現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

最終更新日:

起業・開業・独立する人のホームページ作成入門

起業・開業・独立する人のホームページ作成入門
ホームページ作成の初心者
初心者 ハナ

起業するならホームページって要るの?
起業してホームページ作るメリットとデメリットは?
起業したては予算取りにくいけど、安くホームページ作れる方法ある?

今回は、起業・開業・独立する人のホームページ作成に関する、上記のような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 起業・開業・独立するならホームページは必要?
  • 起業・開業・独立してホームページ作成するメリットとデメリット
  • 起業・開業・独立でホームページ作成するタイミング
  • 起業・開業・独立でホームページ作成する方法

本記事の執筆者

ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
私は、現役のWebデザイナーとして、ホームページ制作会社の代表をしています。

本記事は、以下のような人にオススメです

  • 起業するけどホームページが要るかどうか判断したい。
  • 起業してホームページを安く作る方法を知りたい。

本記事を読むことで、起業・開業・独立する人のホームページ作成について知ることができ、ホームページを作るかどかや、作成方法を検討できます。

結論を先に言うと

現代の起業でホームページ作成は避けられませんが、自作することで多くのメリットがあるのでオススメです。
多額の予算を掛けてでもプロに依頼する必要がある人以外は、ホームページを自作しましょう。

では、起業・開業・独立する人のホームページ作成について徹底解説していきます!

このページの目次

起業・開業・独立するならホームページは必要?

起業・開業・独立するときに「ホームページって要る?なくても良い?」と迷われる人も少なくないと思います。
ここではホームページは要るのか、それとも要らないのかについて解説します。

ホームページは必ずしも必要ではない

結論を先に言うと、起業するからと言ってホームページは必ずしも必要ではありません。
ひと言に起業と言っても、様々な業種や形態があり、すべての事業者が必要とは限らないからです。

ホームページが不要なケースとして、以下のような状況が考えられます。
あなたが以下に当てはまるなら、ホームページは要らないかもしれません。

  • 少数かつ特定の取引先を対象とした事業で、広げる考えはない。
  • ホームページ替わりにブログ・SNS・ポータルサイトを使う。
  • チラシなど紙媒体のみの宣伝で十分だと考えている。

少数かつ特定の取引先を対象とした事業で、広げる考えはない

少数かつ特定の取引先を対象とした事業であり、今後も取引先を広げて行く考えがないケースです。

例えば、下請けの製造業などで発注元の取引先が決まっているようなケースです。
クリエイター系の事業でフリーランスとして活動するけど、元々勤めていた会社からの発注のみを受ける予定の人も当てはまります。

ホームページ替わりにブログ・SNS・ポータルサイトを使う

ブログやSNS(TwitterやInstagramなど)、ポータルサイトの自社ページで十分だと考えるケースです。

詳しい事業紹介などは不要で、最新情報を発信するのみでしたら、ブログやSNSでも間に合うかもしれません。

また、ポータルサイトで自社の情報が掲載されているページをホームページ替わりに使うケースも考えられます。
例えば、飲食店が「HOT PEPPERグルメ」や「ぐるなび」のページをホームページ替わりに使うということです。

チラシなど紙媒体のみの宣伝で十分だと考えている

ターゲットとしている顧客層によっては、インターネットよりもチラシやパンフレットなどの紙媒体の方が宣伝効果が高い場合もあります。
紙媒体で間に合っているから、ホームページも含めてインターネット上の媒体は要らないと考えているケースです。

しかし、多くの場合はホームページがあった方が良い

上記で解説したような「ホームページが必要ではないケース」はあり得ますが、現代ではホームページがあった方が良いケースの方が圧倒的に多いです。

「ホームページが必要ではないケース」に当てはまると思っていても、実は「ホームページがあった方が良いケース」であることも少なくありません。

なぜなら「ホームページが必要ではないケース」は以下のように考えることもできるからです。

少数かつ特定の取引先を対象とした事業で、広げる考えはない。 将来、決まった取引先がなくなったり、取引先からの発注が減る可能性もある。ホームページを活用して、取引先を増やす動きをしておくことはリスクヘッジになる。
ホームページ替わりにブログ・SNS・ポータルサイトを使う。 様々なSNSで発信し情報を拡散はできても、それらの核になる公式ホームページがあることで、SNSの効果を高めることができる。
チラシなど紙媒体のみの宣伝で十分だと考えている チラシなどの紙媒体で知った店舗や会社は、興味があればネット検索して、より詳しい情報を得ようとしたり、信頼性を確かめる傾向がある。
ホームページがあることで、紙媒体の効果を高めることができる。

