月額料金(36ヶ月契約の場合) ¥3,850
SSD 500GB
転送量 無制限
ドメイン 無制限
データベース 無制限
メモリ 16GB
vCPU 10コア
自動バックアップ
無料独自SSL

ConoHa WING「WINGパック」の[プレミアムプラン]は、月額料金¥3,850(36ヶ月契約の場合)で利用できるプランです。

使える機能数は[スタンダードプラン]とまったく同じですが、「SSD」「メモリ」「vCPU」の量が増えています。
「メモリ」「vCPU」は、入れるサイトの数や規模と関連するので、基本的には「SSD」のみを気にすれば大丈夫です。

[プレミアムプラン]は、サイト数が増えてきたり、サイト規模が大きくなったことにより、[スタンダードプラン]でスペック不足を感じるようになった人にオススメです。

「WINGパック」の各プランの比較

ConoHa WINGの「WINGパック」の各プランの比較表です。

以下は、機能の一部のみをピックアップしています。
詳しい機能比較は、ConoHa WING (公式サイト)でご確認ください。

  ベーシック スタンダード プレミアム
月額料金
(36ヶ月契約の場合)
¥660 ¥1,925 ¥3,850
SSD 300GB 400GB 500GB
転送量 無制限 無制限 無制限
ドメイン 無制限 無制限 無制限
データベース 無制限 無制限 無制限
メモリ 8GB 12GB 16GB
vCPU 6コア 8コア 10コア
自動バックアップ
無料独自SSL

プラン間で使える機能数の差はなく、SSDのデータ容量の差が主な違いです。

「WINGパック」の料金プランの選び方/ おすすめ

ConoHa WINGの「WINGパック」でオススメのプランは[ベーシックプラン]です。
「WINGパック」で最安のプランですが、SSDが300GBもあるので、10~20のWordPressサイトを入れても余裕で大丈夫です。
ほとんどの人は[ベーシックプラン]で大丈夫でしょう。

ただし、最初から数十サイトを入れる予定で、[ベーシックプラン]でスペック不足を感じるようでしたら、[スタンダードプラン]以上も検討してみてください。

ConoHa WING「通常」の料金プラン

料金プランについて

ConoHa WINGの「通常」の料金プランについて解説します。

「通常」の料金プランは、以下の3つです。

  • ベーシックプラン
  • スタンダードプラン
  • プレミアムプラン

ベーシックプラン

初期費用 ¥0
料金 ¥2.2 / 時
1ヶ月最大料金 ¥1,320
SSD 300GB
転送量 無制限
ドメイン 無制限
データベース 無制限
メモリ 8GB
vCPU 6コア
自動バックアップ
無料独自SSL
最低利用期間 なし

ConoHa WING「通常」の[ベーシックプラン]は、1時間¥2.2で利用できるプランです。
ただし、1ヶ月最大料金が¥1,320なので、どれだけ利用しても月額¥1,320を超えることはありません。

最安のプランですが、上位のプランと変わらず、すべての機能を使うことができます。

そして、SSDは300GBもあり、転送量・ドメイン数・データベース数が無制限です。
そのため、一般的なホームページやブログサイトであれば、10サイト入れても余裕で大丈夫です。

これからレンタルサーバーを借りてサイト運営を始めるなら、ほとんどの場合は[ベーシックプラン]で十分です。

スタンダードプラン

初期費用 ¥0
料金 ¥4.4 / 時
1ヶ月最大料金 ¥2,640
SSD 400GB
転送量 無制限
ドメイン 無制限
データベース 無制限
メモリ 12GB
vCPU 8コア
自動バックアップ
無料独自SSL
最低利用期間 なし

ConoHa WING「WINGパック」の[スタンダードプラン]は、1時間¥4.4で利用できるプランです。
ただし、1ヶ月最大料金が¥2,640なので、どれだけ利用しても月額¥2,640を超えることはありません。

使える機能数は[ベーシックプラン]とまったく同じですが、「SSD」「メモリ」「vCPU」の量が増えています。
「メモリ」「vCPU」は、入れるサイトの数や規模と関連するので、基本的には「SSD」のみを気にすれば大丈夫です。

[スタンダードプラン]は、サイト数が増えてきたり、サイト規模が大きくなったことにより、[ベーシックプラン]でスペック不足を感じるようになった人にオススメです。

プレミアムプラン

初期費用 ¥0
料金 ¥8.8 / 時
1ヶ月最大料金 ¥5,280
SSD 500GB
転送量 無制限
ドメイン 無制限
データベース 無制限
メモリ 16GB
vCPU 10コア
自動バックアップ
無料独自SSL
最低利用期間 なし

ConoHa WING「WINGパック」の[プレミアムプラン]は、1時間¥8.8で利用できるプランです。
ただし、1ヶ月最大料金が¥5,280なので、どれだけ利用しても月額¥5,280を超えることはありません。

使える機能数は[スタンダードプラン]とまったく同じですが、「SSD」「メモリ」「vCPU」の量が増えています。
「メモリ」「vCPU」は、入れるサイトの数や規模と関連するので、基本的には「SSD」のみを気にすれば大丈夫です。

[プレミアムプラン]は、サイト数が増えてきたり、サイト規模が大きくなったことにより、[スタンダードプラン]でスペック不足を感じるようになった人にオススメです。

「通常」の各プランの比較

ConoHa WINGの「通常」の各プランの比較表です。

以下は、機能の一部のみをピックアップしています。
詳しい機能比較は、ConoHa WING (公式サイト)でご確認ください。

  ベーシック スタンダード プレミアム
料金 ¥2.2 / 時 ¥4.4 / 時 ¥8.8 / 時
1ヶ月最大料金 ¥1,320 ¥2,640 ¥5,280
SSD 300GB 400GB 500GB
転送量 無制限 無制限 無制限
ドメイン 無制限 無制限 無制限
データベース 無制限 無制限 無制限
メモリ 8GB 12GB 16GB
vCPU 6コア 8コア 10コア
自動バックアップ
無料独自SSL

