現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

Shopify(ショッピファイ)越境EC(海外販売)

最終更新日:

Shopify(ショッピファイ)の越境EC(海外販売)を徹底解説!

越境EC(海外販売)でグローバル展開
ホームページ自作を応援するWebデザイナー
リュウ

こんにちは、ホームページ自作ラボ管理人のリュウです。
ホームページ制作会社の代表であり、現役のWebデザイナーでもある私が、初心者でも自作できるネットショップ作成サービスについて解説しています。

ネットショップ作成サービス「Shopify(ショッピファイ)」は、多言語・多通貨に対応しているので越境ECに強いです。

今回は、Shopifyの越境ECについて解説します。
この記事を読むことで、Shopifyの越境ECについて知ることができ、Shopifyがあなたに向いているネットショップ作成サービスかどうかの判断材料になります。

なお、Shopifyについての全体的な解説はShopifyを徹底解説をご覧ください。

越境ECとは?

越境ECとは、国境を越えて国際的に行われる電子商取引(EC)のことです。
簡単に言うと、ECサイトを通じて、商品を海外に向けて販売することです。

自国のみを商圏にして販売をするより、販路が格段に広がるため、売上増加が期待できます。
売上増加を期待して、日本においても近年、越境ECに取り組む企業が増えています。

越境ECの市場規模は、世界的にも拡大し続けているので、たくさんのチャンスが潜んでいる可能性のある戦略として注目されています。

なぜ越境ECが注目されているのか?

越境ECは、海外市場拡大の手段として、EC業界で注目されています。
注目されている理由は、「販売する企業」と「購入するユーザー」それぞれに、下記のような理由があります。

企業のメリット

越境ECには、新たな顧客開拓のある巨大な市場がある。
国内である程度の認知があり流通している企業は、国内での新規顧客の開拓の伸びしろに、大きな期待はできない。
そこで、外国の市場で、新たな顧客開拓を行なっていく必要がある。

越境ECなら、市場規模が巨大な上に右肩上がりの市場ということで、販路拡大を期待できる。
また、ECなら実店舗が要らないので、コストを大幅に抑えられる。

ユーザーのメリット 自国にないアイテムを購入できる点や、日本製で信頼性の高い商品を購入できる。
特に、偽物や詐欺が横行していて、自国のネットショップを信用できない中国においては、この傾向は顕著である。

また、越境ECが注目されている背景にあるのは、新型コロナウィルスの影響による、海外からの入国制限も大きいです。
入国制限によりインバウンド消費が激減する中、海外消費者の需要を獲得するために、多くの企業が越境ECに取り組み始めています。

越境ECのメリット

越境ECには主に、下記のメリットがあります。

  • 商圏を拡大できる
  • 低コストで海外ビジネスができる

商圏を拡大できる

商圏を世界に拡大できる

商圏を拡大できるのは、越境ECに取り組む最大のメリットです。
海外進出により新たな販路開拓をして、海外の消費者を取り込むことができます。

世界中が商圏になるなら、市場規模は巨大です。
しかも、その市場規模は、年々拡大し続けています。

また、ネットショッピングを行う頻度や金額が高い傾向にある外国人は、新規顧客のターゲットとして適しています。

そして、日本製品は品質が高く信頼できるということで、海外でも人気があります。
海外に商圏を拡大することで、大幅な売上UPも見込めるでしょう。

低コストで海外ビジネスができる

コスト削減できる

海外に実店舗を構えるとなると、莫大な費用や手間、そして時間が掛かります。
越境ECなら、海外で実店舗を構えるよりも、圧倒的に費用を抑えて始めることが可能です。

不慣れな海外販売で、大きなリスクを抱えてスタートしなくて良いので、挑戦しやすいです。

越境ECのデメリット

越境ECには主に、下記のデメリットがあります。

  • 言語の壁がある
  • 決済方法の壁がある
  • 配送の壁がある

言語・国民性の壁がある

越境ECで最初にぶつかる壁は、言語の問題ではないでしょうか。
国境を越えての取引となるため、言語や国民性の違いへの対応が必要不可欠です。

まず、商品説明などを相手国の言語に、すべて翻訳する必要があります。
販売に限らず、サポート対応についても検討しなければなりません。

決済方法の壁がある

先進国であればクレジットカード決済で対応できますが、国によればクレジットカード決済が一般的ではない場合もあります。
ECで、決済方法が整っていることは重要なので、ターゲットとする国で広く使われている決済方法を導入しなくてはいけません。

配送の壁がある

海外へ商品を送るには、相手国で配送してもらえる配送会社とつながる必要があります。
また、関税や通関手続きなど、法的な知識も必要です。

どうしても、日本国内に配送するより、手間や費用が掛かってしまいます。

デメリットも多いのに、なぜ越境ECに挑戦するのか?

上述した通り、越境ECにはデメリットも少なくありません。

しかし、それでも越境ECにチャレンジするネットショップは増えています。
なぜでしょうか?

