現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

最終更新日:

STORES(ストアーズ)とBASEを徹底比較!オススメはどっち?

STORES(ストアーズ)とBASEを徹底比較
ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

ジンドゥーとペライチは何が違うの?
ジンドゥーとペライチのどちらが良いの?

今回は、STORES(ストアーズ)とBASEの比較に関する、上記のような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • STORESとBASEとは?
  • STORESとBASEを様々な角度から比較

本記事の執筆者

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
私は、現役のWebデザイナーとして、ホームページ制作会社の代表をしています。

本記事は、以下のような人にオススメです

  • STORESとBASEの違いが分からない
  • STORESとBASEのどちらを使うか迷っている

本記事を読むことで、STORESとBASEの違いについて知ることができ、STORESとBASEのどちらが良いか選ぶ判断材料になります。

結論を先に言うと

STORESとBASEは似ている部分も多いですが、テンプレートや機能、決済手数料など異なる部分もあるので、それぞれのメリットやデメリットを知った上で選択しましょう。

では、STORES(ストアーズ)とBASEの比較について徹底解説していきます!

よく比較されるSTORES(ストアーズ)とBASEとは?

STORESとBASEは、比較されることが多いネットショップ作成サービスです。
それぞれについて簡単に説明します。

なお、各サービスについて別ページで徹底解説しているので、詳しい内容はそちらをご覧ください。

STORES(ストアーズ)とは?

STORESは、STORES株式会社が運営するネットショップ作成サービスです。
毎月10,000店舗が、STORESでネットショップを開設しています。

STORESを使えば、誰でも簡単に、そして無料でもネットショップを開設できます。

STORESは、アパレル販売にも向いているシンプルで、オシャレなテンプレートが多いのも特徴です。

また、ネットショップ作成以外にPOSレジ・予約システム・キャッシュレス決済もあるので、STORESで統一することで簡単に連携ができます。
そのため、ネットショップ以外に実店舗運営もしているのであれば、よりSTORESが便利に使えます。

STORES(公式サイト)

BASE(ベイス)とは?

BASEは、BASE株式会社が運営するネットショップ作成サービスです。
BASEを利用しているネットショップは180万店を超え、5年連続「ネットショップ開設実績No.1」です。

BASEは、無料で使えるネットショップ作成サービスで「元祖」とも言えるサービスです。
利用料金が無料でも使えるだけでなく、たくさんの機能を無料で追加できます。

商品が売れていない内は、費用が一切掛からないので「気軽にネットショップを開設できる」と人気があります。

BASE(公式サイト)

STORES(ストアーズ)とBASEのテンプレートを比較

STORESとBASEのテンプレートを比較しました。

テンプレートとは、ホームページ全体のデザインを決める雛形です。
テンプレートを選択して適用させると、プロが作成したデザインのホームページを簡単に作れます。

STORES(ストアーズ)のテンプレート

STORESには約50種類のテンプレートがあり、すべて無料で使えます。
ネットショップ作成サービスの中で、無料のテンプレート数が多い方なので、きっと好みのデザインが見つかるでしょう。

また、STORESのテンプレートは、アパレルや雑貨などのジャンルで、デザイン性を重視したいネットショップにも向いているオシャレなテンプレートが多いです。

BASEのテンプレート

BASEでは、70種類以上のテンプレートが用意されていて、様々なジャンルの商品に対応できるデザインがそろっています。

ただし、無料テンプレートは約10種類のみで、多くは有料テンプレートです。
有料テンプレートは¥5,000から購入でき、デザイン性が高いテンプレートばかりです。

無料テンプレートは正直、シンプル過ぎるのであまりオススメできませんが、まずは無料版で始めてみるのも良いでしょう。

STORES(ストアーズ)とBASEのテンプレートを比較した結論

STORESとBASEのテンプレートの大きな違いは、無料のテンプレート数です。
STORESはすべてのテンプレートが無料なのに対して、BASEの無料テンプレートは約10種類のみです。
しかも、BASEの無料テンプレートのデザインは質が高いとは言えません。

無料テンプレートで考えている場合は、STORESの方が気に入るデザインが見つかりやすいです。

しかし、テンプレート購入に¥5,000~¥8,000くらい掛けられるのであれば、BASEの方がデザインの幅が広がるので、BASEもアリです。

STORES(公式サイト)
BASE(公式サイト)

STORES(ストアーズ)とBASEの機能を比較

STORESとBASEの機能を比較しました。

STORES(ストアーズ)の機能

STORESは低コストで利用できるのに、ネットショップ運営に必要な機能がたくさん搭載されています。
「あれもこれも、だいたいできます」と公式サイトに書いている通り、本当にだいたいできるのがSTORESのスゴいところです。

約50種類から選べるオシャレなテンプレートも、追加できる機能もすべて無料です。
あれこれと追加費用が掛からないので、安心して使えます。

利用料金とサービス内容のバランスを考えると、STORESは非常にコストパフォーマンスの高いサービスです。

BASEの機能

BASEは、約80種類ある機能のほとんとが無料で使えます(2つだけ有料機能あり)。

以下は、BASEで無料追加できる約80種類の機能の一例です。

  • 独自ドメイン
  • 送料詳細設定
  • 英語・外貨対応
  • デジタルコンテンツ販売
  • 定期販売
  • 予約販売
  • 商品オプション
  • Tシャツ作成
  • ブログ
  • クーポン
  • メールマガジン
  • レビュー
  • Instagram販売
  • 顧客管理

ちなみに、例外的に有料機能なのは、以下の2種類だけです。

  • BASEロゴ非表示(月額¥500:ネットショップに表示されるBASEのロゴ非表示)
  • 不正決済保証(月額¥980~:クレジットカード不正利用の被害金額を補償)