ホームページがないよりはあった方が、あなたの事業に役立つことは多いものです。
ホームページがどのように役立つかは、このあと解説します。

起業・開業・独立してホームページ作成するメリット

ホームページには様々な役割があり、とても便利なツールです。
起業・開業・独立してホームページを作る、主なメリットは以下の通りです。

  • 銀行口座開設や融資などの際に必要な場合がある。
  • インターネット上で名刺やパンフレットの替わりになる。
  • 24時間365日休まず働く営業マンとして集客に役立つ。
  • スタッフの求人に活用できる。

銀行口座開設や融資などの際に必要な場合がある

ホームページは銀行口座開設や融資などの際に必要な場合がある

社名や屋号名義の銀行口座を開設しようとすると、事業の公式ホームページの申告を求められます。

もちろん、ホームページがないと絶対に銀行口座が開設できないという訳ではありません。
ただ、ホームページがある方が「実態のある事業」として信頼性が高まるため、口座開設の審査が通りやすくなります。

また、同じような理由で、銀行から融資を受ける際もホームページがあった方が有利です。

他にも、何かと登録や申し込みをしようとすると、公式ホームページの申告を求められることが多々あります。
そのようなときに、既にホームページを持っていればスムーズに進められるので便利です。

インターネット上で名刺やパンフレットの替わりになる

ホームページはインターネット上で名刺やパンフレットの替わりになる

ホームページには、自社の商品やサービスなどを詳しく載せることができます。

パンフレットを印刷して配布する方法でも、商品やサービスの紹介はできますが、一度印刷してしまうと内容を書き換えることはできません。

しかしホームページであれば、いつでも自由に、何度でも変更可能です。
常に最新の情報が掲載されている状態にできます。

そのため、パンフレットを配布するにしても「詳しくはホームページへ」という感じで誘導することがオススメです。
そのようにすると、常に最新情報を見てもらえ、パンフレットに詳しく載せる必要がないのでパンフレット作成費用を抑えることができます。

24時間365日休まず働く営業マンとして集客に役立つ

ホームページは24時間365日休まず働く営業マンとして集客に役立つ

ホームページは、あなたに代わって24時間365日休まず働いてくれる営業マンにもなります。

時間や曜日に関係なく、あなたのホームページを見てもらえ、問い合わせや申し込み、来店につなげることができます。

他の宣伝方法にはないインターネットならではのメリットとして「興味がある人に見てもらいやすい」という特性があります。
例えば、テレビCMやチラシ配布は不特定多数の人をターゲットとしているので、自社のターゲットとしている人にピンポイントでアピールすることは難しいです。

しかしインターネットであれば、興味があることを検索して調べるので、興味がある人にダイレクトにアピールできる可能性が高まります。

あなたが他の業務を行っている間や、寝ている間も、ホームページが営業してくれるので、集客に役立ちます。

スタッフの求人に活用できる

スタッフの求人に活用できる

ホームページは求人にも大いに役立ちます。
集客のためではなく、求人のためにホームページを作っている事業者も少なくありません。

社員やアルバイトの募集を求人サイトで行うにしても、「どんな会社かな?」とホームページを探して確認する人は多いです。
そのようなときに、事業内容以外に「共感できる理念」「目指している目標や夢」「応募を考えている人へのメッセージ」なども載っていれば、より応募数UPの可能性を高めます。

最近は小規模会社であっても、メインの公式ホームページとは別で「採用専用サイト」を設けている事業者も増えています。
それだけホームページは、求人のために重要なツールになっているということです。

起業・開業・独立してホームページ作成するデメリット

メリットが多いホームページですが、デメリットがない訳ではありません。
起業・開業・独立してホームページを作る、主なデメリットは以下の通りです。

  • ホームページを作成・運営する費用が掛かる。
  • ホームページを作成・運営する手間が掛かる。

ホームページを作成・運営する費用が掛かる

ホームページを作成・運営する費用が掛かる

ホームページを作成する方法によりますが、作成や運営の費用が掛かります。

このあと詳しく解説しますが、ホームページを作成する方法は、まず以下の2パターンに分けることができます。

  • ホームページ制作会社などのプロに依頼する。
  • ホームページ作成サービスなどを利用して自作する。

プロに依頼するのであれば、初期の制作費として数十万円以上、月額費用として数千円~数万円が掛かります。
金額は、制作内容はもちろん、依頼する制作会社やWebデザイナーによって異なります。

