現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

初心者に知ってほしい!32のホームページ用語

初心者のためのホームページ用語集

ホームページに関連する専門用語は膨大にあります。
しかし、初心者がホームページ作成サービスなどを使って作成する上では、それほど多くの用語を知っておく必要はないです。
ここでは、Web初心者がホームページ作成をする上で、知っておいた方が良い用語のみをまとめました。

ホームページ作成全般

サーバー

サーバーとは、ホームページのデータを保管しておくコンピューターです。
サーバーに保管しているデータにアクセスすることで、ホームページを見ることができます。

ドメイン

ドメインとは、簡単に言うと「インターネットの世界での住所を分かりやすくしたもの」です。
当サイトであれば「hp-labo.com」がドメインです。
1番有名な「.com」以外にも「.net」「.jp」「.co.jp」などがあります。
ホームページを公開するためには必須で、お名前.comなどのドメインレジストラにて取得できます。

URL(ユーアールエル)

URLとは、インターネット上でのホームページの住所のようなものです。
当サイトであれば「https://www.hp-labo.com」がURLです。

ブラウザ

ブラウザとは、ホームページを見るためのソフトです。
有名なものだと、「Internet Explorer」「Microsoft Edge」「Google Chrome」「Safari」「Firefox」「Opera」などがあります。

リンク

ホームページ内で、文字や画像をクリックすると、別のページや他のホームページへ移動できる箇所があります。
その仕組みが「リンク」です。
同じホームページ内への移動であれば「内部リンク」、他のホームページであれば「外部リンク」と言います。

alt属性(オルトぞくせい)

ホームページ内の画像に設定しておく情報の一つです。
通信エラーなどで画像が表示されなかったときに、その画像の意味を示すために表示される代替テキストです。
視覚障害者が利用する音声読み上げブラウザを使用した場合には、alt属性の内容が読み上げられるので、適切な画像の説明を入れておきましょう。

サイトマップ

サイトマップは、ホームページ内にあるページの構成を分かりやすく一覧にして示したものです。
ページが多くなるほど、ホームページ内にどのようなページがどこにあるのか分かりにくくなるので、サイトマップを載せたページを用意しておくとユーザーに親切です。

フォーム

フォームとは、ホームページ内で入力した内容をホームページ管理者に送信できる仕組みのことです。
お問い合わせフォーム、お申込みフォーム、注文フォームなどがあります。

キャッシュ

ブラウザには一度表示したホームページのデータを一時的に記憶する仕組みがあり、これをキャッシュと言います。
一度表示したページのデータを、再度アクセスする度に新たにデータを取得していると表示に時間が掛かってしまいます。
そこで、以前に記憶したデータを呼び出して表示させることで、より快適にホームページを閲覧することができます。

スマートフォンサイト関連

レスポンシブWebデザイン

レスポンシブWebデザインとは、ホームページをユーザーの画面サイズに応じて自動的に適したレイアウトにする制作手法です。
従来は、スマートフォン用のホームページをPC版とは別で作成することが多かったですが、レスポンシブWebデザインでは同じURLの一つのページで対応できます。
画面のサイズによって、レイアウトを指示するコードが変わるように作っておく必要があります。

ハンバーガーメニュー

ハンバーガーメニューとは、スマートフォンサイトでよくあるメニューボタンです。
三本線のデザインのボタンを押すと、ホームページ内のページメニュー一覧が表示され、他のページへ移動できます。

画像関連

画像形式

画像にも様々な形式があり、ホームページでよく使われる画像形式では「JPEG」「PNG」「GIF」があります。

アイコン

アイコンとは、そこの載せている文などの内容を、直感的に分かりやすくしたマークのようなものです。
単色であることが多いです。
ホームページ内の見出しやメニューの先頭などに付けることがあり、見出しの意味を直感的に表したり、デザイン的に目が行きやすいようにできます。

スライドショー

スライドショーとは、画像が自動的にスライドするなどして別の画像に変わるような動きをするものです。
トップページのメイン画像として使わることが多いです。

サムネイル

サムネイルとは、本来のサイズより縮小させて表示した画像のことです。
記事一覧ページのアイキャッチ画像や、フォトギャラリーなどで使われます。

Web制作技術関連

HTML(エイチティーエムエル)

HTMLとは、ホームページ作成のために開発された言語の一つです。
HTMLの記述により、ホームページで文章や画像を表示させることができます。

※ホームページ作成サービスや、WordPressテーマを使用して作成する場合は、HTMLを理解しておく必要はありません。

CSS(シーエスエス)

CSSとは「Cascading Style Sheets」の略で、ホームページ作成のために開発された言語の一つです。
一般的には「スタイルシート」と呼ばれることも多いです。
ホームページで文字のサイズや色、画像の位置、余白の大きさ、レイアウト全般など、デザインや装飾の部分を指定しています。