結論を言うと、デメリットを大きく超えるメリットがあるからです。
国内販売と比較すると準備も大変で、誰でも気軽にすぐ始められる訳ではなく、それが参入障壁になっています。

逆に言うと、参入障壁が高い分、軌道に乗せることができたときに得られるものも、大きくなる可能性があります。

今は越境ECにチャレンジしやすいツールがある

越境ECにはデメリットも少なくなく、参入障壁があると言いましたが、今は越境ECにチャレンジしやすいツールがあります。

越境ECを始めやすくしてくれるツールの代表格である「Shopify」は、上述したデメリットを回避でき、参入障壁を低くしてくれます。

越境ECサイト運営ならShopifyがオススメな理由

越境ECサイト運営ならShopifyがオススメな理由について解説します。
Shopifyなら、下記のようなメリットがあります。

多言語に対応できる

多言語に対応できる

Shopifyは、50の言語に対応しており、言語の翻訳は、下記の方法で設定できます。

  • 作成したネットショップを、アプリを使って別の言語に自動で翻訳
  • 設定画面で、用意した翻訳原稿を直接入力

また、商品説明以外の、カート画面やネットショップの基本となるような箇所は、言語設定をするだけで自動で別の言語に対応できます。

他のネットショップ作成サービスであれば、多言語対応できたとしても、Shopifyほどの機能はありません。
ユーザー側で言語を選択する必要があったり、選択できる言語が少なかったりします。

多通貨に対応できる

多通貨に対応できる

Shopifyは、130ヶ国以上の通貨に対応しており、自動で現在のレートを適用させて、変換できるようになっています。

さらに、Shopifyのアプリを利用すれば、ネットショップにアクセスしたユーザーの位置情報を取得して、その地域に推奨する言語と通貨を表示させることも可能です。

他のネットショップ作成サービスで多通貨に対応させるには、独自のカスタマイズで対応したり、海外向け決済方法を別で導入する必要があります。

100種類以上の決済方法に対応

ネットショップ運営において、豊富な決済方法を用意しておくことは重要です。
ユーザーが希望する決済方法がないと、途中で購入を辞められてしまう可能性があるからです。

国内向けの販売であれば、どのような決済方法を用意すれば良いのかイメージしやすいでしょう。
しかし、海外に向けた販売になると、相手国によって、広く利用されている決済方法が異なります。

Shopifyであれば、100種類以上の決済方法に対応しており、簡単に導入できます。
海外でニーズのある、多様な決済方法にも対応できるので安心です。

とは言え、初めての利用、しかも海外のネットショップに対して、クレジットカード番号を知られたくないというユーザーは意外と多いものです。

そこで、あると便利なのが、世界最大規模のオンライン決済サービスである「PayPal」です。
Shopifyでは、サイト開設時からすぐにPayPalを利用できます。

決済方法の拡充は、越境ECでは欠かせないですが、Shopifyなら大丈夫です。

国ごとに異なる配送料や税率の設定が簡単

ネットショップにて、商品を海外に向けて販売するために、配送業務は避けて通れない壁です。
海外配送には、「送料の設定」「関税や税金の計算」「送り状やインボイスの作成」などの煩雑な業務が付随します。

Shopifyであれば、配送に関する業務が簡単にできます。

例えば、アメリカのように州ごとに税金が異なる場合でも、Shopifyなら大丈夫です。
ユーザーに請求する税率を、自動的に管理する設定ができるからです。

また、出荷する商品のサイズや重量を入力すると、運送会社各社の料金を比較したり、送り状やインボイスを発行したりする機能もあります。

さらに、Shopifyでは、「注文を受けたとき」や「商品が発送済みとなったとき」などの状況に応じて送れるメール通知のテンプレートを利用できます。
このメール通知は、ネットショップ開設時の初期設定で、20言語にも対応しています。

販売チャネルを増やせる

販売チャネルを増やせる

海外販売で成功するには、販売チャネルを増やすことが大切です。
販売チャネルとは、「顧客が実際に商品を購入する場所」のことです。

ShopifyならSNSや、海外の大手ECモールとの連携が簡単にできます。

まず、SNSは、越境ECと特に相性が良い販売チャネルです。
一例として、下記のような方法で顧客にアプローチできます。

  • Instagramで商品をタグ付けして直接購入できるようにする
  • Facebookを宣伝や販売の場として活用する

そして、海外の大手ECモールは、自社ECサイトをと連携させることも越境ECでは効果的です。
Shopifyであれば、自社ECサイトで販売する商品を、AmazonやeBayなどで同時販売できます。

販売チャネルを増やす上での懸念点は、「商品情報や顧客情報の管理が煩雑になる」ということです。
しかし、Shopifyなら心配不要です。
どの販売チャネルで売れても、Shopifyの管理画面で一括管理ができるので、チャネルごとに操作しなくて大丈夫です。

Shopify Marketsで越境ECに必要なツールを一元管理できる

Shopify Marketsで越境ECに必要なツールを一元管理できる

出典:Shopify

Shopifyには、越境ECに必要なツールを一元管理出来る「Shopify Markets(ショッピファイ・マーケット)」があります。
Shopify Marketsは、事業者の規模の大小にかかわらず、越境ECへのチャレンジをより簡単にしてくれます。
「マーケットの特定」「販売の準備、立ち上げ、最適化」を、すべて1つのShopifyストアで行うことが可能です。

Shopify Marketsは、越境ECへのハードルを下げ、越境EC特有の複雑さを解決してくれるツールです。
より簡単に海外市場へ参入できるようサポートしてくれ、越境ECの可能性を引き出してくれるでしょう。

Shopify(ショッピファイ)の越境ECのまとめ

今回は、Shopifyの越境ECについて解説しました。

海外販売でぶつかる壁をクリアできるよう、Shopifyは隅々までよく考えられた仕様になっています。
今すぐでなくても、いつか海外販売を考えているのであれば、Shopifyでネットショップ作成することをオススメします。

なお、Shopifyについての全体的な解説はShopifyを徹底解説をご覧ください。

Let's share !

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマークに登録する
  • LINEで送る

Shopify(ショッピファイ)の関連記事

このページのトップに戻る