そして、ホームページ作成サービスなどを利用して自作するのであれば、月額費用として¥1,000前後の費用から、ホームページを持てます。
サービスによりますが初期費用が掛からないことが多いです。

そのため、費用が掛かるデメリットは、ホームページを自作することで回避できるので、それほど大きなデメリットではなくなります。

ホームページを作成・運営する手間が掛かる

ホームページを作成・運営する手間が掛かる

ホームページを作成するなら当然ですが、ホームページを作成・運営する手間が掛かります。

「プロに依頼すれば手間は掛からないのでは?」と思われるかもしれません。
確かに制作作業そのものはプロが行ってくれますが、制作会社を探して契約して、制作の打ち合わせをして、原稿を作成して、制作物の確認をして…と結構手間は掛かります。

ホームページを自作する場合は、すべて自分で作るので、その手間が掛かります。

しかし、ホームページ作成サービスなどを利用して自作するのであれば、専門知識ゼロでも簡単に作れるので、最短1日で完成・公開させることも可能です。
意外に自作した方が手間を減らせて、しかも早く完成・公開できます。

起業・開業・独立でホームページ作成するタイミング

起業・開業・独立でホームページを作成するなら「最初から作っておいた方が良い?」「事業が軌道に乗ってからで良い?」とタイミングを迷うと思います。

ここでは、ホームページを作るタイミングについて解説します。

事業をスタートする時点で完成していることがベスト

事業をスタートする時点でホームページが完成していることがベスト

結論を先に言うと、ホームページは事業をスタートする時点で完成していることがベストです。

しかし、以下のように考えてしまう人も多いと思います。

  • 最初は事業内容の細かい変更もありそうだからから、落ち着いてからで良い。
  • ホームページ作成費用が掛かるから、売上が伸びて軌道に乗ってから作れば良い。

上記のように考える気持ちは分かりますが、どちらもホームページの活用法が分かっていないからこその考え方です。
では、それぞれの考えについて解説します。

起業して落ち着いてからホームページを作れば良い

起業したばかりのころは、自社の商品やサービスなどを試行錯誤することも特に多いでしょう。
事業内容の細かい部分で変更があったり、追加があったりするものです。

そのため「事業が落ち着いてからホームページを作りたい」という気持ちは分かります。

しかし、ホームページの良いところは、パンフレットなどの紙媒体と違って、いつでも何度でも変更できることです。
事業内容や戦略が変わったときは、ホームページも変更すれば良いだけです。

むしろ、事業内容に合わせてホームページを変更し育てて行くことが、ホームページのあるべき活用法です。

売上が伸びて軌道に乗ってからホームページを作れば良い

起業したばかりで予算的な余裕がなく「軌道に乗ってからホームページを作れば良い」と考える気持ちは分かります。

しかし、ホームページは「軌道に載せるためのツール」です。
現代で起業して、ホームページがないことは大きなデメリットなので、例外的な事業を除いてホームページは作るべきです。

予算的に厳しいなら、ホームページ作成サービスを利用してホームページを自作すれば大丈夫です。
自作すれば、初期費用¥0・月額費用¥1,000前後でホームページを持つことができます。

もし、ホームページ作成はプロに依頼したいけど予算的に厳しい場合は、まずは自作しておいて、後にプロに依頼してリニューアルする流れがオススメです。

可能なら起業・開業・独立するもっと早くに作っておく

可能なら起業・開業・独立するもっと早くにホームページを作っておく

上記で「事業をスタートする時点で完成していることがベスト」と言いましたが、もし可能であれば起業するもっと早くに作っておくことがオススメです。
例えば、会社勤めをしながら起業を考えている人であれば、今のうちから少しずつでも作っている方が良いということです。

一番の理由は、早めにホームページを公開しておいた方が、Googleなどの検索エンジンで上位表示させやすいからです。

ホームページは公開しても、すぐに検索結果で上位に表示されることはありません。
もちろん、余り検索されることがないような検索ワードであれば、早くに上位表示されやすいです。

