現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

最終更新日:

ジンドゥー(Jimdo)とペライチを徹底比較!オススメはどっち?

ジンドゥー(Jimdo)とペライチを比較
ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

ジンドゥーとペライチは何が違うの?
ジンドゥーとペライチのどちらが良いの?

今回は、ジンドゥー(Jimdo)とペライチの比較に関する、上記のような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ジンドゥーとペライチとは?
  • ジンドゥーとペライチを様々な角度から比較

本記事の執筆者

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
私は、現役のWebデザイナーとして、ホームページ制作会社の代表をしています。

本記事は、以下のような人にオススメです

  • ジンドゥーとペライチの違いが分からない
  • ジンドゥーとペライチのどちらを使うか迷っている

本記事を読むことで、ジンドゥーとペライチの違いについて知ることができ、ジンドゥーとペライチのどちらが良いか選ぶ判断材料になります。

結論を先に言うと

ジンドゥーとペライチは、どちらも人気のホームページ作成サービスなので、比較されることも多いです。
ただ、それぞれの機能など特徴の違いが分かりやすいので、各サービスのメリットやデメリットも知った上で選びましょう。

では、ジンドゥー(Jimdo)とペライチの比較について徹底解説していきます!

よく比較されるジンドゥー(Jimdo)とペライチとは?

ジンドゥーとペライチは、比較されることが多いホームページ作成サービスです。
それぞれについて簡単に説明します。

なお、各サービスについて別ページで徹底解説しているので、詳しい内容はそちらをご覧ください。

ジンドゥー(Jimdo)とは?

ジンドゥーは、世界中で3,200万以上のサイトに利用されているホームページ作成サービスです。
日本では、200万ユーザーがジンドゥーを利用しており、国内トップクラスの利用者数です。

ジンドゥーは、ドイツで誕生したサービスですが、管理画面は日本語完全対応で、サポートも日本語で受けられます。

初心者が使いやすい管理画面なので、誰でも簡単にホームページ作成が可能です。
しかも月額¥965からの低コストで利用できるので、気軽にホームページを作れると人気です。

ジンドゥー(公式サイト)

ペライチとは?

ペライチは、40万人を超えるユーザーに利用されている、純国産のホームページ作成サービスです。

ペライチは、複数ページのホームページ作成もできますが、1ページのみの縦長のホームページを得意としています。
これは「シングルページ」と言われることもあるタイプのホームページです。

またペライチは、1つの商品やサービスの紹介・販売に特化した、LP(ランディングページ)と呼ばれるサイトを作るのにも最適です。
メインのホームページとは別で、商品やイベントなどの専用ページの作成するのに役立ちます。

ペライチ(公式サイト)

ジンドゥー(Jimdo)とペライチのテンプレートを比較

ジンドゥーとペライチのテンプレートを比較しました。

テンプレートとは、ホームページ全体のデザインを決める雛形です。
テンプレートを選択して適用させると、プロが作成したデザインのホームページを簡単に作れます。

ジンドゥー(Jimdo)のテンプレート

ジンドゥーでは、約40種類のテンプレートが用意されています。
そして、それぞれのテンプレートのレイアウトをベースにして、部分部分が異なるレイアウトを選ぶことができる「プリセット」という機能があります。

テンプレートとプリセットの組み合わせ次第で、150パターン以上ものデザインにすることが可能です。
テンプレートを使いながらも、あなたのイメージに合ったホームページに近づけることができます。

また、ジンドゥーには「独自レイアウト機能」があるので、HTMLやCSSを使うことで、テンプレートに縛られない自由なレイアウトにすることができます。
プロのWebデザイナーであれば、ジンドゥーを利用したオリジナルデザインのホームページ作成を受注することが可能です。

ペライチのテンプレート

ペライチでは約400種類ものテンプレートが用意されています。
しかも、幅広い業種や目的のサイトに対応できるテンプレートがそろっています。

そして、LP(ランディングページ)など1ページのみの縦長サイトに向いているテンプレートも多いことが特徴です。
会社案内や商品案内、キャンペーンやイベントのためのページを、簡単に早く作ることができます。

ジンドゥー(Jimdo)とペライチのテンプレートを比較した結論

ジンドゥーのテンプレートは一般的なホームページのみに対応しているのに対して、ペライチは1ページのみのサイトに向いているテンプレートも多いです。
ペライチだとテンプレートのタイプの幅が広いので、あなたに合ったデザインを見つけやすいでしょう。

