現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

公開日:

ペライチとWordPressを徹底比較!オススメはどっち?

ペライチとWordPressを徹底比較
ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

ペライチとWordPressは何が違うの?
ペライチとWordPressのどちらが良いの?

今回は、ペライチとWordPressの比較に関する、上記のような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ペライチとWordPressとは?
  • ペライチとWordPressを様々な角度から比較

本記事の執筆者

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
私は、現役のWebデザイナーとして、ホームページ制作会社の代表をしています。

本記事は、以下のような人にオススメです

  • ペライチとWordPressの違いが分からない
  • ペライチとWordPressのどちらを使うか迷っている

本記事を読むことで、ペライチとWordPressの違いについて知ることができ、ペライチとWordPressのどちらが良いか選ぶ判断材料になります。

結論を先に言うと

ペライチとWordPressでは、様々な項目が大きくことなります。
ホームページ作成サービスとCMSなので、そもそもの性質が異なるからです。
単純に「どちらが良いか?」ではなく、あなたが作りたいホームページに適した方を選びましょう。

では、ペライチとWordPressの比較について徹底解説していきます!

よく比較されるペライチとWordPressとは?

ペライチとWordPressは、比較されることが多いホームページ作成ツールです。
それぞれについて簡単に説明します。

なお、各ツールについて別ページで徹底解説しているので、詳しい内容はそちらをご覧ください。

ペライチとは?

ペライチは、40万人を超えるユーザーに利用されている、純国産のホームページ作成サービスです。

ペライチは、複数ページのホームページ作成もできますが、1ページのみの縦長のホームページを得意としています。
これは「シングルページ」と言われることもあるタイプのホームページです。

またペライチは、1つの商品やサービスの紹介・販売に特化した、LP(ランディングページ)と呼ばれるサイトを作るのにも最適です。
メインのホームページとは別で、商品やイベントなどの専用ページの作成するのに役立ちます。

⇒ ペライチ(公式サイト)

WordPress(ワードプレス)とは?

WordPressとの相性が良い

WordPress(ワードプレス)は、日本でも世界でも人気ダントツNo.1のCMS(コンテンツ管理システム)です。

WordPressは元々、ブログを作成するために開発されたCMSです。
しかし今では、一般的なホームページ作成にも適しているCMSになっています。

ちなみに、世界のWebサイトの40%がWordPressを導入しています。
また、CMSを導入している日本のWebサイトでは、WordPressが80%以上ものシェアを占めています。

今では、ホームページ制作会社などのプロが制作するWebサイトでも、WordPressが導入されていることが多いです。

WordPress以外のCMSもありますが、WordPressのシェアが圧倒的に大きいです。
圧倒的なシェアを占めているからこそのメリットがたくさんあるため、さらにWordPressのニーズが高まっているのが現状です。

WordPressテーマ【おすすめTOP5】

ペライチとWordPressのテンプレートを比較

ペライチとWordPressのテンプレートを比較しました。

テンプレートとは、ホームページ全体のデザインを決める雛形です。
テンプレートを選択して適用させると、プロが作成したデザインのホームページを簡単に作れます。

ペライチのテンプレート

ペライチでは約400種類ものテンプレートが用意されています。
しかも、幅広い業種や目的のサイトに対応できるテンプレートがそろっています。

そして、LP(ランディングページ)など1ページのみの縦長サイトに向いているテンプレートも多いことが特徴です。
会社案内や商品案内、キャンペーンやイベントのためのページを、簡単に早く作ることができます。

WordPressのテンプレート

WordPressには「テーマ」という、一般的なホームページ作成サービスの「テンプレート」にあたるものがあります。
WordPressではテーマを適用させることで、Webサイトのデザインや機能が決まります。

WordPressのテーマは無料版と有料版がありますが、無料版も含めるとテーマ数は膨大です。
選べる数が多く、作りたいホームページに合うテーマを見つけやすいです。
とは言え、探す手間が掛かったり、数が多すぎて迷ってしまったりするかもしれません。

