現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

ホームページ外観の構成と名称を知ろう

ホームページ外観の構成と名称を知ろう

外観的なパーツとその名称を知っておくことで、トップページの構成を考えやすくなります。

こちらの記事を読むことで、ホームページの構成について知ることができます。

各部分の名称

トップページでの各部分の名称は以下の通りです。
ただ、ホームページ作成機能や制作会社などによって、呼び方が異なる場合があります。

以下の構成はあくまで例なので、デザインによって以下とは配置が違うことがよくあります。
例えば、「グローバルナビゲーションがヘッダー上にある」「サイドバーが無い」などです。

ホームページの各部分の名称

各部分の役割について

(1)ヘッダー

ヘッダーは、どのホームページでも、全ページ共通のものがページの最上部にある箇所です。
ホームページにアクセスされたときに一番最初に目に入ることが多いので、どんなホームページか知ってもらえるようにすることが大事です。

ほとんどのホームページでは、ヘッダー内にロゴマークが入っています。
会社やお店のホームページであれば、電話番号や住所、お問い合わせページへのボタンが入っていることが多いです。

(2)グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーションは、全ページ共通で表示させる、ページのリンクを並べてある箇所です。
「グローバルメニュー」「ページメニュー」などと呼ぶこともあります。

ホームページ全体のページ数が少ない場合は、全てのページがグローバルナビゲーションに入ることが多いです。
しかし、ホームページ内の全てのページをグローバルナビゲーションに載せる必要はありません。
ページ数が多い場合は、特に見てもらいたい重要度の高いページを載せましょう。

(3)メインイメージ画像

メインイメージ画像は、トップページでホームページでアピールしたい内容を直感的に表現したり、会社やお店のイメージを伝える箇所です。
「メイン画像」「メインビジュアル」などと呼ぶこともあります。

メインイメージ画像として、自動的に画像が変わるスライドショーを設置しているホームページも多く見られます。
その場合、画像にリンクを設定し、クリックすると下層ページに移動する仕組みにしているホームページもあります。

(4)メインコンテンツ

メインコンテンツはその名の通り、ページ内でメインとなる箇所です。
ユーザーに1番見てもらいたい場所と言えます。

そのページのテーマに沿った内容を「見出し・文章・画像」を基本として載せます。

(5)サイドバー

サイドバーは、全ページ共通でメインコンテンツの右側、もしくは左側に配置されている箇所です。
横幅はメインコンテンツより大幅に狭くなります。

サイドバーには、グローバルナビゲーションに載せきれなかったページリンクや、見てもらいたいページのバナーなどがあることが多いです。

(6)フッター

フッターは、全ページ共通で最下部にある箇所です。
重要度は他の部分に比べると1番低いです。

フッターによくある内容は、コピーライト表記やページリンク一覧です。
会社やお店の電話番号や住所を載せていることも多いです。

こちらの記事もチェック!

このページのトップに戻る