あと、ジンドゥーのテンプレートはすべて無料なのに対して、ペライチは有料のテンプレートもあります。
有料のテンプレートは、4千円台から購入できて、無料版よりもデザインクオリティが高いです。
気に入ったテンプレートがあれば、購入するのもアリだと思います。

ジンドゥー(公式サイト)
ペライチ(公式サイト)

ジンドゥー(Jimdo)とペライチの機能を比較

ジンドゥーとペライチの機能を比較しました。

ジンドゥー(Jimdo)の機能

ジンドゥーは、一般的なホームページに必要な機能が、しっかりそろっています。
良い意味で機能が絞られているので、初心者でも迷いにくく使いやすいです。

ちなみに、自由に機能追加できるアプリのようなものはありません。

ペライチの機能

ペライチは、一般的なホームページに必要な機能に加えて、予約や決済に関する機能もプランによっては標準装備されています。
アクセス解析機能やメルマガ配信機能もあり、マーケティングに活用できる機能がそろっている印象です。

ジンドゥー(Jimdo)とペライチの機能を比較した結論

ジンドゥーもペライチも、一般的なホームページに必要な機能はしっかりそろっています。
ただ、ペライチはLP作成にもよく使われるサービスなこともあり、予約機能や決済機能をスムーズに利用できるのが特徴です。

一般的なホームページであれば大差はないですが、予約や決済の機能も使いたい場合は、ペライチの方がオススメです。

ジンドゥー(公式サイト)
ペライチ(公式サイト)

ジンドゥー(Jimdo)とペライチの使いやすさを比較

ジンドゥーとペライチの使いやすさを比較しました。

ジンドゥー(Jimdo)の使いやすさ

ジンドゥーの管理画面は、クリック・ドラッグ&ドロップ・文字入力・写真を選んでアップなど、簡単な操作のみです。
パソコンでメールやインターネットを使える人なら、問題なく使えます。

ジンドゥーはWixと比較すると、良い意味で機能が絞られているので、初心者でもより使いやすいです。
機能が絞られているとは言え、基本的な機能はそろっているので、一般的なホームページ作成であれば十分対応できます。

ペライチの使いやすさ

ペライチも専門知識ゼロの初心者でも、直感的にホームページ作成・編集ができます。
クリック・ドラッグ&ドロップ・文字入力・写真アップなどの簡単な操作のみで、コードを書くことはありません。

テンプレートを選んで管理画面のガイドに従っていれば、誰でも簡単に3ステップで、プロが作ったようなホームページが完成です。

ジンドゥー(Jimdo)とペライチの使いやすさを比較した結論

ジンドゥーとペライチ、どちらも簡単な操作でホームページを作れます。

ただし、ペライチは1ページのみのホームページが得意なので、とにかく早くホームページを公開したい場合は、ペライチの方がより早く作れます。

とは言え、難易度の差はないので、作りたいホームページに合ったサービスを選択しましょう。

ジンドゥー(公式サイト)
ペライチ(公式サイト)

ジンドゥー(Jimdo)とペライチのサポートを比較

ジンドゥーとペライチのサポートを比較しました。

ジンドゥー(Jimdo)のサポート

ジンドゥーには以下のサポートがあります。

  • ジンドゥーハウツー
  • AIビルダーサポートサイト
  • クリエイターサポートサイト
  • メールサポート
  • リアルで相談できるJimdoCafe

ジンドゥーのサポートの一番の特徴は、リアルで相談できるJimdoCafe(ジンドゥーカフェ)があることです。
JimdoCafeとはリアルの勉強会で、ジンドゥーの活用法はもちろん、ホームページの作成や運営について学ぶことができます。
ジンドゥーユーザー同士で情報交換もできるので、ホームページ運営やビジネスに役立てることが可能です。

ペライチのサポート

ペライチには以下のサポートがあります。

  • 公式ヘルプサイト「ペライチヘルプ」
  • メールサポート
  • Zoomで無料相談サポート
  • ペライチサポーターに相談

ペライチのサポートの一番の特徴は「47都道府県サポーター制度」があることです。
ペライチサポーターが、ホームページ制作が苦手な人へのセミナーや、個別サポートを行なっています。
ペライチの使い方はもちろん、ホームページを含めたITの活用をサポートしてもらえるので、初心者には心強いです。