ほとんどの機能が無料なので、費用を気にせず、使いたい機能を自由に追加できます。

STORES(ストアーズ)とBASEの機能を比較した結論

STORESもBASEも、ネットショップ作成や運営で役立つ機能が盛りだくさんです。
どちらも基本的に機能追加が無料でできるのも同じです。

ただ、細かい部分で違いもあるので、あなたが使いたい機能が使えるかを確認して選びましょう。

STORES(公式サイト)
BASE(公式サイト)

STORES(ストアーズ)とBASEの使いやすさを比較

STORESとBASEの使いやすさを比較しました。

STORES(ストアーズ)の使いやすさ

STORESを使うのに、HTMLやCSSなどの専門知識は一切不要です。
初心者でも簡単に、プロが作ったような本格的なネットショップを作れます。

シンプルな操作性にこだわって作られた管理画面は直感的に使えるので、マニュアルを見ながら必死になって作ることはありません。

初心者でも簡単にできるとは言え、STORESにはネットショップに必要な機能がそろっているので、本格的なネットショップ運営ができます。

BASEの使いやすさ

BASEは、専門知識ゼロの初心者でも、簡単にネットショップ作成できます。

メールアドレス・パスワード・ショップURLを登録すれば、30秒でネットショップを開設できます。
あとは、好みのテンプレートを選び、商品情報などを登録すれば完成です。

ネットショップ作成に時間を取られて、なかなか開設できない…ということはありません。
「とにかく早くネットショップを開設したい」という人が、今日からスタートを切ることができます。

STORES(ストアーズ)とBASEの使いやすさを比較した結論

STORESとBASEの使いやすさの差は、まったく感じません。
どちらも、ネットショップ作成が初めての人でも、すぐに使いこなすことができます。

STORESもBASEも、申し込んだ当日にネットショップを開設することが可能です。

STORES(公式サイト)
BASE(公式サイト)

STORES(ストアーズ)とBASEのサポートを比較

STORESとBASEのサポートを比較しました。

STORES(ストアーズ)のサポート

STORESには以下のサポートがあります。

  • 「よくある質問」サイト
  • STORES Magazine
  • メールサポート
  • STORESウェビナー
  • STORESビジネスソリューション

STORESのサポートは、STORESウェビナーというオンラインセミナーが開催されていることが特徴的です。
STORESの活用方法や、ネットショップ運営について学ぶことができます。

また、STORESビジネスソリューションは、STORESのサービスを導入して、複数店舗管理をしたり既存システムと連携させたりを実現できるようにしたい企業向けのサポートです。
STORESの専任担当者が、提案・導入・導入後フォローをすべて行ってくれます。

BASEのサポート

BASEには以下のサポートがあります。

  • 公式ヘルプサイト
  • 公式Webメディア「BASE U」
  • メール・チャットサポート

BASEのサポートは特段、変わったことはないのですが、マニュアルページやメールサポートなど基本的なサポートはそろっています。

STORES(ストアーズ)とBASEのサポートを比較した結論

STORESとBASEのサポートと比較してみると、STORESの方がサポートが充実している印象があります。

ただ、BASEは無料プランの利用が大半のため、基本的なサポートのみに抑えられているのは仕方ないとは思います。

STORES(公式サイト)
BASE(公式サイト)

STORES(ストアーズ)とBASEの料金を比較

STORESとBASEの料金を比較しました。

STORES(ストアーズ)の料金

STORESの料金プランは、無料版と有料版の2つのみです。

プラン フリー スタンダード
月額料金 ¥0 ¥1,980
(税込¥2,178)
決済手数料 5% 3.6%
デザインテンプレート 48種類 48種類
商品登録数 無制限 無制限
商品写真枚数 1商品 4枚 1商品 15枚
定期販売
ダウンロード販売
アクセス解析 ×
独自ドメイン ×
SSL対応
サービスロゴ非表示 ×

※詳しい機能比較は、STORES(公式サイト)でご確認ください。

BASEの料金

BASEの料金プランは、無料版と有料版の2つのみです。

プラン スタンダード グロース
月額料金 ¥0 ¥5,980
初期費用 ¥0 ¥0
決済手数料 3.6% + ¥40 2.9%
サービス利用料 3% ¥0
たくさんある機能 すべて込み すべて込み

※機能の詳細は、BASE (公式サイト)でご確認ください。

STORES(ストアーズ)とBASEの料金を比較した結論

STORESもBASEも無料プランが用意されているのは同じです。

BASEについては長らく無料プランのみでしたが、月商が多いショップがお得に運営できるようにと、最近になって有料プランが登場しました。
その流れもあり、やはりBASE利用者の大半は無料プランです。

同じ無料プランで比較すると、手数料の差が目立ちます。
STORESであれば決済手数料5%ですが、BASEは決済手数料「3.6% + ¥40」に加えてサービス利用料「3%」が掛かります。
実質的には決済手数料が「6.6% + ¥40」と考えられるので、BASEの方が費用が高いです。

STORES(公式サイト)
BASE(公式サイト)

STORES(ストアーズ)とBASEを比較したまとめ

今回は、STORESとBASEを徹底比較しました。

STORESとBASEはよく比較されるネットショップ作成サービスです。
似ている部分も多いですが、テンプレートや機能、決済手数料など異なる部分もあるので、それぞれのメリットやデメリットを知った上で選択しましょう。

STORES(公式サイト)
BASE(公式サイト)

STORESとBASEそれぞれを徹底解説した、以下の記事も参考にしてください。

このページのトップに戻る