現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

ホームーページ自作のメリット&デメリット

ホームーページ自作のメリット&デメリット

ホームページ制作会社に依頼せず、自分でホームページを作成するメリットはたくさんあります。
しかし一方で、デメリットもあります。

こちらの記事を読むことで、メリットとデメリットについて理解した上で、検討できます。
どちらが良いのかは、自社の状況や考えに応じて選択してください。

ホームページを自作するメリット

制作コストを圧倒的に抑える事ができる

ホームページを自作する「最大のメリット」と言えます。
ホームページ制作会社に依頼した場合の制作費は、ボリュームや仕様、制作会社などにもよりますが、初期に20万円~100万円ほど掛かります。
ホームページを自分で作成すれば、ドメインやサーバー、ホームページ作成サービスの利用料のみで済むため、制作コストを圧倒的に安価に抑えることができます。

運営コストを抑える事ができる

ホームページ作成に掛かる費用は制作費だけではありません。
完成後には、維持費や更新費も発生します。
ホームページ制作会社に依頼しサイト管理を任せる場合、「サイト管理費」などの名目で月額数千円~数万円の費用が掛かります。
特にホームページを更新することがなくても固定で発生するため、経費の垂れ流しになっている場合も少なくないです。
ホームページ作成サービスを利用することで、運営コストも圧倒的に安価に抑えることができます。

いつでも自由に更新やページ追加ができる

通常、ホームページで更新したい箇所が発生した場合は、制作会社に相談して見積依頼し、見積書が届いて金額がOKであれば、その内容・金額で更新依頼をします。
数日後に更新完了の報告があり確認し、問題なければ完了、必要に応じて修正依頼を行います。
少しの変更であっても、このようなやり取りが発生しますが、自分で更新できるのであれば、即日変更完了させることもできるのです。
制作会社の営業時間外や休業日に関係なく更新できるメリットもあります。

最新の情報を早くアップできる

上記のメリットとつながる部分でもありますが、自分で更新できるのであれば、すぐにでも載せたい情報をいち早く自社で載せることができます。
最新の商品情報や、今日の集客・注文につなげる為の情報など、即日アップが可能です。

ホームページを自作するデメリット

作成する手間が掛かる

自分でホームページ制作するということは、ホームページの構成や載せる内容などを一から考えて作成する手間が掛かります。
日常業務が忙しい中でその時間を作れない場合は、完成までに時間が掛かってしまい、途中で挫折してしまうかもしれません。
ただ、10ページ位までのホームページであれば、日常業務の合間に作成の為の時間を組み込んで行けば、ゆっくり進めて行っても1~2ヶ月で完成することができると思います。

素人感のあるデザインになるかもしれない

素人でも簡単にできるホームページ作成サービスは、豊富なテンプレートがそろっているので、全体のデザインはプロが作成したようなホームページにすることはできます。
しかし、ページ内に使用する画像が素人っぽくなってしまう可能性はあります。
ただ、この点はクオリティの高い画像素材を使用するなど、工夫次第でカバーできるので、それほど気にしなくて良いかと思います。

他のサイトとデザインが似てしまう事がある

ホームページ作成サービスには豊富なテンプレートが用意されていることは上記で述べましたが、同じテンプレートを選択したホームページが他にも存在するということです。
内容や使用する画像、設定する色などによりホームページの雰囲気は変えられるので、同じテンプレートであっても異なる雰囲気にはなります。
どうしても唯一無二のオリジナルデザインにこだわる場合は向いていないと言えます。

載せる内容などを自分で考えなくてはいけない

プロがホームページ作成する場合も同じですが、まずページ構成や載せる内容を決めることから始めます。
トップページには何を載せるのか、どういうページを作成して、各ページのレイアウトや載せる内容を考えなくてはいけません。
制作会社に依頼した場合は、相談に乗ってもらえ、プロとしての提案をしてもらえます。
自分で考えないといけないのは気が重いかもしれませんが、同業他社のホームページを参考にして、自社の内容に合わせたページ構成や内容を考えれば、おのずと決まるかと思います。

こちらの記事もチェック!

このページのトップに戻る