しかし、競合サイトも多い人気の検索ワードでは、ある程度の時間が必要です。
どんなに正しいSEO対策を頑張ってしていても半年は掛かります。

そのため、少しでも早めにホームページを公開すれば、事業をスタートさせるとき有利になります。

ちなみに、まだ事業内容が固まっていなかったとしても随時、ホームページに情報を足したり、書き換えて行けば大丈夫です。

起業・開業・独立でホームページ作成する方法

起業・開業・独立でホームページ作成する方法について解説します。
ホームページを作成する方法は、大きく以下の2パターンに分かれます。

  • ホームページ制作会社などのプロに依頼する。
  • ホームページ作成サービスなどを利用して自作する。

ホームページ制作会社などのプロに依頼する

ホームページ制作をプロに依頼する

ホームページ制作会社や、フリーランスのWebデザイナーなどのプロに依頼する方法です。

あなたの事業のためのオリジナルデザインで、理想のホームページを一から作れます。
大規模なホームページ、多機能なホームページなど、どんなホームページにも対応可能です。

しかし、初期に数十万円以上の制作費、完成後は数千円~数万円の月額費用が掛かります。
(掛かる費用は、ホームページのボリュームや機能、依頼する制作会社によって異なります)

依頼先のスキルにもよりますが、プロに作成してもらえば高いデザイン性だけでなく、マーケティングを考慮した設計も期待できます

予算次第で何でもできるメリットはありますが、やはり高い費用がデメリットです。

ホームページ作成サービスなどを利用して自作する

ホームページを自分で作る

ホームページ作成サービスを利用して、自分で作成する方法です。

ホームページ作成サービスとは、Webの専門知識ゼロの初心者でも、簡単に安くホームページ作成ができるサービスです。
サービスによって費用は異なりますが、初期費用¥0・月額費用¥1,000前後でホームページを持つことが可能です。

ホームページの自作で心配なのは「デザインがダサくならないか?」だと思いますが、デザインテンプレートがあるので心配不要です。
どのサービスも、プロがデザインしたテンプレートが豊富に用意されているので、好みのデザインを選んで文や画像を載せていけば完成です。

自分で作成する手間は少し掛かりますが、圧倒的に低コストでホームページを持つことができます。

起業・開業・独立でホームページ作成するなら自作がオススメ

起業・開業・独立でホームページ作成するなら、ホームページ作成サービスを利用した自作がオススメです。
その理由は、以下の通りです。

  • 圧倒的に低コストでホームページを作成・運営できる。
  • 最短1日でホームページを完成・公開できる。
  • いつでも自分でホームページを更新できる。

圧倒的に低コストでホームページを作成・運営できる

圧倒的に低コストでホームページを作成・運営できる

ホームページ作成サービスで自作すれば、プロに依頼する方法と比較して、圧倒的に低コストでホームページを作成・運営できます。

  自作 プロに依頼
初期費用 ¥0のサービスが多い 数十万円~
月額費用 ¥1,000前後~ 数千円~数万円

浮いたホームページ制作費は、他の費用に回すこともできます。
起業したばかりで余裕がないときは特に、低コストが一番のメリットです。

最短1日でホームページを完成・公開できる

最短1日でホームページを完成・公開できる

ホームページ作成サービスで自作すれば、圧倒的に短い期間で作成し公開できます。

  自作 プロに依頼
制作期間 最短1日 2~4ヶ月前後が多い

銀行口座開設や融資などで、急ぎでホームページが必要な場合も助かります。
自分で作るほうが手間が掛かるイメージを持たれがちですが、プロに依頼しても打ち合わせなどで時間を取られることになります。

いつでも自分でホームページを更新できる

いつでも自由にホームページの更新やページ追加ができる

ホームページ作成サービスで自作すれば、いつでも自分でホームページを更新できます。
しかも、更新に掛かる費用は無料です。

  自作 プロに依頼
更新方法 管理画面で更新 プロに相談する。
サポート外なら、その度に見積もり。
更新までに掛かる時間 すぐに可能 担当者のスケジュール次第
更新の費用 無料 サポート契約に含まれていない場合は、その都度発生。

プロに依頼する場合は、少しの変更であってもその度に「相談→見積→変更→確認→支払」と、担当者とのやり取りがあり、時間が掛かります。
(※月額費用を支払ってサポート契約をしているなら「見積」「支払」がない場合もあります)

しかし自作なら、空いている時間にすぐ更新できるので、ホームページのメリットを活かした活用をして行きやすいです。

起業・開業・独立する人のホームページ作成 まとめ

今回は、起業・開業・独立する人のホームページ作成について徹底解説しました。

現代の起業でホームページ作成は避けられませんが、自作することで多くのメリットがあるのでオススメです。
多額の予算を掛けてでもプロに依頼する必要がある人以外は、ホームページを自作しましょう。

このページのトップに戻る