現役Webデザイナーが、初心者のホームページ自作を応援!

ホームページの作り方とそれぞれのメリット&デメリット

ホームページの作り方とそれぞれの特徴

ホームページの作り方には様々な方法があり、それぞれメリット&デメリットがあります。
どれがベストなのかは一概には決められず、あなたの考えや状況、ホームページ作成する目的などで異なります。
それぞれの特徴を理解した上で、どれを選ぶか判断してください。

こちらのページを読むことで、様々なホームページの作り方の特徴について知り、比較検討できます。

プロに依頼するか?自分で作るか?

ホームページを作ろうと考えたとき、まず考えるのが「自分で作るか」「プロに依頼するか」ではないでしょうか。
それぞれの特徴について解説します。

プロに依頼する

ホームページ制作会社や、フリーランスのWebデザイナーに依頼する方法です。

メリット

プロならではの綺麗なデザインや、成果を出すために考えられた構成のホームページを持つことができます。
制作作業そのものは、制作会社がしてくれるので、自分の業務に集中できます。

ただし、ホームページのクオリティについては、制作会社やWebデザイナーのスキルによって大きく異なります。

デメリット

1番のデメリットは、制作コストが大きく掛かることです。
ホームページの規模や仕様、同じ内容であっても制作会社によって大きく異なりますが、数十万円にはなります。

また、完成後に更新を依頼する度に費用が掛かります。
ホームページの管理費として、数千円~数万円の月額固定費が要る会社も少なくないです。

自分で作る

ホームページ作成サービスやホームページ作成ソフトを利用して、自分で作成する方法です。

メリット

制作コストを大幅に抑えることができます。
自分で作る方法にもよりますが、初期コストは数千円程度、完成後の月額コストも1,000~3,000円程度にすることも可能です。

また、自分で更新できるので、よりスピーディーにホームページの変更ができます。

デメリット 全て自分で行うので、ホームページ作成の時間を取られます。
日常業務の合間に、ホームページ作成のスケジュールを組み込まないといけないので、多忙な方は難しいかもしれません。

プロに依頼する方法

プロに依頼すると言っても、いくつかのパターンがあります。

ホームページ制作会社

ホームページ制作会社に依頼する方法です。
会社の規模は、社員が数人から数十人と幅広く、大きい規模の会社になるほど制作費が高くなる傾向があります。

メリット

制作物のクオリティは、会社や担当者によりバラつきがありますが、比較的、品質の良いホームページを期待できます。

大規模であったり、仕様が複雑なホームページを作る場合でも、安心して依頼できます。

デメリット 1つのホームページ制作に、営業マン・ディレクター・デザイナー・コーダー・事務員など、多くの職種が関わっているので、その人件費が制作費に反映されます。
そのため、どうしても制作費が高めになります。

フリーランスのWebデザイナー

個人事業主として1人で活動しているWebデザイナーに依頼する方法です。
経験が浅いデザイナーから、制作会社で長年の経験を積んで独立したベテランのデザイナーまで幅広いです。

メリット

一概には言えませんが、制作会社より制作費を抑えられることが多いです。
ただ、スキルがあるデザイナーほど、一般的な制作会社と変わらない費用で受けている場合もあります。

逆に、経験が浅いデザイナーですと、格安で受けている場合もあります。
格安で受けているようなデザイナーの場合は、制作物のクオリティが低いことが多いですが、中には高いスキルを持っているデザイナーも居ます。

デメリット

1人で作業を行っているので、受注案件の状況次第で、納品までの期間が長くなってしまうこともあります。

また、そのデザイナー1人のスキルが制作物のクオリティに直結するので、ハズレを引いてしまうと大変です。

自分で作る方法

自分で作るには、どのような方法があるのでしょうか。

HTMLとCSSで1から作成

HTMLやCSS、ホームページ制作に必要な知識などを勉強して、コードを記述して自分で1からホームページを作る方法です。
書店に行けば、基礎から解説している本がたくさん売っているので、たくさん時間があり熱意がある人であれば可能です。
また、Webの専門学校やスクールに通って学習することもできます。

メリット

スキル次第ですが、デザインや仕様など全てにおいて自由にホームページを作ることができます。

スキルが上がって行けば、Webデザイナーとして独立起業することもできるかもしれません。

デメリット どのようなホームページを作りたいかや、学習スピードで大きく変わりますが、まともなホームページを作れるようになるまでには、かなり多くの時間が掛かります。

ホームページ作成サービス

Wixやジンドゥーなどのホームページ作成サービスを利用して作る方法です。
初心者でも簡単にホームページ作成できるような機能が用意されているので、専門知識不要でホームページを持つことができます。

メリット

専門知識が無い初心者がホームページ作成することを想定したサービスなので、誰でも簡単にホームページを作れます。

豊富なデザインテンプレートが用意されているので、プロが作ったようなホームページを簡単に作れます。

レンタルサーバーを借りる必要が無いので、ファイルのアップロードなど面倒な作業は不要です。

デメリット 作れるホームページは、そのホームページ作成サービスの仕様に準じるので、自由度が高いとは言えません。
しかし、よほどこだわりがあるのでなければ、気にしなくて良いでしょう。

ホームページ作成ソフト

ホームページ・ビルダーなどのホームページ作成ソフトでホームページを作る方法です。
ホームページ作成サービスより難易度は上がりますが、専門知識不要でホームページを持つことができます。

メリット スキル次第ですが、クオリティの高いホームページを作ることも可能です。
デメリット HTMLやCSSの知識は不要なので初心者向けのように思ってしまいますが、使いこなすにはある程度の知識や経験が必要です。

WordPressテーマを使用

WordPressのテーマを利用してホームページ作成する方法です。
ホームページ作成サービスより難易度は上がりますが、メリットもたくさんあります。

メリット

テーマを作る必要がないので、初心者でも比較的簡単に作ることができます。

WordPressは無料で使えるプラグイン(拡張機能)が豊富にあり、カスタマイズできます。
また、日本でもTOPシェアならではですが、カスタマイズ方法などWordPressについての情報が手に入りやすいです。

デメリット ホームページ作成サービスよりは少し難易度が上がります。
しかし、初心者でもWordPressテーマを利用してホームページ作成している方はたくさん居ます。
メリットが多いので、挑戦する価値はあります。

こちらの記事もチェック!

このページのトップに戻る