WordPressでは専門知識があれば、完全オリジナルのテーマ作成も可能です。
しかし、初心者は既存のテーマを活用することで、本格的なホームページを作れます。

ペライチとWordPressのテンプレートを比較した結論

ペライチとWordPressのテンプレートを比較すると、数は圧倒的にWordPressの方が多いです。
WordPressであれば、多彩なデザインやタイプのテンプレートに出会えます。

しかし、多すぎて探す手間が掛かったり、迷ってしまうのはWordPressのデメリットとも言えます。

あなたが作りたいホームページに合うテンプレートがあるかどうかで、選択することが大切です。

⇒ ペライチ(公式サイト)
WordPressテーマ【おすすめTOP5】

ペライチとWordPressの機能を比較

ペライチとWordPressの機能を比較しました。

ペライチの機能

ペライチは、一般的なホームページに必要な機能に加えて、予約や決済に関する機能もプランによっては標準装備されています。
アクセス解析機能やメルマガ配信機能もあり、マーケティングに活用できる機能がそろっている印象です。

WordPressの機能

WordPressにはプラグインがあります。
プラグインとは、標準のWordPressにはない機能を、簡単に追加できる「拡張機能」のことです。

WordPressでは、無数のプラグインが配布されており、有料のもありますが、プラグインの多くは無料です。
しかも、無料とは思えないほど高機能なプラグインがたくさんあります。

Webサイトでしたい機能を簡単に追加できるのは、WordPressの大きな魅力の1つです。

ペライチとWordPressの機能を比較した結論

WordPressでは膨大な数のプラグイン(拡張機能)があるので、WordPressはペライチと比較にならないほど機能数が多いです。
無料のプラグインでも便利なものがたくさんあるので、機能面ではWordPressが優位です。

しかし、機能は多ければ良いというものではありません。
多すぎると、初心者にとっては迷ってしまい、使いにくくなっていまう場合があるからです。

あなたが必要な機能があるかどうかで選択しましょう。

⇒ ペライチ(公式サイト)
WordPressテーマ【おすすめTOP5】

ペライチとWordPressの使いやすさを比較

ペライチとWordPressの使いやすさを比較しました。

ペライチの使いやすさ

ペライチも専門知識ゼロの初心者でも、直感的にホームページ作成・編集ができます。
クリック・ドラッグ&ドロップ・文字入力・写真アップなどの簡単な操作のみで、コードを書くことはありません。

テンプレートを選んで管理画面のガイドに従っていれば、誰でも簡単に3ステップで、プロが作ったようなホームページが完成です。

WordPressの使いやすさ

WordPressは、ホームページ作成サービスと比較すると難易度が少し上がります。

まずレンタルサーバーを申し込み、自分でWordPressをインストールすることからスタートです。
そして、テーマを探して適用させ、管理画面で初期設定を行ってからサイト構築をして行きます。

WordPressはテーマやプラグイン(拡張機能)によって自由にカスタマイズできるので、自由度が高い分、慣れるのに少し時間が掛かります。

とは言え、WordPressは日本でも圧倒的に一番、ユーザー数が多いCMSなので、ネット検索すれば簡単に情報を得られます。
インストールについても、ほとんどのレンタルサーバーは簡単インストール機能があるので、誰でも簡単にできます。

初めてWordPressを使うなら、最初は少し戸惑うかもしれませんが、使う中ですぐに慣れてくるでしょう。

ペライチとWordPressの使いやすさを比較した結論

初心者にとっての使いやすさを比較すると、やはりペライチの方が使いやすいです。
WordPressは多機能な分、難易度が上がります。

一般的なホームページであれば、ペライチで十分なことも多いので、初心者にはペライチがオススメです。

⇒ ペライチ(公式サイト)
WordPressテーマ【おすすめTOP5】

ペライチとWordPressのサポートを比較

ペライチとWordPressのサポートを比較しました。

ペライチのサポート

ペライチには以下のサポートがあります。

  • 公式ヘルプサイト「ペライチヘルプ」
  • メールサポート
  • Zoomで無料相談サポート
  • ペライチサポーターに相談

ペライチのサポートの一番の特徴は「47都道府県サポーター制度」があることです。
ペライチサポーターが、ホームページ制作が苦手な人へのセミナーや、個別サポートを行なっています。
ペライチの使い方はもちろん、ホームページを含めたITの活用をサポートしてもらえるので、初心者には心強いです。