プラン間で使える機能数の差はなく、SSDのデータ容量の差が主な違いです。

「通常」の料金プランの選び方/ おすすめ

ConoHa WINGの「通常」でオススメのプランは[ベーシックプラン]です。
「通常」で最安のプランですが、SSDが300GBもあるので、10~20のWordPressサイトを入れても余裕で大丈夫です。
ほとんどの人は[ベーシックプラン]で大丈夫でしょう。

ただし、最初から数十サイトを入れる予定で、[ベーシックプラン]でスペック不足を感じるようでしたら、[スタンダードプラン]以上も検討してみてください。

ConoHa WING(コノハ ウィング)で別料金の費用

ConoHa WINGで別料金の費用です。
以下については、ConoHa WINGの月額料金とは別で、費用が発生する場合があります。

独自ドメイン

独自ドメインを取得

ConoHa WINGを契約すると「○○○.conohawing.com」という形の初期ドメインが、1アカウントにつき1つ付いています。
ConoHa WINGの申し込みとともに自動的に割り当てられた無料のドメインです。

しかし、もしビジネスでサイト運営をするなら、初期ドメインではなく独自ドメインを使用することが必須です。

ConoHa WINGでは、2つある料金タイプのうち「WINGパック」の契約中は、2つまで独自ドメインの更新料金が、ずっと¥0で利用できる特典があります。

もし、無料特典対象外のドメインを使用する場合は、別途費用が掛かります。

ConoHa WING(コノハ ウィング)の料金プランに関するQ&A

よくある疑問にお答えします

ConoHa WINGの料金プランに関する、よくある質問に回答します。

リザーブドプランって何?

ConoHa WINGの料金案内ページで、見落としてしまいそうな部分に載っているのですが、「リザーブドプラン」というプランも用意されています。

リザーブドプランとは、1契約毎にメモリ・vCPUが割り当てられているため、より安定性の高い稼動ができるプランです。
メモリやvCPUの割り当てが、他のユーザーの利用状況に影響されないため、レンタルサーバーの手軽さはそのままで、安定したサーバー環境を利用できます。

リザーブドプランには以下の特徴があります。

  • 収容ホスト内の利用者が増えても、割り当てられるメモリとvCPUコア数は保証。
  • 急激なアクセス増加時は、すぐにサーバーの負荷を検知し、自動でスケールアップ。
  • 独自にチューニングされた強力なキャッシュ機能で、膨大なアクセスにも対応可能。

ConoHa WINGは途中でプラン変更できる?

ConoHa WINGは、上位プランや下位プランへ、いつでも好きなタイミングでプラン変更が可能です。

上位プランに変更する場合は、契約期間残⽇数分の「⽇割り額の差額」を支払えば、すぐにプラン変更できます。
ただし、下位プランに変更する場合は、差額の返金はされません。

ConoHa WINGの支払い方法は?

ConoHa WINGでは、以下の支払い方法から選ぶことができます。

  • クレジットカード決済
  • ConoHaチャージ残高より決済

オススメの支払い方法は、支払いがすぐ反映されるクレジットカード決済です。

ちなみに「ConoHaチャージ」とは、予め利用料金分をチャージ(入金)しておくことで、決済できるConoHa独自の支払い方法です。
(ConoHaチャージをご選択の場合、サービス開始前に最低¥500の入金が必要です)

ConoHa WING(コノハ ウィング)の料金を安くする方法

ConoHa WINGの料金を少しでも安くして利用する方法は、以下の通りです。

  • 「WINGパック」で長期契約をする
  • ConoHa学割を利用する

「WINGパック」で長期契約をする

ConoHa WINGを3ヶ月以上利用する予定の人は、迷いなく「WINGパック」を選んでください。
「WINGパック」の方が断然お得です。

そして、「WINGパック」の中でも、より長い契約期間の方が1ヶ月あたりの料金が安くなります。
ConoHa WINGでは常に、何かしらのキャンペーンが開催されていることが多く、最大50%キャンペーンも頻繁に開催されています。

例えば、通常価格¥1,320の[ベーシックプラン]で最大50%キャンペーン開催中でも、契約期間によって以下のように料金が変わります。

契約期間 1ヶ月の料金
3ヶ月 ¥1,210
6ヶ月 ¥1,100
12ヶ月 ¥872
24ヶ月 ¥823
36ヶ月 ¥660

契約期間以外は同じ条件で36ヶ月間利用する場合、3ヶ月契約と36ヶ月契約では合計¥19,800もの差があります。

ConoHa学割を利用する

ConoHa WINGでは、学生・教職員を応援するために「ConoHa学割」が用意されています。
ConoHa学割は、ConoHaカードなどの対象商品を10%OFFで購入できる特典です。

ちなみに、ConoHa学割を利用できる対象者は、以下の通りです。

  • 日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生
  • 日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の教職員

もし、対象者に当てはまる場合は利用しましょう。

ConoHa WING(コノハ ウィング)の料金プランのまとめ

今回は、ConoHa WINGの料金プランについて徹底解説しました。

ConoHa WINGの料金プランは一見、複雑そうに見えますが、多くの人は「WINGパック」の[ベーシックプラン]が適しています。
時間課金制の料金タイプで「通常」は、3ヶ月以内の短期利用を考えている場合のみ検討してください。

なお、ConoHa WINGについての全体的な解説じゃ『ConoHa WING(コノハ ウィング)の評判は!? 特徴・メリット・デメリットを徹底解説!』をご覧ください。

このページのトップに戻る