ジンドゥー(Jimdo)とペライチのサポートを比較した結論

ジンドゥーもペライチも、基本的なサポートは同じです。

ただ、リアルで相談できるサポートとして、ジンドゥーには「JimdoCafe」、ペライチには「ペライチサポーター」があります。

サービス自体の使い方は、公式マニュアルがあれば困ることはまずないです。
しかし、ホームページの活用法についてアドバイスを受けたい場合は、リアルで相談できる場を活用してみましょう。

ジンドゥー(公式サイト)
ペライチ(公式サイト)

ジンドゥー(Jimdo)とペライチの料金を比較

ジンドゥーとペライチの料金を比較しました。

ジンドゥー(Jimdo)の料金

ジンドゥーの料金プランは、大きく「ジンドゥー AI ビルダー」と「ジンドゥークリエイター」の2つのサービスに分かれています。
そして、それぞれのサービスの中で、複数のプランが用意されています。

ジンドゥー AI ビルダー

「ジンドゥー AI ビルダー」は、3分で本格的なホームページを作成できる、ジンドゥーいち押しのサービスです。

プラン PLAY START GROW
月額料金 ¥0 ¥990 ¥1,590
独自ドメイン ×
メール ×
サーバー容量 500 MB 5 GB 15 GB
ページ数 最大 5ページ 最大 10ページ 最大 50ページ
常時SSL
高度なSEO ×
アクセス解析 ×
広告非表示 ×

※詳しい機能比較は、ジンドゥー  (公式サイト)でご確認ください。

ジンドゥークリエイター

「ジンドゥークリエイター」は、よりプロが作ったようなクオリティのホームページ作成が簡単にできるサービスです。

プラン FREE PRO BUSINESS
月額料金 ¥0 ¥965 ¥2,460
独自ドメイン ×
サーバー容量 500 MB 5 GB 無制限
常時SSL
全てのSEO機能 × ×
アクセス解析 ×
広告非表示 ×
ネットショップ
商品数
最大 5点 最大 15点 無制限

※詳しい機能比較は、ジンドゥー(公式サイト)でご確認ください。

ペライチの料金

ペライチの料金プランは、全部で5つあります。
その内、よく比較される、無料プランから4つ目までをご紹介します。

プラン スタート ライト レギュラー ビジネス
月額料金 ¥0 ¥1,465~ ¥2,950~ ¥3,940~
公開ページ数の上限 1ページ 3ページ 5ページ 20ページ
常時SSL対応
スマホ最適化
独自ドメイン ×
SNS連携 ×
フォーム設置 ×
広告非表示 ×
HTML/CSS/JS
埋め込み
× ×
アクセス解析 × ×
決済 × ×
メルマガ配信 × × ×
パスワード保護 × × ×
ファイル
ダウンロード
× × ×
予約機能 × × ×
デザイン
カスタマイズ
× × ×

※詳しい機能比較は、ペライチ (公式サイト)でご確認ください。

ジンドゥー(Jimdo)とペライチの料金を比較した結論

できることはプランによっても違うので比較しにくいですが、主な項目を以下にまとめました。

  ジンドゥー ペライチ
初期費用 ¥0 ¥0
月額費用 ¥0~ ¥0~
有料プラン ¥965~ ¥1,465~
テンプレート 約40種類 約400種類
プラグイン(拡張機能) なし なし

単純に、作れるページ数で比較するとジンドゥーの方が低コストです。

とは言え、コストだけで決めず、機能やテンプレートなど、あなたが作りたいホームページに合ったサービスを選択してください。

ジンドゥー(公式サイト)
ペライチ(公式サイト)

ジンドゥー(Jimdo)とペライチを比較したまとめ

今回は、ジンドゥーとペライチを徹底比較しました。

ジンドゥーとペライチは、どちらも人気のホームページ作成サービスなので、比較されることも多いです。
ただ、それぞれの機能など特徴の違いが分かりやすいので、各サービスのメリットやデメリットも知った上で選びましょう。

ジンドゥー(公式サイト)
ペライチ(公式サイト)

ジンドゥーとペライチそれぞれを徹底解説した、以下の記事も参考にしてください。

このページのトップに戻る