※ホームページ作成サービスや、WordPressテーマを使用して作成する場合は、CSSを理解しておく必要はありません。

JavaScript(ジャバスクリプト)

ホームページ作成に使う言語の一つです。
JavaScriptはホームページの中で、主に動的な部分を担当しています。
例えば、スライドショーやクリックしてページトップに戻るボタンなどです。

※ホームページ作成サービスや、WordPressテーマを使用して作成する場合は、JavaScriptを理解しておく必要はありません。

SSL(エスエスエル)

「Secure Sockets Layer」の略で、送受信するデータを暗号化する技術です。
暗号化することで、お問い合わせフォームから送信された内容などを、第三者に傍受または改ざんされることを防ぎます。
SSL化されたホームページのURLは「https://」で始まります。

SSL化されていないホームページにアクセスすると、ブラウザのURLバーに「保護されていない通信」と表示され、ユーザーに不安を与えてしまいます。
ホームページの信用のためにもSSL対応は必須と言えます。

アクセス対策関連

検索エンジン

検索エンジンとは、キーワードを入力して、インターネット上を検索するシステムのことです。
GoogleやYahoo!が代表的な検索エンジンです。

アルゴリズム

SEOで言うアルゴリズムとは、

クロール

検索エンジンの巡回プログラムがホームページを訪れ、更新された箇所の情報などを取り込むことです。
ホームページを公開した直後で、まだクロールされていない状態では検索結果には反映されません。
クロールされることで初めて検索エンジンにホームページを認知してもらえます。

SEO(エスイーオー)

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、日本語訳は「検索エンジン最適化」です。
GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果で、上位表示させるための対策を指します。

アクセス数

アクセス数は、主に3つの指標が使われます。

セッション数

セッションとは、「ホームページに訪れたユーザーがホームページ内のページを見たあと、他のホームページへ行くまでの一連の行動(離脱するまで)」のことです。
セッション数はその数で、「何人の訪問があったのか」を表しています。
同じユーザーがホームページから一度離脱し再度訪れた場合、セッション数は増えていきます。

ユニークユーザー数

ユニークユーザー数とは、ホームページを訪れた「重複のない」ユーザーの数です。
上記の「セッション数」は同じユーザーの重複もカウントしますが、ユニークユーザー数では、同じユーザーであれば計測期間中に何度訪れても「1」のままです。

ページビュー数

ページビュー数とは、ホーページを見たユーザーが見たページの数です。
略して「PV」と呼ばれています。
例えば、1人のユーザーがホームページを訪れて20ページ見たとしたら、20PVとなります。

Googleアナリティクス

Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。
無料とは思えないほど機能が充実しているので、ある程度の知識が無いと使いこなせません。
しかし、使い方を紹介しているWebページや解説本もあるので、それらで勉強し、実際に使ってみることで慣れてくるでしょう。

Googleサーチコンソール

Googleが無料で提供しているサイト運営者向けのサービスです。
Googleアナリティクスがアクセスの分析するためのツールで、ユーザーの検索について分析をするのがGoogleサーチコンソールです。

WordPress関連

CMS

CMSとは、「Contents Management System」の略で、ホームページの構築・更新・管理ができるシステムのことです。
ホームページは通常、HTMLやCSSなどのコードを1から記述して制作して行きますが、CMSを活用することで専門知識不要で制作することができます。

WordPress(ワードプレス)

WordPressとは、世界でも日本でもシェアが一番高いCMSです。
WordPressは誰でも無料でダウンロードできます。
デザインの自由度が高い、SEOに強い、拡張機能が多いなど、多くの強みがあります。
日本の多くの制作会社がWordPressを導入したホームページ制作を行っています。

WordPressテーマ

WordPressテーマとは、WordPressを導入したホームページで、全体のテンプレートのことです。
WordPressでは、テーマを変更することで、デザイン・構成・機能などを変えることができます。

プラグイン

プログラムとは、システムに新しい機能を追加するためのプログラムのことで、WordPressでは多くの多彩なプラグインがあります。
WordPressのプラグインは無料で高機能なものも多く、プラグインを利用することで、ホームページをカスタマイズできます。

レンタルサーバー

レンタルサーバーは、月額料金などでサーバーを貸し出してくれるサービスです。
サーバーを使うには本来、専門知識が必要で管理も大変です。
しかし、レンタルサーバーでは解りやすい管理画面が用意されているので、素人でも簡単に使えます。
有名なレンタルサーバーでは、エックスサーバーロリポップ!などがあります。

FTP(エフティーピー)

FTPは、ファイルの通信方式の一つです。
FTPソフトを使うことで、サーバーと自分の端末機器でファイルのやり取りができます。

こちらの記事もチェック!

このページのトップに戻る