WordPressのサポート

WordPressはフリーのCMSなので、WordPress開発元からのサポートはありません。
しかし、有料のWordPressテーマを購入した場合は、テーマ開発元によるサポートがある場合があります。

サポート内容はテーマによって異なりますが、一例として以下のようなサポートがあります。

  • テーマの使い方についてのマニュアル
  • テーマのユーザー専用のサポートフォーラム
  • テーマのインストールなどのサポート(有料オプションであることが多い)

ペライチとWordPressのサポートを比較した結論

WordPress自体はサポートがないので、サポート体制を重視するならペライチを選んでください。

ただし、有料のWordPressテーマを購入する場合は、テーマのサポートが付いている場合があります。

⇒ ペライチ(公式サイト)
WordPressテーマ【おすすめTOP5】

ペライチとWordPressの料金を比較

ペライチとWordPressの料金を比較しました。

ペライチの料金

ペライチの料金プランは、全部で5つあります。
その内、よく比較される、無料プランから4つ目までをご紹介します。

プラン スタート ライト レギュラー ビジネス
月額料金 ¥0 ¥1,465~ ¥2,950~ ¥3,940~
公開ページ数の上限 1ページ 3ページ 5ページ 20ページ
常時SSL対応
スマホ最適化
独自ドメイン ×
SNS連携 ×
フォーム設置 ×
広告非表示 ×
HTML/CSS/JS
埋め込み
× ×
アクセス解析 × ×
決済 × ×
メルマガ配信 × × ×
パスワード保護 × × ×
ファイル
ダウンロード
× × ×
予約機能 × × ×
デザイン
カスタマイズ
× × ×

※詳しい機能比較は、ペライチ (公式サイト)でご確認ください。

WordPressの料金

WordPressはフリーのCMSなので、誰でも無料で利用できます。
そのため、WordPress自体の費用は¥0です。

しかし、WordPressを利用するにはサーバーが必須なので、レンタルサーバーの費用が発生します。
レンタルサーバーは、月額¥500位から利用できて、月額¥1,000前後であることが多いです。

また、有料のWordPressテーマを購入した場合は、テーマの購入代金が掛かります。
WordPressテーマは、数千円から1~2万円台で販売されていることが多いです。

あろ、ビジネス利用のホームページであれば必須の独自ドメインが、年額¥1,500位から掛かります。

WordPress使用量 ¥0
レンタルサーバー 月額¥1,000前後
WordPressテーマ 数千円から1~2万円台
独自ドメイン 年額¥1,500位~

ペライチとWordPressの料金を比較した結論

WordPress自体は無料ですが、サーバーが必須なのでレンタルサーバー費用が掛かります。
また必要に応じて、有料テーマや独自ドメインの費用も発生します。

どのレンタルサーバーやWordPressテーマを使用するかで費用が変わりますが、トータルで考えればペライチの費用と大差はありません。

⇒ ペライチ(公式サイト)
WordPressテーマ【おすすめTOP5】

ペライチとWordPressを比較したまとめ

今回は、ペライチとWordPressを徹底比較しました。

ペライチとWordPressでは、様々な項目が大きくことなります。
ホームページ作成サービスとCMSなので、そもそもの性質が異なるからです。

単純に「どちらが良いか?」ではなく、あなたが作りたいホームページに適した方を選びましょう。

⇒ ペライチ(公式サイト)
WordPressテーマ【おすすめTOP5】

ペライチとWordPressそれぞれを徹底解説した、以下の記事も参考にしてください。

このページのトップに戻る